TOP /  先端技術 /  企業はどのようなAI(人工知能)技術を取り入れるべきか? ~AI自動翻訳と音声認識の実際~

企業はどのようなAI(人工知能)技術を取り入れるべきか? ~AI自動翻訳と音声認識の実際~ | 先端技術

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
メールアドレス


イベント内容


本セミナーはオンラインセミナーとなり、Zoomを使用して実施します。

 
お申し込み後、メールにて参加URLをお送りします。

実用レベルではまだ限られる、AI(人工知能)の活用領域

ここ数年で、AI(人工知能)技術は急速に発展しており、様々な分野でAI活用の研究が行われています。

しかし、企業での活用で、実用レベルに達している領域はそれほど多くなく、以下の種類に分類されます。

・文章理解(自然言語処理) 
・音声理解(音声認識)   
・画像理解(画像認識)
・機械制御(産業用ロボット、建設機械など)

本Webセミナーでは、このうち自然言語処理(本セミナーではAI自動翻訳)と音声認識について、企業での活用の実際を解説します。

中国語の翻訳ニーズの急増

例えば、中国語の翻訳ニーズが急増しています。
英語であれば自社で対応できても、中国語まで含めると難しいことが多く、AI自動翻訳のニーズが高まっています。

Google翻訳などとの違い

また、AI自動翻訳と聞くと「Google翻訳などと何が違うのか?」と疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

本Webセミナーでは、そのような疑問に答えつつ、実際の画面などを使ってデモンストレーションをしていきます。

Web会議の普及による、議事録作成のニーズ

テレワークの普及によって、Web会議を行うことが多くなってきました。

これにより、議事録作成のニーズが高まっています。

本Webセミナーでは、AIを活用した音声認識技術によって、議事録を自動的に作成するデモンストレーションをご紹介します。

リアルタイム翻訳も可能に

さらに、Web会議においてリアルタイムに翻訳することも可能です。
こちらについても、デモンストレーションを含めてご紹介致します。

主催

株式会社ロゼッタ

過去開催のセミナー

2020
09/25(金)
16:00 〜 17:00
他のカテゴリから探す