TOP /  セキュリティ /  【エンドユーザー優先】OktaではじめるシングルサインオンとID管理 ~IDaaSを活用したゼロトラスト入門~

【エンドユーザー優先】OktaではじめるシングルサインオンとID管理 ~IDaaSを活用したゼロトラスト入門~ | セキュリティ

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
所属部署
役  職
電話番号
メールアドレス


イベント内容


テレワーク、クラウド活用増加で注目されるゼロトラスト

ニューノーマル時代になり、従来のファイアウォールによる境界型防御が機能しなくなっています。
すべての通信を信頼せず、攻撃されることを前提とした「ゼロトラスト」が注目される背景としては下記が挙げられます。
(1)企業のクラウドサービス利用が増加
(2)テレワーク・在宅勤務の普及
(3)不正アクセスによる情報漏えいの増加

従来のID管理の問題点とは?

このような環境下で、大企業〜中規模企業の情シス担当者の負担は増加しています。
・ユーザーごとに個別にID管理、アクセス制御をする必要がある
・異動や退職におけるアクセス権限の失効、更新の管理が煩雑

一方で、ユーザー側でも下記のような事象が発生しています。
・クラウドサービスごとに何度もログインをするのが手間なため、パスワード使い回しが多発
・なりすましや不正アクセスによる情報漏洩リスクが増加

IDセキュリティと利便性の両立に向けて、どのようなソリューションがベストなのでしょうか?

Oktaで何が解決できるのか?

Oktaは世界で9,400社以上が利用し、IDaaS分野にて4年連続でガートナーのリーダー企業として選出されたカンパニーです。
本セミナーではテレワークとクラウド普及に伴うID管理を取り巻く環境を説明しながら、Oktaを活用したセキュリティ管理・利便性向上の事例をご紹介。情シスご担当者さま向けに、シングルサインオン(SSO)とIDaaSの押さえておくべきポイントを解説します。

こんな方におすすめ

・クラウドサービスを多数導入しており一元管理に課題がある
・クラウドサービスのID管理が負担になっている

プログラム 

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:40 OktaではじめるシングルサインオンとID管理〜テレワーク、マルチクラウド時代のIDaaS入門〜

・長期化するテレワークとクラウド活用増加で起こるID管理の課題
・IDaaSで課題解決!先駆者Oktaのご紹介
・IDaaSを利用する上で見過ごされがちな課題と解決策

10:40~11:00 質疑応答

主催

株式会社アシスト

過去開催のセミナー

2021
04/13(火)
10:00 〜 11:00
他のカテゴリから探す
関連するセミナーの講演資料
ゼロトラストの第一歩は、「AzureAD」の活用から クラウド利用におけるシャドーITのリスク 専門機関が安全性を危惧する「SMS認証」のリスク実態と、その代替手段 ~電話をかけるだけの簡単な操作で本人確認・個人認証できる電話発信認証サービス<TELEO>~ テレワークを支えてきたVPNが抱える課題と、それを解決する「ゼロトラスト接続サービス Keygateway」 いまさら聞けないMicrosoft365導入後のログ運用の落とし穴とは 〜SIEMのログ収集・アラート管理、SOARによる運用自動化を解説〜 テレワークを支えてきたVPNが抱える課題と、それを解決する「ゼロトラスト接続サービス Keygateway」 AzureAD/Microsoft365へのユーザー登録、権限設定を自動化する方法 ~ID管理クラウドサービス「Keyspider」とAzureAD/365とを連携する~ 【情シス責任者/管理職向け】なぜセキュリティ研修は形骸化してしまうのか? 〜社員のセキュリティ意識向上と情シス担当の負荷軽減を両立するには〜 CX(顧客体験)の実現に役立つ B2C向け認証基盤の仕組みと構成技術 〜認証基盤の重要性と、本人認証・ID統合の実装とデモ〜 テレワークに“ゼロトラスト”を取り入れて、社内システムへセキュアに接続 ~VPNを使わず、セキュリティをより高めるには?~