09月14日開催のウェビナー動画・資料公開ページ
オンプレミスで稼働中のパッケージアプリケーションをAWSなどのクラウド上で提供するためのポイント~クラウドのスキル・運用・セキュリティの対応はどうすれば良いのか?~

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
所属部署
役職
電話番号
メールアドレス

イベント内容

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはTeamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。


こんな方におすすめのセミナーです

・パッケージアプリケーションの開発事業者様
・パッケージアプリケーションを販売しているSIerやエンドユーザー企業で、オンプレミスからAWSに移行したいと考えている
・アプリケーションには詳しいが、IaaSの構築スキルがない
・技術的に構築はできても運用のリソースがない
・クラウド移行する際に、ライセンスや認証の問題が不安

パッケージアプリケーションを、オンプレミスからAWSなどのクラウドに移行したい

DXが加速し、企業システムのクラウド活用は必然となってきています。パッケージアプリケーションを販売している事業者様でも、「AWSに移行したい」というクライアントからの要望は日々増えているのではないでしょうか。

AWSなどクラウドに移行する際の課題

しかしながら、オンプレミスからの移行が難しいこともあるでしょう。
具体的には、
・IaaS構築のスキルがない
・ライセンスの調達やインフラの構築・保守を得意としていない
・一部のサーバをオンプレミスに残すことになり、クラウドとの二重運用が手間になってしまう
・AWSへの移行コストが見合わない
という理由からクラウド移行を躊躇ってしまったり、案件をお断りしてしまうケースもあるのではないでしょうか?
自社で構築や運用ができない際に、どのような解決策があるのでしょうか。

構築スキルや運用リソースがないときの解決策

本セミナーでは、パッケーアプリケーションをAWSに移行する際の課題をテーマに、NTT東日本が提供しているクラウド導入・運用サービスを、実際の事例を交えて解説いたします。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:40 オンプレミスで稼働中のパッケージアプリケーションをAWSなどのクラウド上で提供するためのポイント~クラウドのスキル・運用・セキュリティの対応はどうすれば良いのか?~(NTT東日本)

13:40〜14:00 質疑応答

主催

東日本電信電話株式会社