2021年03月17日開催
AWSにおける運用設計のポイント

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
メールアドレス

イベント内容

本セミナーはWebセミナーです

ツールはMicrosoft Teamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
「@osslabo.com、@majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。
セミナー当日、参加方法が分からない場合は、(zoom@osslabo.com)までご連絡下さい。

本セミナーに参加して頂きたい方

本セミナーにご参加頂きたい方、セミナーの内容が役立つと思われる方は、以下のような方です。
・「ひとり情シス」の方(中小企業のシステム担当者の方)
・お客様に対してAWSを提案するシステムインテグレーターの方
・NTT東日本のクラウド運用サービスをOEMとして活用したい方

クラウドの運用に関する勘違い

企業では、システムのプラットフォームとして、AWSなどのクラウドサービスの利用を進めています。

しかし、AWS上でのシステム開発や、AWSへの移行については十分検討して実施される場合でも、稼働後の運用については十分検討されていないケースが散見されます。

また、「クラウドの運用に関する勘違い」も多いようです。例えば以下のようなものです。

クラウドに移行すれば、運用面は「全部」クラウド事業者がやってくれる。

クラウドに移行すれば、インフラの障害は考慮しなくてよい

オンプレのシステム運用と、どう変わるのか?

本セミナーでは、AWSにおける運用設計について解説します。
これからAWSを利用される方、既にAWSを利用しているがシステム運用に課題がある方に対して、オンプレミスのシステム運用との違いについて解説します。

クラウド運用のベストプラクティスとは?
さらに、AWSにおけるシステム運用についての「ベストプラクティス」や、「アンチパターン」についても解説します。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング

13:05~13:45  AWSにおける運用設計のポイント

13:45~14:00 質疑応答

主催

東日本電信電話株式会社