TOP /  ビジネス /  Webセミナーからは商談は獲得できないのか?(前編:プレゼンシナリオはどう考えればよいのか?) ~年間300回以上のWebセミナーを開催したマジセミ代表 寺田雄一が解説~

Webセミナーからは商談は獲得できないのか?(前編:プレゼンシナリオはどう考えればよいのか?) ~年間300回以上のWebセミナーを開催したマジセミ代表 寺田雄一が解説~ | ビジネス

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
メールアドレス


イベント内容


本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
事前に以下のURLでテストをお願い致します。
https://zoom.us/test
 
 

コロナ禍で一気に増えた、Webセミナー

コロナ禍でリアルセミナーが開催できなくなり、この1年でWebセミナーが一気に増えました。
Webセミナーは、自宅やオフィスにいたまま気軽に参加することができ、参加者にはとても人気です。
マジセミでも、コロナになってから既に300回以上のWebセミナーを開催してきました。
 
 

「Webセミナーを開催しても、商談に繋がらない」という問題

一方、営業目的でWebセミナーを開催する場合、主催企業からは、
 

「Webセミナーは気軽に参加できるので、情報収集目的の参加者が多くなった。」

「Webセミナーに参加してくれても、その後連絡がつかない。商談に繋がらない。」

 
という声をしばしば耳にします。
 
 

どうしたら「もっと話しを聞いてみたい!」と思ってもらえるのか?

今回は、そのような課題を解決する方法について解説します。
連絡がつかない、商談に繋がらない、ということは、参加者に、
 

「講演内容に興味が持てなかった」

「それ以上話しを聞いても、有益な情報があるとは思えなかった」

 
というように思われてしまったということです。
 
今回は、参加者に興味を持ってもらうにはどうすればよいのか、どうすれば商談に繋がるプレゼンができるのか、以下の内容について、マジセミ代表 寺田雄一が解説します。
 

「聞きたい」と思わせる、テーマ設定方法

「話しに引き込む」プレゼンシナリオの構築方法

「個別に話しを聞きたい」と思わせる方法

 
 

(後編)セミナーフォローはどうやればよのか?

別のWebセミナーとして、セミナー後のフォローをどうすればよいのについて解説致しますので、合わせてご参加下さい。
 
https://xxxx
 

プログラム

14:15~14:30 受付

14:30~15:10 プレゼンシナリオはどう考えればよいのか?

15:10~15:30 質疑応答

 

主催

マジセミ株式会社

過去開催のセミナー

他のカテゴリから探す