ビジネス

ビジネス

Business

ビジネスの課題を解決するウェビナー

デジタルトランスフォーメーション(DX)、カスタマーサクセス、UX/CX、新規事業立ち上げ、ビジネス戦略、ITベンダーの事業戦略など、経営や事業運営に関する考え方や成功事例、ツールに関するウェビナーを探せます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

「イノベーションを起こす組織作り」とは、具体的に何をすればよいのか? ~アイデアの効果的な管...

3.9株式会社システムコンシェルジュ

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

予測できないビジネス環境では、組織における持続的なイノベーション活動が競争力と成長のカギとなる

現代のビジネス環境は、人工知能や5Gなどの技術革新、グローバル市場の拡大、そして消費者ニーズの多様化により、絶えず変化しています。

このようなダイナミックな状況に対応し、継続的な成功を達成するためには、企業が継続的にイノベーションを生み出す組織文化を育成することが重要です。イノベーションを促進する文化を持つ企業は、革新的なアイデアや技術を生み出し、市場での競争力を強化します。また、従業員のエンゲージメントが高まり、離職率の低下にも寄与します。

支持を得られにくいイノベーション推進者

しかしながら、多くの企業がイノベーションを起こすことに苦労しています。

とくに日本においては、特定された個人の力量や能力に依存したイノベーションや新規事業開発という考え方が深く根ざしています。経営やビジネス組織の一部だけが取り組むような局地的な新規事業開発では成功率が低下し、知識や経験の共有も蓄積もされないという結果に陥りがちです。イノベーションの推進者は、得た多くの情報から長年の経験と専門知識、分析調査によって新しい価値を創出しますが、一方で他のメンバーからの理解が得られず、孤立し、せっかくの新しい価値も実現しないといったケースも少なくありません。 近年の考えでは、イノベーションは、一部の優れた人々だけが引き起こすものではありません。むしろ、組織全体が取り組むプロセスやシステムを通じて実現することが国際標準となっています。

・失敗を許容し、試行錯誤を奨励する文化を醸成する。 ・外部のアイデアや技術を積極的に取り入れる仕組みを作る。 ・異なる専門分野のメンバーが協力して解決策を模索する。 ・市場の変化を理解し、それに適応するための学習プロセスを確立する。 ・イノベーションに必要なリソース(資金、時間、人材)を戦略的に配分する。

これらの取り組みを組織全体で支え、推進する仕組みの構築が求められています。

イノベーション文化を醸成する具体的方法とは

本セミナーでは、イノベーション管理プラットフォーム「IdeaScale」を活用したイノベーション文化の醸成に向けた具体的な仕組み作りの方法を、さまざまな事例を交えて詳しく解説します。

システムコンシェルジュは、ビジネス活動にイノベーション・マネジメント・システムを取り入れ、お客様にサービスを提供するジェネレーティブ・プロバイダーです。私たちは「IdeaScale」を含む様々なITツールを活用し、イノベーションに関する国際規格である「ISO 56002」の認証をわずか三ヶ月で取得しました。この経験を基に、お客様のイノベーション推進と組織構築を総合的にサポートします。

「IdeaScale」は、投票・コメント機能を使用して、社員のアイデアを「見える化」して、ブラッシュアップするためのプラットフォームです。組織横断でコミュニティを作り、チームでアイディア推進することも出来ます。問題点のレビューや、ROI計測を行ってアイデアを「数値化」することも可能です。

従業員から新しいアイデアが出てこないことに課題を持っている方、自組織にイノベーションを生み出す文化を醸成したいと考えている方、アイデアを評価して育てる仕組みづくりを検討したい方、などに特におすすめです。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 「イノベーションを起こす組織作り」とは、具体的に何をすればよいのか?

11:45~12:00 質疑応答

主催

株式会社システムコンシェルジュ(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

資料を見る

中堅・成長企業にとって、DX推進はどうして重要か ~ビジネス環境変化への経営課題、デジタル人...

3.7ギグワークスクロスアイティ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

レガシーシステムからの乗換え、新システム対応が必要に

現在は大きな問題がなくても、ビジネス全般へのDX推進が進み、古いシステムからの乗り換えや新しいビジネスフローへの対応などが必要とされています。 中堅・成長企業は日々の事業推進に忙しく、DX推進に対応するIT人材の人数も少ないため、限られたリソースで取り組まなければなりません。

競争力、生産性など、事業の成長への取組みに活用

事業拡大のときに起きる人材不足、競合に勝つためのコスト削減など、事業課題の解決や成長のための変革にはDX推進が必須になります。事業の将来を考えたときにDX推進は重要な課題です。

限られたリソースで成果を上げる

DX推進では適切な技術選定がポイントになります。しかし導入するSaaSやシステムの選定にもリソースが必要です。 社外のコンサルティング・サービスを活用してアドバイスを受けたり、社内教育や定着の支援も受けたりする企業も少なくありません。

導入から保守運用まで支援、DX推進のポイントを解説

今回は、DX推進で着実に成果を上げる方法を解説しながら、ギグワークスクロスアイティのDXよろず相談サービスなどを紹介します。 DX推進への関心は平均的または薄かったが、取組み始めると成果を上げている企業の勝ちパターンについても解説します。

次のような方にオススメ

・DX推進の本格着手はこれから ・さらにDX推進の成果を上げたい ・生産性向上や競争力強化のためのDX推進に関心がある ・事業拡大のときのリソース不足にDXを推進したい ・バックオフィスのDX推進やアウトソーシングに関心がある

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 中堅・成長企業にとって、DX推進はどうして重要か ~ビジネス環境変化への経営課題、デジタル人材不足等の各種課題に、DX推進のポイントを解説~

10:45~11:00 質疑応答

主催

ギグワークスクロスアイティ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社Arinos(プライバシー・ポリシー

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

資料を見る

Case Study Special Session TKPが実践する事業変革 〜顧客体験を...

0.0株式会社オプロ

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「jp.opro.net」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

講演内容

[Salesforceユーザー必見インタビュー]

ビジネスフローを刷新し、120%の売上成長を実現したプロジェクトの軌跡

TKPが取り組んだ、ビジネスフローの刷新とDX推進の取り組みをお届けするセミナーです。

本セミナーでは、TKPにおいて2021年よりスタートしたプロジェクト「TKPイノベーションロードマップ」が、様々な試行錯誤を経て売上120%増を達成するまでの変遷を伺います。 ゲストは株式会社ティーケーピー、マーケティング部長の山根 賢一氏。

当初のビジネスモデルは人手に依存した人海戦術であり、上場を経て、更なる成長には高コスト体質を解消することが求められていました。

またコロナ禍を経て「働き方の多様性」が広がったことで、より付加価値の高いサービスを提供することが急務となりました。

このような急速な変化に適応し、持続的な成長を実現するためのプロジェクトとして、「TKPイノベーションロードマップ」はスタートします。

なぜ、『Salesforceによる販売管理の刷新が顧客体験の向上』につながるのか?

その疑問を解き明かすべく、プロジェクト立ち上げの背景や、DX推進によって得られた4つの変化など、 ロードマップを実現するための取り組みについてお話いただきました。

▼主なトピック

・プロジェクト発足時の課題から現在までの変遷 ・DXを支えたプロダクトとその導入の決め手 ・DX推進によって得られた4つの変化

▼このような方におすすめ

・事業成長とオペレーション効率化の両立を模索されている、BizOps部門の方 ・現場課題の販売管理刷新と全社DX推進を連動させた効果を出したいDX推進部門の方 ・限られたリソースの中で、継続的な売上の拡大を目指す、営業企画部門の方

開催概要

日時  :2024年5月23日(木)13:00~13:40 参加費 :無料 視聴方法:本セミナーはZoomでの配信となります。 お申し込みボタンよりZoom視聴登録ページをお開きいただき、必要事項をご入力ください。 登録後、Zoomより視聴用URLをお送りいたします。

注意事項:フリーメールアドレスでのお申込みはご遠慮ください。競合他社の方のお申し込みはお断りさせていただいております。

登壇者

株式会社ティーケーピー マーケティング部長 山根 賢一氏

2014年法政大学卒業。株式会社ティーケーピーに新卒で入社後、法人営業に配属。 2020年より営業副部長となり本社のダイレクトセールス部門を統括。 その後、経営企画部のマネージャーを兼任するようになり社内のDX推進プロジェクトに参画し、2023年より現職。 現在ではDX推進プロジェクトを中心に、全社の業務改善やデジタルマーケティング強化、コールセンター・インサイドセールスの管轄など幅広い業務に従事している。

株式会社オプロ 取締役 兼 DX推進本部長 吉田 順一

アウトソーシング事業にてソフトウェア開発のセールス、海外でのネットワークエンジニアを経て起業。 12年間働き方改革を軸にインフラ構築・プライベートクラウド事業を展開。 事業を統合・売却しSalesforceパートナービジネスを立ち上げ複数のAppExchangeをリリース。 オプロに入社後、DX推進本部 本部長としてセールス・SE・マーケティング部門を統括。

主催

株式会社オプロ(プライバシー・ポリシー

共催

株式会社ティーケーピー(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

リテール変革DAY ~大企業のDXを支える業務オペレーション変革~

0.0株式会社ドリーム・アーツ

本セミナーはWebセミナーです

視聴URLは直前に主催企業よりメールにてご連絡いたします。 法人向けイベントのため、フリーアドレスでお申込みいただいた方にはURLが送付されません。ご注意ください。

なお、「dreamarts.co.jp」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

本ページは、主催:株式会社ドリーム・アーツのWebセミナー、デジタルの民主化DAYシリーズ「リテール変革DAY~大企業のDXを支える業務オペレーション変革~」のご紹介です。

「デジタルの民主化」DAYとは?

 すべての企業が、積極的であるかどうかに関わらず「DX」という波に巻き込まれる時代。  今のビジネスが順調でも、デジタルを活用できない企業はいずれ追いつかれ、追い抜かれてしまいます。

 これまで根付いた日本社会のデジタルに対する発想を転換させる。
  そんな日本をリードする大企業の「デジタルの民主化」事例をご紹介します。

開催日時

 2024年4月4日(木)14:00〜16:00

講演企業

 株式会社すかいらーくホールディングス  株式会社GENDA GiGO Entertainment  株式会社赤ちゃん本舗  株式会社ドリーム・アーツ

形式

 オンライン

定員

 1,000名

募集対象

 ・企業に所属し、DXやデジタル活用をリードする方  ・大企業のDXやデジタル活用を支援する企業の方

参加費

 無料

プログラム

 ※講演タイトルは変更となる可能性があります

グループ約3,000店舗の品質管理に不可欠な食品検査システムを刷新〜10年以上利用したフルスクラッチシステムからの移行〜

 株式会社すかいらーくホールディングス  品質管理グループ 理化学分析室 宮内 博史 氏  

店舗の実行力を上げる!ゲームセンターGiGOの店舗運営術

 株式会社GENDA GiGO Entertainment  経営戦略室 室長 河合 英雄 氏

赤ちゃん本舗に聞く “攻めと守りのDX”~紙文化から脱却し、外部システム連携の活用に至るまで~

 株式会社赤ちゃん本舗  マーケティング本部 顧客コミュニケーション部 シニアスタッフ 伊藤 竜 氏

リテールDXの土台づくり!~多店舗オペレーションを変革する業務基盤とは~

 株式会社ドリーム・アーツ  マーケティング本部 セールスイネーブルメントグループ  長濱 美優

主催

株式会社ドリーム・アーツ(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

中小企業の情報システム担当者不足をどう解決する? 〜PCサポート、セキュリティ対策、DX推進...

3.7オフィスくまさん

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

企業活動におけるITシステムの重要性

デジタル化の波が押し寄せる現代のビジネス環境において、企業活動におけるITシステムの役割は日増しに重要性を増しています。特に中小企業においては、限られたリソースの中でいかにIT業務を効率的に遂行できるかが、競争優位性を確保するうえで重要な要素となっています。

中小企業に多い、IT専任担当者不在・情シス人員不足

しかし、中小企業では、専任の情報システム担当者がいない、または一人で情報システム部門の業務を担うケースが多く見られます。このような状況では、IT化やデジタル化への取り組みが後回しにされてしまい、結果的に業務効率の低下やセキュリティリスクの増大にも繋がります。企業が成長する過程でこれらの課題を克服することは、非常に大きな挑戦と言えるでしょう。

全体最適の視点が必要

こうした課題を解決するため、市場には多様なITサポートサービスが存在しますが、その多くがPCサポートのような特定の領域に特化しているか、あるいは個別の問題点にのみ焦点を当てたサポートに留まっているのが実情です。企業が直面する業務全体の課題を根本から解決するためには、全体を俯瞰する視点での最適解を提案できるサービスが求められます。

PCサポート、セキュリティ対策、DX推進などIT業務を包括的に支援

本セミナーでは、地上デジタルテレビ放送への移行(いわゆる「地デジ化」)をはじめとする大規模なデジタル化推進に携わってきた経験豊富な専門家が、PCサポートからセキュリティ対策、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進まで、IT業務を全面的に支援するサービスを紹介します。専任のIT担当者が不在、あるいは一人でIT業務をこなすことに限界を感じている中小零細企業の経営層や役職者の方はぜひご参加ください。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 中小企業の情報システム担当者不足をどう解決する?〜PCサポート、セキュリティ対策、DX推進などIT業務を包括的に支援〜

15:45~16:00 質疑応答

主催

オフィスくまさん(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

「イノベーションを起こす組織作り」とは、具体的に何をすればよいのか? ~ISO56002を3...

4.2株式会社システムコンシェルジュ

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

予測できないビジネス環境では、組織における持続的なイノベーション活動が競争力と成長のカギとなる

現代のビジネス環境は、人工知能や5Gなどの技術革新、グローバル市場の拡大、そして消費者ニーズの多様化により、絶えず変化しています。

このようなダイナミックな状況に対応し、継続的な成功を達成するためには、企業がイノベーションを継続的に生み出す組織文化を育成することが重要です。イノベーションを促進する文化を持つ企業は、革新的なアイデアや技術を生み出し、市場での競争力を強化します。

アイデアが出てこない、出しても採用されない組織が多い

しかしながら、多くの組織がイノベーションの創出に苦戦しています。イノベーションを効果的に促進するためには、個々の才能やアイデアだけに頼るのではなく、企業がイノベーションを起こしやすい組織構造と環境を整備する必要があります。

このため、国際標準化機構(ISO)は2013年から、企業が効率的にイノベーションを進めるためのマネジメント(経営管理)関連のガイドラインである「イノベーション・マネジメント・システム」の国際規格化を進めてきました。2019年には、産業史上初のイノベーションに関する国際規格としてISO 56000シリーズの中核規格「ISO 56002」が発行されました。この規格の導入により、イノベーションの創出に苦労している企業に新たな成長の機会を提供することが期待されています。

イノベーション文化を醸成する具体的方法とは

本セミナーでは、イノベーション管理プラットフォーム「IdeaScale」を用いて、「ISO 56002」規格の認証を取得する過程と、それを通じて従業員の意識に生じた変化について、具体的な事例をもとに詳細に解説します。

システムコンシェルジュは、ビジネス活動にイノベーション・マネジメント・システムを取り入れ、お客様にサービスを提供するジェネレーティブ・プロバイダーです。私たちは「IdeaScale」を含む様々なITツールを活用し、「ISO 56002」規格の認証をわずか三ヶ月で取得しました。この経験を基に、お客様のイノベーション推進と組織構築を総合的にサポートします。

「IdeaScale」は、投票・コメント機能を使用して、社員のアイデアを「見える化」して、ブラッシュアップするためのプラットフォームです。組織横断でコミュニティを作り、チームでアイディア推進することも出来ます。問題点のレビューや、ROI計測を行ってアイデアを「数値化」することも可能です。

従業員から新しいアイデアが出てこないことに課題を持っている方、自組織にイノベーションを生み出す文化を醸成したいと考えている方、アイデアを評価して育てる仕組みづくりを検討したい方、などに特におすすめです。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 「イノベーションを起こす組織作り」とは、具体的に何をすればよいのか?

11:45~12:00 質疑応答

主催

株式会社システムコンシェルジュ(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

デジタルの民主化DAY 〜大好評のビジネスリーダー向けイベント〜

0.0株式会社ドリーム・アーツ

本セミナーはWebセミナー形式です

ツールはZoomを使います。 お申し込みいただいた方皆さまに、主催企業よりオンライン視聴のURLをご案内します。 はじめに会社ドメインのアドレスでお申し込みいただきましたら、視聴時にはGmailなどを利用可能です。

なお、「dreamarts.co.jp」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。 ※途中参加・途中退場も可能です。

本ページは、主催:株式会社ドリーム・アーツのWebセミナー「デジタルの民主化DAY〜大好評のビジネスリーダー向けイベント〜」のご紹介です。

「デジタルの民主化」DAYとは?

すべての企業が、積極的であるかどうかに関わらず「DX」という波に巻き込まれる時代。 今のビジネスが順調でも、デジタルを活用できない企業はいずれ追いつかれ、追い抜かれてしまいます。

これまで根付いた日本社会のデジタルに対する発想を転換させる。
 そんな日本をリードする大企業の「デジタルの民主化」事例をご紹介します。

講演企業

株式会社ダスキン 株式会社ドリーム・アーツ

会場

Zoom

定員

1,000名

募集対象

・企業に所属し、DXやデジタル活用をリードする方 ・大企業のDXやデジタル活用を支援する企業の方

参加費

無料

プログラム

2024年02月27日(火)14:00〜15:30

CTO講演

株式会社ドリーム・アーツ 取締役 執行役員 CTO 石田 健亮 マーケティング本部 セールスイネーブルメントグループ マネージャー 吉岡 茉利奈

ユーザー講演:シェアードサービスセンターを中心に高度な会計業務デジタル化を実現〜グループ全体のDX化を支える経営基盤構築の取り組み〜

株式会社ダスキン シェアードサービスセンター部長 沼波 昭男 氏 シェアードサービスセンター   山口 裕人 氏

ユーザー講演

株式会社アシックス GIT戦略部 セキュリティ&インフラチーム 植村 剛 氏

主催

株式会社ドリーム・アーツ(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

「イノベーションを起こす組織作り」とは、具体的に何をすればよいのか? ~国際規格「ISO56...

4.2株式会社システムコンシェルジュ

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

予測できないビジネス環境では、組織における持続的なイノベーション活動が競争力と成長のカギとなる

現代のビジネス環境は、人工知能や5Gなどの技術革新、グローバル市場の拡大、そして消費者ニーズの多様化により、絶えず変化しています。

このようなダイナミックな状況に対応し、継続的な成功を達成するためには、企業がイノベーションを継続的に生み出す組織文化を育成することが重要です。 イノベーションを促進する文化を持つ企業は、革新的なアイデアや技術を生み出し、市場での競争力を強化します。

アイデアが出てこない、出しても採用されない組織が多い

しかしながら、多くの組織がイノベーションの創出に苦戦しています。イノベーションを効果的に促進するためには、個々の才能やアイデアだけに頼るのではなく、企業がイノベーションを起こしやすい組織構造と環境を整備する必要があります。

このため、国際標準化機構(ISO)は2013年から、企業が効率的にイノベーションを進めるためのマネジメント(経営管理)関連のガイドラインである「イノベーション・マネジメント・システム」の国際規格化を進めてきました。2019年には、産業史上初のイノベーションに関する国際規格としてISO 56000シリーズの中核規格「ISO 56002」が発行されました。この規格の導入により、イノベーションの創出に苦労している企業に新たな成長の機会を提供することが期待されています。

企業の新規事業を成功に導く、イノベーションの管理方法とは

本セミナーでは、イノベーション管理プラットフォーム「IdeaScale」を活用し、企業のイノベーション促進のための組織的な枠組みである「ISO 56002」規格に準拠したイノベーション・マネジメント・システムを、わずか三か月で構築する方法を具体的な事例を交えて詳しく解説します。

イノベーション管理プラットフォーム「IdeaScale」とは、投票・コメント機能を使用して、社員のアイデアを「見える化」して、ブラッシュアップすることができます。また組織横断でコミュニティを作り、チームでアイディア推進することも出来ます。問題点のレビューや、ROI計測を行ってアイデアを「数値化」することも可能です。

システムコンシェルジュは、ビジネス活動にイノベーション・マネジメント・システムを組み込むことで、お客様にサービスを提供するジェネレーティブプロバイダーです。私たちは、イノベーション・マネジメント・システムの実践的な活用例を基に、お客様のイノベーション促進のための組織作りを全面的に支援いたします。

従業員から新しいアイデアが出てこないことに課題を持っている方、自組織にイノベーションを生み出す文化を醸成したいと考えている方、出たアイデアを評価して育てる仕組みづくりを検討したい方、などに特におすすめです。

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 「イノベーションを起こす組織作り」とは、具体的に何をすればよいのか?

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社システムコンシェルジュ(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

データドリブンを実現するために脱スクラッチ&脱エクセルを目指すべきか?【前編】 ~『データ連...

3.5株式会社アイ・エス・アイソフトウェアー

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

今後のデジタル基盤の構築において、脱スクラッチ&脱エクセルは必須なのか?

多くの企業において、「自社独自の運用」がパッケージソフトウェアに合わず、スクラッチ開発のシステムや、 複雑な関数&マクロが組み込まれたエクセルを、利用せざるを得ない状況が見られます。

一方で、こうした仕組みは、属人化やブラックボックス化を招きやすいと言われます。 かつ、社内に新たに導入されたサービスやシステムとの連携が難しいことが多く、 他のシステムから孤立してしまうことで、多重入力等の手作業を増加させるほか、データの利活用を妨げます。

こうした、連携不足による課題を解消するために、いま、何を”変える”べきなのでしょうか。

データドリブンは”ノーコードツール”&”伴走型サポート”で、すばやく実現する!

本セミナーでは、データ連携ツール『ASTERIA Warp』を活用し、 データドリブンを実現するデジタル基盤を、『ノーコード』ですばやく簡単に構築するためのアイデアを アイ・エス・アイソフトウェアーの現役SEが共有します。 また、「ノーコードツールとはいえ人材を確保できない」といった課題に対して、『伴走型サポート』をご紹介いたします。 はじめての開発はITベンダーへ依頼し、自社はツールの運用からはじめることで、無理なく内製化を促進できます。

以下のような方に、是非おすすめしたいセミナーです:

・DXやデータドリブンを推進する社内プロジェクトのメンバーの方。 ・新しいシステムとレガシーなシステムとの連携を自動化・効率化したい方。 ・システムや業務の運用が、属人化・ブラックボックス化し、データの利活用が進まないとお悩みの方。 ・『ASTERIA Warp』のフロー開発をITベンダーへ依頼し、内製化を促進する方法を知りたい方。

※本セミナーは、前編・後編の全2回シリーズで、開催いたします。今回は、【前編】のご案内です。

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 データドリブンを実現するために、脱スクラッチ&脱エクセルを目指すべきか?【前編】~『データ連携ツール』を活用したデジタル基盤を構築し、サイロ化・属人化・ブラックボックス化を防ぐ~

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社アイ・エス・アイソフトウェアー(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る