TOP /  インフラ /  「ひとり情シス」向け、はじめてのAWSはファイルサーバーから ~EBS、EFS、FSx for Windows Server、S3の4方式の構成と比較~

「ひとり情シス」向け、はじめてのAWSはファイルサーバーから ~EBS、EFS、FSx for Windows Server、S3の4方式の構成と比較~ | インフラ

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
メールアドレス


イベント内容


本セミナーはWebセミナーです

ツールはMicrosoft Teamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

高まるAWSへの移行ニーズ

多くの企業で、業務システムのプラットフォームのサポート期限切れなどの対応のため、クラウドへの移行が検討されています。
そしてそのプラットフォームとして、AWSはトップシェアを誇っています。
 

どこから始めればよいのか?

しかし、業務システムをAWSに移行するにあたっては、様々なことを検討しなければなりません。セキュリティはどのように確保すればよいのか、クラウドでのバックアップは従来のオンプレミスとどう違うのか、データの移行はどのように考えればよいのか、など、様々な検討が必要です。
 
このため、「AWSに移行したいけど、どこから検討すればよいのか?」と悩まれている企業も多いと思います。
 

まずはファイルサーバーから始めよう

我々はAWS移行の第一歩として、社内ファイルサーバーをAWSに移行することをお勧めします。ファイルサーバーであれば、業務プロセスへの影響もなく、比較的リスクを抑えてAWS移行に挑戦することが可能です。また、ファイルサーバーの構築の中で、セキュリティ、バックアップ、データ移行などを整理していくことができます。
 

EBS、EFS、FSx for Windows Server、S3の4方式の構成と比較

本セミナーでは、AWSでファイルサーバーを実現する方法として、EBS、EFS、FSx for Windows Server、S3の4つの方式について、概要、構成例、事例、メリット、デメリットを解説します。
 

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:40 「ひとり情シス」向け、はじめてのAWSはファイルサーバーから ~EBS、EFS、FSx for Windows Server、S3の4方式の構成と比較~

(プレゼン内容)
・なぜファイルサーバーなのか?
・AWSでファイルサーバーを実現する方法
・バックアップ・可用性の比較
・AWSにおけるセキュリティの考え方
・データ移行の考え方

16:40~17:00 質疑応答

 

主催

東日本電信電話株式会社

過去開催のセミナー

2021
03/17(水)
13:00 〜 14:00
■このセミナーの講演資料
他のカテゴリから探す
関連するセミナーの講演資料
Japan IT Week 2021 春 マジセミ出展ブース 動画・資料公開 アフターコロナの需要予測と外部データ活用マーケティング 加速するOracle Cloudの可能性 ~専用線接続によるセキュリティ、ネットワーク障害、遅延リスク障害、遅延リスクの解決法~ クラウド型コンタクトセンターサービス Amazon Connectとは ~在宅で、お客様向けの電話窓口を提供する~ テレワーク環境における、クラウドID管理とネットワークセキュリティを改めて考える ~ニューノーマルで加速するDX推進、働き方改革について~ 今改めて考える、社内ネットワークからAWSへの接続方法 ~閉域接続サービスはどう選ぶべきか、AzureやOracleなどマルチクラウドの接続は?~ テレワークによるネットワーク負荷や不正アクセスの監視で、ネットワーク担当者の負担が増えている 〜【パロアルト利用者向け】トラフィック・ログ解析効率化ツール~ ITサービス事業者が抑えておくべきクラウド基盤の選び方とは?(AWSか?プライベートか?) 中小企業「ひとり情シス」のための、AWSクラウド移行に関する質問大会 ~2020 APN AWS Top Engineers選出のエバンジェリスト白鳥が回答~ ニューノーマルな働き方へ!Microsoft 365セキュリティ&Teams運用強化セミナー Teams運用や管理、アクセス制御やメールセキュリティなどの課題について、解決方法をご紹介