TOP /  セキュリティ /  「セキュリティ強化」と「クラウドパワーの最大化」を同時に実現するには? ~ゼロトラストの時代に、セキュリティを確保するためにCASBについて考える~

「セキュリティ強化」と「クラウドパワーの最大化」を同時に実現するには? ~ゼロトラストの時代に、セキュリティを確保するためにCASBについて考える~ | セキュリティ

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
メールアドレス


イベント内容


増大するクラウド上でのセキュリティリスク

企業におけるクラウドファーストが浸透し、AWSなどのクラウド上への業務システムの移行や、Office365、SalesforceなどのSaaSの利用など、クラウドの利用者が増えています。
また、テレワークの推進やモバイル端末の普及などにより社外からのアクセスが増大し、セキュリティのリスクが増大しています。

CASBとゼロトラストの概念

こうした課題に対して、ガートナーがCASBという概念を提唱しています。
アクセスを「可視化」し、企業が許可しているものやシャドーITを含むクラウドサービスを制御することができます。
その他「コンプライアンス」、「データセキュリティ」、「脅威防御」の計4つの概念で安全性を担保します。
また一方で、近年「ゼロトラスト」という概念が注目されています。
全てのアクセスを信頼せず、アクセスの度にトラフィックを検査するというものです。

クラウドパワーを最大化するには

基本的に、セキュリティを強化すれば利便性を損ないます。
それはクラウドのパワーを活用できないということになり、企業の競争力低下につながります。

では、セキュリティを強化しながらも、クラウドのパワーを最大限に活用するにはどうすればよいのでしょうか。

どのように実現するのか

本セミナーでは、ゼロトラストなどの時代背景や、CASBの考え方について解説するとともに、セキュリティの強化とクラウドパワーの最大化を両立する考え方について解説します。
また、CASBに対応したクラウドセキュリティプラットフォームである、Netskopeについて事例を交えてご紹介します。

プログラム

14:30~15:00 受付

15:00~15:30 「セキュリティ強化」と「クラウドパワーの最大化」を同時に実現するには?

15:30~16:00 CASBに対応したクラウドセキュリティプラットフォーム、Netskopeの紹介

16:00~16:30 Netskope 事例紹介

16:30~17:00 質疑応答

主催 

Netskope Japan株式会社

過去開催のセミナー

他のカテゴリから探す
関連するセミナーの講演資料
ゼロトラストの第一歩は、「AzureAD」の活用から クラウド利用におけるシャドーITのリスク 専門機関が安全性を危惧する「SMS認証」のリスク実態と、その代替手段 ~電話をかけるだけの簡単な操作で本人確認・個人認証できる電話発信認証サービス<TELEO>~ テレワークを支えてきたVPNが抱える課題と、それを解決する「ゼロトラスト接続サービス Keygateway」 いまさら聞けないMicrosoft365導入後のログ運用の落とし穴とは 〜SIEMのログ収集・アラート管理、SOARによる運用自動化を解説〜 テレワークを支えてきたVPNが抱える課題と、それを解決する「ゼロトラスト接続サービス Keygateway」 AzureAD/Microsoft365へのユーザー登録、権限設定を自動化する方法 ~ID管理クラウドサービス「Keyspider」とAzureAD/365とを連携する~ 【情シス責任者/管理職向け】なぜセキュリティ研修は形骸化してしまうのか? 〜社員のセキュリティ意識向上と情シス担当の負荷軽減を両立するには〜 CX(顧客体験)の実現に役立つ B2C向け認証基盤の仕組みと構成技術 〜認証基盤の重要性と、本人認証・ID統合の実装とデモ〜 テレワークに“ゼロトラスト”を取り入れて、社内システムへセキュアに接続 ~VPNを使わず、セキュリティをより高めるには?~