データ活用

データ活用

Data

データ活用の課題を解決するウェビナー

ビッグデータ活用、データドリブン経営、クラウド DWH 構築、各種データ分析・効果検証手法など。データサイエンティストによる実践的なウェビナーや、業界ごとの事例がわかるオンラインセミナーを探せるコーナーです。

データ活用
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

こっそり残業にさようなら 勤怠データの可視化がもたらす本当の働き方改革とは

3.8NDIソリューションズ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

働き方改革の理想と現実

働き方改革が進む中、適切な働き方や生産性の向上、ワークライフバランスの実現など、企業は労働環境の見直しや最適化への取り組みが求められています。 しかし、働き方を改善しましょうと呼びかけても、現場では「お客様対応の機会が減り、売上が落ちてしまう」「所定の時間内ではどうしても裁ききれない業務量である」といった、改善への取り組みを阻むさまざまな事情を抱えています。 現場のパフォーマンスを落とさずに時間外労働を削減するにはどうするべきか?そのヒントとなるのがデータの活用です。

勤怠管理システムだけで十分?

昨今では残業時間超過をアラートで教えてくれたり、社員の労働時間を表に集計してくれたりといった機能を備えた勤怠管理システムも多くありますが、果たして十分に実態を捉えられているでしょうか。 知らないうちに社員間のワークロードに大きな差が生まれ、忙しい社員は打刻後にこっそり仕事をしているなんてことが起こっているかもしれません。 本セミナーでは、データ活用プラットフォームDomoを軸として、勤怠データ・PCログ・会社の業績など様々な情報を統合・可視化することで得られるメリットについてご説明いたします。

本当の働き方改革に向けた一歩

Domoなら、専門的な知識がない方でも無理なくデータ活用に取り組むことができます。 本セミナーでは、勤怠データをいかにしてビジネス・業務改善に生かすか?に焦点を当て、データに基づいた適切な意思決定を行うためのノウハウを分かりやすく解説。勤怠データという身近な情報を起点として、”本当の働き方改革”の実現を一緒に目指してみませんか?

プログラム

11:45~12:00 受付

12:00~12:05 オープニング(マジセミ)

12:05~12:45 こっそり残業にさようなら 勤怠データの可視化がもたらす本当の働き方改革とは

12:45~13:00 質疑応答

主催

NDIソリューションズ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

データ集計・レポート作成の手間をなくし、組織の知的生産性を最大化 〜誰でもかんたん「脱Exc...

3.9ドーモ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

データ活用の必要性とExcelの限界

デジタル化が進む現代において、企業の競争力はデータ活用の能力によって大きく左右されます。データに基づく迅速かつ正確な意思決定は、ビジネス上の成功を決める重要な要素です。しかし、多くの企業では依然としてExcelによるレポート作成が主流であり、その結果、散財するデータ集計の手間、非効率なレポート作成とその配布の繰り返し、といった問題に直面しています。こうした単純作業の繰り返しは、知的生産性を落とす要因となるだけでなく、ビジネスプロセスのスピードを落とし、成長の機会を逃す原因となっています。

事業部門とIT部門間のコラボレーションの難しさ

事業部門は、日々の業務で直面する課題に迅速に対応するために、適切なデータを素早く分析し活用する必要があります。しかし、必要なデータはIT部門によって管理されていたり、個人のPCにばらばらなフォーマットで保存されている事が多く、その収集と集計には多大な時間と労力がかかります。また、十分なIT予算を持たない事業部門では、この課題を解決するためのツール導入を勝手に進めることもできず、効率化をあきらめているのではないでしょうか。こうしたギャップが、企業内でのデータ活用の推進を複雑にしています。

誰でもかんたん脱Excelで、事業部門がリードするデータ活用を実現

このセミナーでは、Excelなど表計算ソフトに頼るレポート作成から脱却し、知的生産性を上げる方法をデモを交え紹介します。限られた予算でも、まずはスモールスタートできるデータ活用ツールDomoの活用によって、データの収集、集計、分析、そして共有をどのように効率化できるかを解説します。Excelによるデータ管理、データ活用にお悩みの方はぜひご参加ください。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 データ集計・レポート作成の手間をなくし、組織の知的生産性を最大化〜誰でもかんたん「脱Excel」。これから始めるデータ活用〜

11:45~12:00 質疑応答

主催

ドーモ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

コスパもタイパも一挙両得、kintoneとデータ活用ツールの融合で最高のパフォーマンスを実現せよ

3.9NDIソリューションズ株式会社

本セミナーはkintoneユーザー & kintoneに関心のある方を対象としたセミナーです。

本セミナーはkintoneユーザー様、もしくはkintoneに関心をお持ちの方向けに開催させていただくセミナーです。

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

多くの企業で導入が進むkintone

業務システムとしてkintoneの導入が急速に進んでいます。日々の業務データ管理、チーム間のコラボレーション促進により、業務効率化や情報共有の強化に効果を発揮しています。しかしながら、業務データの蓄積が進むにつれ、そのデータをどのように活用していくかが課題となっていることが多いのも事実です。

kintone内のデータ活用の難しさ

データの効果的な活用には、その可視化と分析が欠かせません。しかし、kintone内で異なるアプリ間、またはkintone以外のシステムとのデータ連携に課題があります。これは、kintone単独ではデータ分析機能が限定的であるため、データをフルに活用することが困難であることに起因しています。プラグイン、iPaaSツール、カスタムコーディングを駆使することでこれらの課題に対処することは可能ですが、導入と運用の際に発生するコストや複雑性が大きな障壁となっています。

データ活用ツールDomoとの組み合わせでkintone内のデータを有効活用

この課題を解決するのが、データ活用ツールDomoとの連携です。Domoはクラウド型のBIツールで、数百種類のデータソースとの接続が可能。kintoneとの連携も簡単に実現できます。連携することで、kintone内のデータをDomo上で可視化や分析を簡単に行うことができるのです。異なる業務システムとも容易に統合できるため、会社全体のデータ活用力が大きく底上げされます。 本セミナーでは、kintoneとDomoの連携方法や活用事例をわかりやすく解説します。データを有効活用して、最高のコストパフォーマンス(コスパ)とタイムパフォーマンス(タイパ)を実現しましょう。 ぜひご参加ください。

プログラム

11:45~12:00 受付

12:00~12:05 オープニング(マジセミ)

12:05~12:45 コスパもタイパも一挙両得、kintoneとデータ活用ツールの融合で最高のパフォーマンスを実現せよ

12:45~13:00 質疑応答

主催

NDIソリューションズ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

【再放送】【ユーザー企業向け】データを"見るだけ"で終わりにしない、会社の利益に貢献するダッ...

3.8NDIソリューションズ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

本セミナーは 2023年 12月 4日(月)開催されたセミナーの再放送です。

多くのご要望をいただきましたので、再放送の開催が決まりました!

経営判断・意思決定に欠かせないデータ活用

現代のビジネス環境は刻一刻と変化し、その中で常に効果的な経営判断や意思決定を求められます。 そのためには、リアルタイムでのデータ分析による意思決定の迅速化や効率化、データの可視化による情報共有が必要です。

データを集計・可視化するだけではアクションや成果につながらない

データを見て経営判断・意思決定を行う経営者や経営企画部の方々が感じているであろう課題の一つが、データを見るだけで終わってしまうということです。 データを集計し、ダッシュボード等で可視化したところで、具体的なアクションにつながらず、経営上の成果に結びつかなければ、それは本当の意味でのデータ活用とは言えません。

経営状況を可視化し、会社の利益に貢献するダッシュボードの作り方

本セミナーでは、リアルタイムにデータを分析・監視・トラッキングし、会社の利益に貢献するダッシュボードづくりのポイントを解説します。 BIプラットフォームDomoを用いた実際のデモや、受注から入金までのプロセスを監視する「O2C(Order to Cash)ダッシュボード」の構築事例をご紹介する予定です。 「O2Cダッシュボード」は、売上進捗やキャッシュフローに影響を与える要素の状況をリアルタイムに可視化することで、経営に直結するアクションを効果的に導き出すことを可能にします。

・ダッシュボード等で可視化されたデータを見ても、具体的なアクションにつながらず、経営上の成果に結びつかない

・Excelの集計だとリアルタイムに数値を確認・監視・トラッキングできない

・以前BIツール導入にチャレンジしたが、うまくいかなかった

上記のようにお考えの経営者や、経営企画、経理、財務に関わる方はぜひご参加ください。

プログラム

11:45~12:00 受付

12:00~12:05 オープニング(マジセミ)

12:05~12:45 【ユーザー企業向け】データを見るだけで終わりにしない、会社の利益に貢献するダッシュボードの作り方〜経営リスクをリアルタイム検知するデータ基盤をスピーディに構築できるBIツール〜

12:45~13:00 質疑応答

※当日いただいたご質問は後日開催企業より直接回答させていただきます

主催

NDIソリューションズ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

データ連携における「フォーマットがばらばら」問題 ~ノーコードEAIツール「ASTERIA ...

3.6キーウェアソリューションズ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

DX実現のために欠かせない「データ連携」

DXが注目される中で、システムのIT化やクラウド活用が進んだことにより、 独自のシステムが乱立状態になり、散在したデータを活用するにはデータ連携が必要となっています。

データ連携をしたくても時間や予算をかけられない

さまざまなシステムやクラウドサービスなどのデータ連携をしたくても、手作業やデータ加工が発生するなど、運用負荷や開発コストが増大してしまいます。

データ連携をノーコードで実現する「ASTERIA Warp」

本セミナーでは、データ連携を高速に低コストで実現する「ASTERIA Warp」を事例も交えてご紹介します。 「ASTERIA Warp」は、プログラミングを必要としない”ノーコード”ツールのため、内製化も進めることができ、運用負荷や開発コストを軽減しながら、データ連携と活用を実現することができます。

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 データ連携における「フォーマットがばらばら」問題 ~ノーコードEAIツール「ASTERIA Warp」と事例の紹介~

10:45~11:00 質疑応答

主催

キーウェアソリューションズ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

【再放送】【ユーザー企業向け】データを"見るだけ"で終わりにしない、会社の利益に貢献するダッ...

3.7NDIソリューションズ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

本セミナーは 2023年 12月 4日(月)開催されたセミナーの再放送です。

多くのご要望をいただきましたので、再放送の開催が決まりました!

本セミナーは 2024年2月21日(水)に同セミナーを開催いたします。

2024年2月21日(水)開催セミナーにご参加希望の方はこちらからお申し込みください。

経営判断・意思決定に欠かせないデータ活用

現代のビジネス環境は刻一刻と変化し、その中で常に効果的な経営判断や意思決定を求められます。 そのためには、リアルタイムでのデータ分析による意思決定の迅速化や効率化、データの可視化による情報共有が必要です。

データを集計・可視化するだけではアクションや成果につながらない

データを見て経営判断・意思決定を行う経営者や経営企画部の方々が感じているであろう課題の一つが、データを見るだけで終わってしまうということです。 データを集計し、ダッシュボード等で可視化したところで、具体的なアクションにつながらず、経営上の成果に結びつかなければ、それは本当の意味でのデータ活用とは言えません。

経営状況を可視化し、会社の利益に貢献するダッシュボードの作り方

本セミナーでは、リアルタイムにデータを分析・監視・トラッキングし、会社の利益に貢献するダッシュボードづくりのポイントを解説します。 BIプラットフォームDomoを用いた実際のデモや、受注から入金までのプロセスを監視する「O2C(Order to Cash)ダッシュボード」の構築事例をご紹介する予定です。 「O2Cダッシュボード」は、売上進捗やキャッシュフローに影響を与える要素の状況をリアルタイムに可視化することで、経営に直結するアクションを効果的に導き出すことを可能にします。

・ダッシュボード等で可視化されたデータを見ても、具体的なアクションにつながらず、経営上の成果に結びつかない

・Excelの集計だとリアルタイムに数値を確認・監視・トラッキングできない

・以前BIツール導入にチャレンジしたが、うまくいかなかった

上記のようにお考えの経営者や、経営企画、経理、財務に関わる方はぜひご参加ください。

プログラム

11:45~12:00 受付

12:00~12:05 オープニング(マジセミ)

12:05~12:45 【ユーザー企業向け】データを見るだけで終わりにしない、会社の利益に貢献するダッシュボードの作り方〜経営リスクをリアルタイム検知するデータ基盤をスピーディに構築できるBIツール〜

12:45~13:00 質疑応答

※当日いただいたご質問は後日開催企業より直接回答させていただきます

主催

NDIソリューションズ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

DX実現を段階別に紐解く ~kintoneを活用した業務効率化とデータ活用のポイント~

0.0株式会社インターネットイニシアティブ

本セミナーはWebセミナーです

参加方法(URL)は主催企業より直接メールにてご連絡いたします。 なお、「iij.ad.jp」「zoom.us」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認ください。

概要

デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進方法について悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

本セミナーでは、段階別にDXを紐解き、今何をするべきかを考えます。 紙業務のデジタル化と次のステップであるデータ活用方法に焦点を当て、具体的なユースケースとその効果について解説いたします。 既に紙業務のデジタル化としてワークフローやkintoneを利用している方や導入を検討している方にとっても有益な内容となっています。

※本ウェビナーは9月26日に実施した「DX実現を段階別に紐解く」と同一の内容となります。

ご参加対象

DX推進部門、情報システム部門ご担当者様

講演プログラム

14:50~15:00 受付

15:00~15:20 一から紐解くDX。まずは紙業務のデジタル化をすすめませんか?

株式会社ソフトクリエイト サービス事業本部 デジタルサービス事業部 DX開発部 DX開発第1G 主任SE 大和 祐介
実はDXは3段階に分類できます。貴社は今どの段階で、次にすべきことは何でしょうか? 本セッションでは、DXをわかりやすく紐解き、段階別で実施すべきことがわかります。 1段階目の紙業務のデジタル化についてワークフローシステムやkintoneを活用した事例を交えて解説します。

15:20~15:40 デジタル化のその先、kintoneをさらに上手に使うには?

株式会社インターネットイニシアティブ サービスプロダクト推進本部 営業推進部 高田 麻華
デジタル化はDXの重要な一歩ですが、次に実施すべきことは、デジタル化したデータを活用することです。 本セッションでは、ワークフローシステムやkintoneをさらに効果的に活用するポイントについてユースケースを交えながらご紹介します。

15:40~15:50 Q&A

主催

株式会社インターネットイニシアティブ(プライバシー・ポリシー

共催

株式会社ソフトクリエイト(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

Boxと他システムとの「つなぎ」をスムーズにしてさらなるDX推進を実現する方法

0.0株式会社インターネットイニシアティブ

本セミナーはWebセミナーです

参加方法(URL)は主催企業より直接メールにてご連絡いたします。 なお、「iij.ad.jp」「zoom.us」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

概要

Boxは、セキュリティや容量無制限といったファイル共有における細かなニーズを満たしながらもシンプルな使い勝手を提供する事で日本国内で1万社以上の企業に受け入れられています。

最近では、DXの一環でオンプレミスファイルサーバーからBoxへの移行を検討している企業からの問い合わせが増えていますが、Boxを導入しただけでは、その効果を最大化することはできません。

本セミナーでは、Boxと他のシステムを「つなぐ」というアプローチに焦点を当て、具体的なユースケースとその効果について解説いたします。既にBoxを利用している方や導入を検討している方にとっても有益な内容となっています。

※本ウェビナーは8月30日に実施した「Box導入企業がDX推進を実現する方法とは?」と同一の内容となります

講演プログラム

13:50~14:00 受付

14:00~14:25 すべてのファイルはBoxへ!サイロ化解消でDX推進!

三井情報株式会社 営業グループ 共創営業本部 パートナー営業部第二営業室 高岡 勇佑
組織の内部で文書が分散して保管され有効活用出来ていない、いわゆるサイロ化状態によってDXが進まないというお悩みを抱えている企業は多いのではないでしょうか。 クラウドストレージサービス Box は、ファイルサーバのクラウド化を実現するだけではなく、組織内のすべてのファイルを Box に集約することで情報資産の把握・管理やデータ利活用が進むほか、外部脅威への対策にも効果を発揮します。 本セッションでは、Box の一次販売代理店として販売および運用支援の実績を多数もつ三井情報株式会社より、Box の具体的な利用イメージを解説します。

14:25~14:50 Box と他システムを「つなぐ」ことで導入効果を最大化させる方法

株式会社インターネットイニシアティブ サービスプロダクト推進本部 営業推進部 クラウドソリューション課 狩野 恵実
Box にあらゆるデータを集約する事はDXの重要な一歩ですが、次に重要なステップは他のシステムと「つなぐ」ことです。Boxを導入しただけでは、DXの効果が限定的ですが、「つなぐ」ことで業務プロセスが大きく変わります。 本セッションでは、IIJが提供する「IIJクラウドデータプラットフォームサービス」を活用して Box と他のシステムを「つなぐ」方法とその効果についてユースケースを交えながら解説します。

14:50~15:00 質疑応答

主催

株式会社インターネットイニシアティブ(プライバシー・ポリシー

共催

三井情報株式会社(個人情報の提供はございません)

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

Redshift、BigQuery、Snowflakeなど、クラウドデータ基盤の特徴比較 〜...

3.8クラスメソッド株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

講演は、事前に撮影した録画を配信します。

質疑応答については、司会者のアナウンスに沿い、当日アンケートにご質問をご入力ください。 講演企業から、後日個別に回答させていただきます。 奮ってご参加ください。

データ活用の新時代への移行

クラウド技術の進展は、ビジネスにおけるデータ活用の方法を大きく変革しました。 2023年現在、企業はデータを単なる情報源としてではなく、経営判断の根幹として利用する時代に突入しています。

技術の普及に伴う課題

最新のデータ基盤技術、特にクラウドデータウェアハウス、データメッシュ、データクリーンルームなどが注目を集めていますが、これらの技術を効果的に統合し、ビジネスに適用するには専門的な知識と経験が必要です。 企業はこれらの技術をどのように活用し、どうビジネス価値に変換すれば良いのでしょうか。

各クラウドデータ基盤の特徴比較、モダンデータスタック、データクリーンルームの解説

本セミナーでは、クラウド時代のデータ活用基盤の最新動向に焦点を当て、具体的なビジネスへの応用方法を深掘りします。 モダンデータスタックの理解から、データクリーンルームの実装方法、そしてデータドリブンな経営判断への応用まで、実践的な知識と事例をご紹介予定です。

こんな方におすすめです

・クラウド技術とデータ活用に興味のあるDX推進担当者やデータエンジニアの方 ・クラウドでのデータ活用基盤の導入を検討している方 ・データ基盤の最新トレンドを知りたい方

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:25 DX推進に必須のデータ基盤最新動向2023

13:25~13:45 データ活用の最前線!Modern Data Stack界隈で注目されている4つの分野

13:45~13:55 クラスメソッドのソリューション紹介

主催

クラスメソッド株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る