2021年03月25日開催
ゼロトラストの実現に向けて一歩踏み出そう ~新しい生活様式におけるセキュリティリスクとその対策~ | ゼロトラスト

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
所属部署
役職
電話番号
メールアドレス

イベント内容

テレワークとクラウドの普及で注目される「ゼロトラスト」

従来、企業のセキュリティは、「インターネットは危険」「社内ネットワークは安全」でり、「その境界にファイアウォール等を設置し防御する」という、「境界防御モデル」が基本でした。
しかし、テレワークの普及によって多くの端末はインターネットに直接接続されるようになりました。
また、クラウドサービスの普及によって、守るべき情報資産の多くもクラウド上に置かれ、インターネットを経由してアクセスすることが普通になりました。

これにより、従来の「境界防御モデル」が成り立たなくなり、代わりに注目されているのが「ゼロトラストモデル」です。

「ゼロトラスト」とは何なのか?

しかし、「ゼロトラスト」の考え方は複雑で、正しく理解されていないケースも多いと思います。

本セミナーでは、情報セキュリティが専門である東洋大学の満永准教授をゲストにお迎えして、初心者にも分かり易くゼロトラストとそのセキュリティについて解説します。

「ゼロトラスト」なら防げたケース、「ゼロトラスト」実現のためのポイント

また、過去のいくつかのセキュリティ事故を紹介しつつ、ゼロトラストの環境であればどのように対処できたのか、また、ゼロトラストを実現するためのポイントについても解説します。

テレワークにおいて「ゼロトラスト」を実現する、ネットワークとID管理

さらに、テレワークにおいてゼロトラストを実現するためには、どのようなネットワークが必要なのか、VPNの課題は何なのか、について解説するとともに、ゼロトラストの基本的な考え方である「全てのリクエストを評価(認証・認可)する」を実現するために必要な「ID管理」についても解説します。

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:05 オープニング(マジセミ)

16:05~16:35 ゼロトラストの実現に向けて一歩踏み出そう

– 新しい生活様式におけるセキュリティリスクとその対策 -
東洋大学 情報連携学部情報連携学科 准教授 満永 拓邦 氏

(プロフィール)

博士(情報学)。東洋大学情報連携学部准教授。独立行政法人情報処理推進機構産業サイバーセキュリティセンター専門委員。 京都大学大学院情報学研究科修了後、民間企業、JPCERT/CC、東京大学情報学環での勤務を経て現職。サイバー攻撃防御手法の研究やセキュリティ人材育成、AI・DX(デジタルトランスフォーメーション)などの調査研究を行っている。 『制御システムセキュリティ入門 : Society 5.0/Industry 4.0時代に向けて社会インフラをいかに守るか』、『はじめて学ぶバイナリ解析』などの監修執筆も行っている。

16:35~16:50 ゼロトラストを実現する「ネットワーク」とは

かもめエンジニアリング株式会社

16:50~17:05 ゼロトラストを実現する「ID管理」とは

Keysider株式会社

17:05~17:15 質疑応答

主催

かもめエンジニアリング株式会社
Keysider株式会社

過去開催のセミナー