TOP /  ビジネス /  2021年度、全員テレワーク時代のオンラインストレージの選択 ~操作性、コスト、取引先との共有、Teams連携~

2021年度、全員テレワーク時代のオンラインストレージの選択 ~操作性、コスト、取引先との共有、Teams連携~ | ビジネス

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
メールアドレス


イベント内容


2021年度も、テレワークは必須

新型コロナウイルスのワクチン接種が遅れているようです。
企業は2021年度、企業は引き続きテレワークを継続する必要があります。
また、生産性向上や働き方改革推進のため、コロナ後もテレワークの継続を予定している企業も増えています。

全員テレワーク時代にオンラインストレージはどう選択すればよいのか?

ファイル共有はテレワークに必須の機能です。
これを実現するクラウドサービスである、オンラインストレージも既に市場に出ており、利用している企業もあると思います。

しかし、以下のような観点で考えた場合、企業はどのようにオンラインストレージを選択するべきでしょうか?

ITリテラシーに依存しない操作性

全員テレワークを想定した場合、ITリテラシーが高い社員ばかりではありません。
全ての社員にとって、使いやすいユーザーインターフェイスが重要です。

全員テレワークを想定したコスト

オンラインストレージは、一般的にユーザー数によって料金が決まります。
全員テレワークを考えた場合、全社員分のライセンスが必要です。
よって、コストについても十分注意する必要があります。

社外のメンバーとのファイル共有とそのライセンス

テレワークにおいても、取引先など社外のメンバーとのファイル共有は必須です。
これがどのくらい簡単に行えるのか、また社外メンバーのアカウントのコストはどうなるのか、なども重要な要素です。

Teamsとの連携

Teamsを使っている企業は多いと思います。
従って、Teams連携しながらファイル共有ができる、といった点は重要になります。

NTT東日本が提供する、全員テレワークに向けた新たなオンラインストレージ

本セミナーでは、全員テレワーク時代のオンラインストレージの選択について、そのポイントを解説すると共に、NTT東日本が提供する全員テレワークに向けた新たなオンラインストレージ「コワークストレージ」についてご紹介します。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:45 2021年度、全員テレワーク時代のオンラインストレージの選択

13:45~14:00 質疑応答

主催

東日本電信電話株式会社

過去開催のセミナー

2021
05/18(火)
13:00 〜 14:00
2021
03/17(水)
13:00 〜 14:00
■このセミナーの講演資料
他のカテゴリから探す
関連するセミナーの講演資料
長期プロジェクトにおける効率的な管理 ~プロジェクトメンバーの増減、チーム作業をどのように管理するか~ 負担なくPPAPから脱却する方法 ~NTT東日本の「コワークストレージ」の活用~ IT業界専門クリエイター集団が語る、動画制作などマーケティングツール外注時に留意すべきポイント ~その制作会社は、難しいIT技術・製品を魅力的に伝えられる? 予算はどのくらいか?~ いまさら聞けない、Webセミナー入門 ~運営実務の入門解説と、Webセミナー運営の課題~ 大手企業のSIerへのアプリケーション発注がうまくいかない理由 〜クラウドネイティブ時代に必要な内製化という選択肢~ 人事部門におけるテレワークの課題と、人事異動情報のクラウドへの反映 プロジェクト管理におけるタスクの抜け漏れを防ぐ方法 ~ToDoリストの活用、プロジェクトのテンプレート、マインドマップWBSをEasy Redmineを使って~ 負担なくPPAPから脱却する方法 ~NTT東日本の「コワークストレージ」の活用~ 日本交通は、なぜビジネスチャットの全社導入でオープンソースのMattermostを選択したのか? ~Mattermostに対する疑問やメリット/デメリットを、日本交通株式会社 システム担当部長 岡村様が回答~ ニューノーマルで「コミュニケーション」はどう変わるのか? ~バーチャル空間でのWebセミナー体験と、日程調整、音声データ共有、ヘルプデスクの課題解決~