TOP /   /  Amazon WorkSpaces で解決する、テレワークのセキュリティ問題 ~テレワーク手法の比較/VPN/RDS(リモートデスクトップ)/VDI(デスクトップ仮想化)~

Amazon WorkSpaces で解決する、テレワークのセキュリティ問題 ~テレワーク手法の比較/VPN/RDS(リモートデスクトップ)/VDI(デスクトップ仮想化)~ |

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
メールアドレス


イベント内容


本セミナーは、Webセミナーです。

ツールはTeamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

Afterコロナでテレワークは継続

新型コロナウイルスについて、緊急事態宣言は解除されましたが、第二波の感染が拡大しています。

テレワークについても引き続き推奨されており、企業では本格的なテレワークの拡大に向けて取り組みを実施しています。

テレワークのリスク

しかし、テレワークは情報漏洩のリスクがあることも事実です。

例えば、自宅PCからの機密情報の漏洩などが懸念されます。

また、自宅PCの場合、OSやアプリケーションのバージョンアップが適切に行われない可能性もあり、マルウェア被害などのリスクも高まります。

テレワーク手法の比較/VPN/RDS(リモートデスクトップ)/VDI(デスクトップ仮想化)

このような背景の中、企業ではセキュリティを強化した本格的なテレワーク環境の導入を検討しています。

その手法としては、
・VPNで自宅と社内ネットワークを接続する
・RDS(リモートデスクトップ)で、自宅PCから会社PCの画面を操作する
・VDI(デスクトップ仮想化)環境を構築し、自宅PCからアクセスする
などがあります。

これらはどのように選択するべきでしょうか?
どのような、メリット/デメリットがあるのでしょうか?

Amazon WorkSpacesの解説と「おまかせクラウドVDI」の紹介

本Webセミナーでは、テレワーク手法の比較について解説したします。
また、クラウドVDIである、Amazon WorkSpacesについて解説するとともに、Amazon WorkSpacesを簡単に導入できる「おまかせクラウドVDI」サービスについて、事例も交えながらご紹介致します。

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:40 Amazon WorkSpaces で解決する、テレワークのセキュリティ問題 ~テレワーク手法の比較/VPN/RDS(リモートデスクトップ)/VDI(デスクトップ仮想化)~

16:40~17:00 質疑応答

主催

東日本電信電話株式会社※

過去開催のセミナー

2020
07/09 (木)
16:00 〜 17:00
2020
08/05 (水)
16:00 〜 17:00
他のカテゴリから探す