2021年06月18日開催
人事部門におけるテレワークの課題と、人事異動情報のクラウドへの反映

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
所属部署
役職
電話番号
メールアドレス

イベント内容

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

なぜ人事部門のテレワークは難しいのか?

コロナ禍で、テレワークが一気に普及しました。
人事部門では様々な業務が行われておりますが、テレワークで行える業務は他部門と比較すると少なく出社を余儀なくされているケースも多いのではないでしょうか。人事部門はこのような状況から脱却すべく、更にペーパーレス業務を拡充してテレワーク化を推進していく必要があります。

人事部門のペーパーレスをどのように推進すればよいのか?

人事業務のテレ―ワーク化は、
・人事部門が社員に提供する「社員サービス」
・人事部門内で行う計画立案・分析などの「部門内業務」
・外部に提出する「外部出力業務」
の3つでペーパーレスを実現することにより可能となります。

本セミナーでは、5,000社を超える企業に人事システムを提供してきたカシオヒューマンシステムズ株式会社が、コロナ禍でも生産性向上が可能な人事統合システムを紹介します。

人事異動の結果を、Microsoft365やSalesforce、BOXなどのクラウドサービスに即反映

テレワーク環境では、様々なクラウドサービスを利用することになりますが、セキュリティは重要なテーマです。
人事異動では所属組織や役職などが大きく変更されますが、この結果クラウドサービスの利用権限についても速やかに変更する必要があります。
これを手作業で行う場合、作業の遅れやミスの原因となり、重大なセキュリティインシデントを引き起こす結果となってしまいます。

本セミナーでは、クラウドID管理サービスを提供するKeyspider株式会社が、人事異動の情報を様々なクラウドサービスや社内システムに自動的に連携する方法について解説します。

人事異動の結果を、テレワーク環境からのシステム利用権限に即反映

テレワーク環境では、自宅などから社内システムに接続してシステムを利用する必要があります。
現在はVPNを利用しているケースが多いと思いますが、VPNの場合社内ネットワークに接続した後はネットワーク的に制限がかからず、「誰でもアクセスし放題」となっているケースが多いと思います。

本セミナーでは、VPNを使わない社内ネットワークへの連携サービス「Keygateway」を提供するかもめエンジニアリング株式会社が、VPNに代わるセキュアな連携方法について解説します。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:25 人事部門のペーパーレス化をどのように推進すればよいのか?

カシオヒューマンシステムズ株式会社

13:25~13:40 人事異動の結果を、Microsoft365やSalesforce、BOXなどのクラウドサービスに即反映する方法

Keyspider株式会社

13:40~13:50 テレワーク環境から社内システムにセキュアに接続する方法

かもめエンジニアリング株式会社

13:50~14:00 質疑応答

主催

かもめエンジニアリング株式会社(https://kamome-e.com/privacy-handling)

協力

カシオヒューマンシステムズ株式会社(https://www.casio-human-sys.co.jp/company/csr/privacy.html)

運営

マジセミ株式会社(https://majisemi.com/service/privacy)

過去開催のセミナー