TOP /  先端技術 /  クラウド翻訳のリスク(学習データに機密情報が使われてしまう)

クラウド翻訳のリスク(学習データに機密情報が使われてしまう) | 先端技術

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
メールアドレス


イベント内容


本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。
https://zoom.us/test
 
 

AI自動翻訳のニーズの高まり

ここ数年で、AI(人工知能)技術は急速に発展しており、自動翻訳の分野でも実用的なサービスが出てきています。

また、ビジネスのグローバル化に伴い、英語はもちろん中国語などの自動翻訳のニーズも高まっています。

クラウド翻訳のリスク(学習データに機密情報が使われてしまう)

多くの企業では、Google翻訳を始めとしたクラウド翻訳サービスを使われているケースも多いと思います。

しかし、機密情報を扱う場合、大きなリスクがあります。

実際に機密情報が学習データに取り込まれてしまい、第三者の翻訳結果として表示されてしまった事故がありました。

Premium T4OO のご紹介

本セミナーでは、上記のようなクラウド翻訳のリスクについて解説するとともに、医薬・化学・機械・IT・法務・金融など2,000分野の専門分野データベースを蓄積し、4,500以上の導入実績を持つAI自動翻訳 T-4OO を、認証連携やプライベート接続などと合わせてよりセキュアにご利用頂ける「Premium T4OO」についてご紹介させて頂きます。

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:40 クラウド翻訳のリスク(学習データに機密情報が使われてしまう)

16:40~17:00 質疑応答

主催

株式会社ロゼッタ

過去開催のセミナー

2020
09/25(金)
16:00 〜 17:00
他のカテゴリから探す