2021年05月12日開催
情報漏えいを防げ!リモートワークセキュリティ対策のお話 ~インシデント発生前に情シスが押さえておくべきポイントは?〜

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
メールアドレス

イベント内容

外部デバイス接続による情報漏えいのリスク

テレワークが普及し、社外への端末持ち出しが増えた企業も多いのではないでしょうか?
社外で業務を行う際にUSBメモリやカードリーダーなど私用デバイスを社用PCに接続することで、情報漏えいのリスクが高まります。

社外への端末持ち出し、外部デバイス紛失における課題は

社外で業務を行う上で、
・業務用端末の紛失による情報漏えい
・私用のUSBメモリ接続によるデータ盗難、マルウェア感染
というリスクがあります。社内と同じセキュリティ一ポリシーで運用していることが1つの原因と言えます。
社内外で異なるポリシーを設定し、テレワーク時の情報保護を強化するにはどうすればよいのでしょうか?

テレワーク下でも安全に外部デバイスを運用するには?

本セミナーでは、テレワークで社外に端末を持ち出すリスクや、外部デバイスの管理・制御の考え方を解説します。外部デバイス制御機能、BitLocker管理機能などを有する「MCore」の機能紹介と製品デモも行います。

こんな人にオススメ

社員のUSBメモリ利用を制御できずに困っている
端末に接続できるUSBと接続できないUSBの管理が煩雑になっている
業務形態の特性上、社外に端末持ち出しが必須だが、セキュリティ強化と運用効率化の両立ができていない

プログラム 

13:45~14:00 受付

14:00~14:40 情報漏えいを防げ!リモートワークセキュリティ対策のお話 ~インシデント発生前に情シスが押さえておくべきポイントは?〜

・テレワーク、在宅勤務中のIT資産管理の課題
・MCoreで実現できるPCセキュリティ対策

14:40~15:00 質疑応答

主催

住友電工情報システム株式会社