インフラ

インフラ

Infrastructure

インフラの課題を解決するウェビナー

テレワーク・リモートワークの環境構築、仮想デスクトップ、データベース、ネットワーク、サーバー仮想化、システム内製化など、IT インフラ・基盤の最新トピックスや企業の事例がわかるウェビナーを掲載しています。

データベース
最新&人気ウェビナー

該当するセミナーはありません

データベース
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

「脱オラクル」の解決策、OracleDBライセンス持ち込みでクラウドデータベース利用料を76...

3.9株式会社スマートスタイル

本セミナーはWebセミナーです

【ご好評につき追加開催】 ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

ライセンスコスト、保守コストが増加し続けているオンプレミスOracleDB

長年、Oracle Database(以下OracleDB)はデータベース市場で世界シェアNo.1を誇っています。 しかし、オンプレミスのOracleDBは年次調整率 4%→8%でライセンスコスト、保守コストが増加し続けており、その結果として企業のITコスト圧迫やイノベーション投資の阻害要因となっている実態があります。 こうした度重なる保守料の値上げに対する不満から、「脱オラクル」を検討する声が高まっています。

「脱オラクル」は頓挫しやすい

しかし、「脱オラクル」には、アプリの改修やデータの移行といった大きなハードルが存在します。 これらの作業は時間とコストがかかるだけでなく、移行中のトラブルや運用上の問題が発生するリスクも伴います。 そのため「脱オラクル」も一筋縄では行かず、コストやスケジュールがマッチせずそのまま維持維持となるケースも多いです。

OracleDBライセンスの持ち込みでクラウドデータベースの利用料を76%削減

本セミナーでは、オンプレミスOracleDBのコスト問題と、脱オラクルの課題を一挙にクリアする方法を解説します。 具体的には、運用・性能に優れ管理工数も大幅に削減できる「Oracle Autonomous Database」へOracleDBライセンス持ち込み(BYOL)で移行することで、利用料の76%削減を可能にする方法と移行支援サービスをご紹介します。 オンプレミスOracleDBの高額なライセンス・保守コストにお悩みの方や、脱オラクルを検討されている方はぜひご参加ください。

プログラム

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 「脱オラクル」の解決策、OracleDBライセンス持ち込みでクラウドデータベース利用料を76%削減 ~年次調整率 8%で増え続けるオンプレミスOracleDBの高額コストへの対処法~

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社スマートスタイル(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

Redisでは追いつかない高速化の要求にどう対応すればよいのか? 〜最新インメモリDBで、速...

3.9Aiven Japan 合同会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

データ処理の高速化、今やビジネスの必須条件

近年、ビジネスのデジタル化が急速に進行しており、その中でデータ処理の高速化はビジネスの必須条件となっています。 ウェブサイトやゲーム、アプリケーションのユーザーエクスペリエンス(UX)向上は、直接的にユーザーの満足度やロイヤリティを左右し、SEO対策の観点からもページの読み込み速度は非常に重要な指標となっています。

従来のインメモリデータベースでも限界に直面

データ処理の高速化の手段としては、データをメモリ上に格納し、高速なデータアクセスを実現する技術であるインメモリデータベースが用いられるケースが多く見られます。特にRedisは、その代表的な製品として多くの企業で利用されてきました。 しかし、技術の進化やデータ量の増大に伴い、従来のインメモリデータベースではユーザーの高度化する性能要求に応えられなくなってきました。瞬時のデータアクセスが求められる現代のビジネスシーンで、限界に直面しているのが現実です。

最新のインメモリDB「Dragonfly」を運用の手間なく利用する方法

この限界を打破するための解決策として、最新のインメモリDB「Dragonfly」が注目されています。Dragonflyは、Redisと互換性を持ちつつも、さらなる高速化と柔軟性を実現した、オープンソースのインメモリデータベースです。 その運用や管理には専門知識が必要ですが、運用管理を気にせずに安心してDragonflyを活用できる環境をAivenによって提供することが可能です。 本セミナーでは、Dragonflyの特徴とAivenによる手間なく高性能なインメモリデータベースを運用する方法を詳しく解説します。 性能要求の高まる中、次世代の技術をいち早く取り入れてビジネスを加速させたい方は、ぜひ参加してください。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 Redisでは追いつかない高速化の要求にどう対応すればよいのか?〜最新インメモリDBで、速度とUXを飛躍的に向上させる〜

15:45~16:00 質疑応答

主催

Aiven Japan 合同会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

Amazon Aurora/RDS/Redshiftの限界 〜「MySQL HeatWave...

3.9株式会社スマートスタイル

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

増え続けるデータ・アクセス量、分析の複雑化

ビッグデータの時代、多くの企業がデータアクセス量の増加と分析の複雑化に直面しています。 データアクセス量が増加すると、それに伴いデータベースの負荷も増加。 また、単純な集計から高度な機械学習に至るまで、データ分析のニーズはますます多様化しています。 こうした背景から、データベースの性能とコストが今や企業の競争力を左右する要素となっています。

Amazon Aurora/RDS/Redshiftの性能・コストに課題を感じる方へ

ビッグデータ処理やデータ分析基盤として、初期コストの安さや利用の手軽さから、クラウド型のDBを使っている企業も多いと思われます。 AWSのRDSやAuroraが代表的ですが、上述のようなデータ量増加と分析複雑化の状況に課題を感じておられる方も多いのではないでしょうか。 RDSやAuroraは一定レベルの性能と使いやすさを提供していますが、データ量が増えるとその限界が露呈します。 特に、大量かつ高度なデータ分析を行う場合、処理速度が遅くなる、あるいは高額な料金が発生するといった問題が生じています。

AWSでも実装可能なMySQL HeatWave on AWSで性能・コストの問題を解決

本セミナーでは、「MySQL HeatWave on AWS」によって上記の性能とコストの問題を解決する方法を紹介します。 HeatWaveであればAWS内でそのままMySQLを利用しながら、高性能なデータ分析が可能。しかも、コストも大幅に削減できます。 具体的な導入方法、効果的な使い方、そして実際の導入事例などを詳しく解説します。 Amazon Aurora/RDSの性能やコストに課題を感じている方は、ぜひご参加ください。

プログラム

11:45~12:00 受付

12:00~12:05 オープニング(マジセミ)

12:05~12:45 Amazon Aurora/RDS/Redshiftの限界〜「MySQL HeatWave on AWS」で性能・コスト問題を解決〜

12:45~13:00 質疑応答

主催

株式会社スマートスタイル(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

【リアル開催】PostgreSQLユーザーに捧ぐ、EDBを使ったDB機能向上とコスト削減の両立

0.0株式会社アシスト

本セミナーはリアルセミナーです

詳細は主催企業からメールでお知らせします。 なお、「enterprisedb.com」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

概要

オープンソースソフトウェア(OSS)のPostgreSQLの人気はとどまることを知りません。しかしPostgreSQLだけでは実現できない機能やサポートのために、皆様はどれほどのコストを支払っているでしょうか?

本セミナーでは、PostgreSQLに様々な機能とメーカー保守も付加した「EDB」の製品戦略とユースケース、明日から使える機能をご紹介し、皆様のコスト削減と機能向上を実現します。

また今回は、メーカーであるエンタープライズDB社よりアジア太平洋地域 Field CTOであるAjit Gadge 氏をお招きし、グローバル視点でのDB市場やトレンドについてお話しいただきます。

セッション後に懇親会も予定していますので、PostgreSQLユーザー同士のネットワーキングにもぜひご活用ください。

このような方におススメ!

◎ PostgreSQLをご利用中の方

◎ 商用DBからの移行検討中の方

◎ IT企画部門の方

アジェンダ

15:00~15:05 ごあいさつ

15:05~16:05 EDB Postgresとエンタープライズデータベースの今後のトレンドについて

Ajit_Gadge_150x170px.png

EDB Corporation, APJ Field CTO    Ajit Gadge 氏


murakawa_150x170px.png

エンタープライズDB株式会社 執行役員 セールスエンジニアリング本部長    村川 了 氏


高可用性やセキュリティ強化の必要性から、将来性の確保や移行のリスク回避に至るまで、企業は様々なタイミングで必ず発生するデータベースの問題をどのように解決していくべきなのでしょうか。

今回のセッションでは今後の国内外問わずエンタープライズ領域におけるデータベースについて解説する他、日本における各種支援サービスについてご紹介します。


16:05~16:15 休憩


16:15~16:45 PostgreSQLユーザーは明日から使って!EDBお役立ち機能の数々

saze_150x170px.png

株式会社アシスト ビジネスインフラ技術本部 データベース技術統括部 部長    佐瀬 力

PostgreSQLを使って、不足する機能を頑張って集めてくる時代は終わり。EDBはエンタープライズ用途で必要な機能を今すぐ使うことができます。

PostgreSQLでの解決策と比較しながら、EDBの有用な機能をご紹介します。


16:45~16:55 Q & A

16:55~17:00 クロージング & 懇親会案内

17:00~17:15 移動 & 休憩

17:15~18:15 懇親会

会場

株式会社アシスト 市ヶ谷本社(1F セミナールーム)

注意事項

・競合他社様・個人でのご参加は、お断りすることがございますのでご了承ください。 ・本セミナーの録画、録音、撮影については固くお断りいたします。 ・本セミナー開催中、関係者による音声収録や撮影が行われる可能性があります。 ・当日は受講票と名刺をお持ちください。 ・お客様の個人情報につきましては、当社およびイベント協賛企業であるエンタープライズDB株式会社に対し、それぞれの会社にご提供頂き、それぞれの会社において個人情報を管理します。

当社において取得したお客様の個人情報の利用目的及び取扱いについては当社の個人情報保護方針、エンタープライズDB株式会社において取得したお客様の個人情報の利用目的及び取扱いについては、プライバシーポリシーが適用されますので、いずれもご確認いただき、ご同意の上お申し込みをお願いいたします。

主催

株式会社アシスト(プライバシー・ポリシー

共催

エンタープライズDB株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

「脱オラクル」の解決策、OracleDBライセンス持ち込みでクラウドデータベース利用料を76...

4.0株式会社スマートスタイル

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

ライセンスコスト、保守コストが増加し続けているオンプレミスOracleDB

長年、Oracle Database(以下OracleDB)はデータベース市場で世界シェアNo.1を誇っています。 しかし、オンプレミスのOracleDBは年次調整率 4%→8%でライセンスコスト、保守コストが増加し続けており、その結果として企業のITコスト圧迫やイノベーション投資の阻害要因となっている実態があります。 こうした度重なる保守料の値上げに対する不満から、「脱オラクル」を検討する声が高まっています。

「脱オラクル」は頓挫しやすい

しかし、「脱オラクル」には、アプリの改修やデータの移行といった大きなハードルが存在します。 これらの作業は時間とコストがかかるだけでなく、移行中のトラブルや運用上の問題が発生するリスクも伴います。 そのため「脱オラクル」も一筋縄では行かず、コストやスケジュールがマッチせずそのまま維持維持となるケースも多いです。

OracleDBライセンスの持ち込みでクラウドデータベースの利用料を76%削減

本セミナーでは、オンプレミスOracleDBのコスト問題と、脱オラクルの課題を一挙にクリアする方法を解説します。 具体的には、運用・性能に優れ管理工数も大幅に削減できる「Oracle Autonomous Database」へOracleDBライセンス持ち込み(BYOL)で移行することで、利用料の76%削減を可能にする方法と移行支援サービスをご紹介します。 オンプレミスOracleDBの高額なライセンス・保守コストにお悩みの方や、脱オラクルを検討されている方はぜひご参加ください。

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 「脱オラクル」の解決策、OracleDBライセンス持ち込みでクラウドデータベース利用料を76%削減~年次調整率 8%で増え続けるオンプレミスOracleDBの高額コストへの対処法~

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社スマートスタイル(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

「DB専門家がいないのでボトルネック特定ができない」をなくす 〜誰でも簡単に遅延SQLを特...

3.7株式会社コーソル

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

本セミナーは、5月16日開催セミナーと同じ講演内容を含みます。

データベースの遅延は損失を伴う重大問題

現代のビジネスでは、データベースのパフォーマンスが企業の競争力を左右する重要な要素となっています。 データベースの遅延は、顧客満足度の低下や生産性の悪化を招き、結果的に損失を伴う重大な問題となります。 特に、データベースが複数のシステムやアプリケーションと連携している場合、遅延が連鎖的に影響を与え、業務全体が停滞する恐れがあります。

DB専門家がおらず、ボトルネック特定が困難

多くの企業では、DB専門家が不足しており、データベースのボトルネック特定や遅延SQLの分析が難しい状況にあります。 このため、遅延や障害が発生した際に、問題の原因を特定するのに時間がかかり、解決までの期間が長引くことがあり、適切な対策を立てることも困難です。 このような状況を改善するためには、非専門家でも簡単にボトルネックを特定できる手法が求められます。

マルチ環境、マルチデータベースにより監視業務が煩雑化

また、現代のデータベース環境は、オンプレミス、仮想、クラウドなど、様々な環境で構築されており、マルチデータベースの運用が一般的です。 これにより、データベースの監視業務が煩雑化し、管理者にとって負担が大きくなっています。 さらに、異なる環境やデータベース製品ごとに監視ツールが異なるため、一元管理が難しく、効率的な監視ができない状況にお悩みの方も少なくないと思われます。

非専門家でも簡単に遅延SQLを特定、すべての環境のDB一元管理も実現

本セミナーでは、DB専門家がいない状況でも簡単にボトルネックを特定して遅延SQLの分析ができ、さらにマルチ環境・マルチデータベースの監視業務を効率化する一元管理ソリューション「Database Performance Analyzer (DPA)」を解説します。 DBの専門家がいないため障害時の原因特定が困難、複数のデータベース製品の管理に困っている、とお考えのDB管理に携わる方はぜひご参加ください。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:45 「DB専門家がいないのでボトルネック特定ができない」をなくす〜誰でも簡単に遅延SQLを特定、ボトルネック特定・予兆把握を実現〜

13:45~14:00 質疑応答

主催

株式会社コーソル(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

Microsoft Azure以外のクラウド上データでもOpenAIの利用を可能にする方法...

3.7Aiven Japan 合同会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

急速に進化するAI、ビジネス導入のスピードが成否を分ける

ChatGPTの出現に端を発した昨今のAI技術の進化は目覚ましく、企業が競争力を維持するためにはビジネスへの迅速な導入が不可欠です。 成長著しい市場において、スピード感をもって対応しなければ競合に後れを取り、事業の成否が大きく分かれてしまうことでしょう。

AI・データの有効活用には基盤の構築が不可欠

AI技術をビジネスに活用するためには、まずデータ基盤の構築が欠かせません。 データの一元管理・整理、データ品質の向上、効率的な分析、柔軟なデータ活用、セキュリティの確保といった点で、データ基盤の構築は、AI技術の活用において重要な役割を果たしています。

現状、Microsoft Azure以外のクラウド上データではOpenAIの利用が困難

現在、急速な勢いでビジネス活用が進んでいるのが、ChatGPTに使われているOpenAIの大規模言語モデルです。 しかし、現状OpenAIはMicrosoft Azure上でのみ利用可能であるため、Microsoft Azure以外のクラウドサービス(AWSやGoogle Cloud)上にデータがある場合、OpenAIの直接的な活用が困難な状況です。 この制約により、AI技術の導入や活用が遅れる懸念があります。

Microsoft Azure以外のクラウド上データでもOpenAIの利用を可能にする方法を解説

本セミナーでは、Microsoft Azureと、マルチクラウドに対応するクラウドのデータ基盤を簡単に構築できるAivenのマネージドサービスを利用し、Microsoft Azure内外に点在するデータソースなどをリアルタイムに取り込みながら、OpenAIを活用する構成例などについて、そのポイントをデモンストレーションも含めてご紹介いたします。 クラウドデータ基盤の構築・運用に課題がある、または最新のAI技術をいち早くビジネスに活用したいとお考えのユーザー企業に属するIT部門・事業部門の方はぜひご参加ください。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 Microsoft Azure以外のクラウド上データでもOpenAIの利用を可能にする方法〜マルチクラウド環境でデータ統合し、AI活用を加速させる〜

15:45~16:00 質疑応答

主催

Aiven Japan 合同会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社エーピーコミュニケーションズ(プライバシー・ポリシー) 株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

「DB専門家がいないのでボトルネック特定ができない」をなくす 〜誰でも簡単に遅延SQLを特定...

3.5株式会社コーソル

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

データベースの遅延は損失を伴う重大問題

現代のビジネスでは、データベースのパフォーマンスが企業の競争力を左右する重要な要素となっています。 データベースの遅延は、顧客満足度の低下や生産性の悪化を招き、結果的に損失を伴う重大な問題となります。 特に、データベースが複数のシステムやアプリケーションと連携している場合、遅延が連鎖的に影響を与え、業務全体が停滞する恐れがあります。

DB専門家がおらず、ボトルネック特定が困難

多くの企業では、DB専門家が不足しており、データベースのボトルネック特定や遅延SQLの分析が難しい状況にあります。 このため、遅延や障害が発生した際に、問題の原因を特定するのに時間がかかり、解決までの期間が長引くことがあり、適切な対策を立てることも困難です。 このような状況を改善するためには、非専門家でも簡単にボトルネックを特定できる手法が求められます。

マルチ環境、マルチデータベースにより監視業務が煩雑化

また、現代のデータベース環境は、オンプレミス、仮想、クラウドなど、様々な環境で構築されており、マルチデータベースの運用が一般的です。 これにより、データベースの監視業務が煩雑化し、管理者にとって負担が大きくなっています。 さらに、異なる環境やデータベース製品ごとに監視ツールが異なるため、一元管理が難しく、効率的な監視ができない状況にお悩みの方も少なくないと思われます。

非専門家でも簡単に遅延SQLを特定、すべての環境のDB一元管理も実現

本セミナーでは、DB専門家がいない状況でも簡単にボトルネックを特定して遅延SQLの分析ができ、さらにマルチ環境・マルチデータベースの監視業務を効率化する一元管理ソリューション「Database Performance Analyzer (DPA)」を解説します。 DBの専門家がいないため障害時の原因特定が困難、複数のデータベース製品の管理に困っている、とお考えのDB管理に携わる方はぜひご参加ください。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 「DB専門家がいないのでボトルネック特定ができない」をなくす〜誰でも簡単に遅延SQLを特定、ボトルネック特定・予兆把握を実現〜

14:45~15:00 質疑応答

主催

株式会社コーソル(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

OracleDBのクラウド移行で、ライセンス・運用コストを削減する方法 〜「Azure+O...

3.8株式会社システムサポート

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはTeamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

増加する、クラウド移行ニーズ

コスト削減、スケーラビリティ、柔軟性などの観点より、オンプレミスからクラウドへの移行を検討する企業が増えています。 老朽化したオンプレミスのシステムを使い続けるには運用コストもかさむため、今後も長期に渡りビジネスを円滑に進めていくためには、クラウドへの移行はもはや避けて通れないと言えるでしょう。

OracleDBのクラウド移行は難易度が高い

多くの企業で使われているOracleDBのクラウド移行については、データの移行や他システムとの連携など考慮すべきポイントが数多く存在し、なおかつミッションクリティカルであることから慎重に進めなければならないため、難易度が高く移行をなかなか進められないとお悩みの企業も少なくありません。

適したアーキテクチャでなければ、コストや性能の課題を抱えることに

OracleDBをオンプレミスのまま使い続ければ運用の手間やライセンスコストに課題を抱えることになり、AWSなどのクラウドに移行できたとしてもコストは改善されず性能も悪いケースが往々にして見られます。 最適なアーキテクチャで運用しなければ、コストまたは性能の問題を抱えることになってしまうのです。

OracleDBのクラウド化に最適なのは「Azure+OracleCloud」マルチクラウドアーキテクチャ

そこで本セミナーでは、AzureとOracleCloudのマルチクラウドアーキテクチャでOracleDBのコスト・性能の課題を解決する方法を解説します。 OracleDBのクラウド移行に関して、初期の検討段階、本番移行、運用保守まで一気通貫するサポートについても紹介する予定です。

・オンプレミスで運用しているOracleDBをクラウド移行したいが、できていない

・OracleDBをクラウド移行したものの、ライセンスコストが高く性能も悪い

・マルチクラウド化したいが、技術的なハードルがある

上記に該当する大企業の情報システム部門の方はぜひご参加ください。

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 OracleDBのクラウド移行で、ライセンス・運用コストを削減する方法〜「Azure+OracleCloud」で高コスト効率、高性能を実現〜

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社システムサポート(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る