07月21日開催のウェビナー動画・資料公開ページ
JavaVMのガベージコレクション*をなくす

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
所属部署
役職
電話番号
メールアドレス

イベント内容

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

扱うデータ量が右肩上がりで増加、DXやクラウド利用促進によりさらに加速

ITの発達とともにデジタルデータの総量は右肩上がりで増え続けています。さらに昨今では、企業のDX推進やクラウドの利用促進により、データ量の増加がさらに加速しています。

増加したデータの処理にJavaアプリの性能が追いつかない

しかしながら、処理対象となるデータ量が増えてきたことで、Javaアプリでは性能が追いつかず処理しきれないという問題が起きています。アプリの処理が遅いと顧客体験が悪化し、顧客が離れてしまうリスクが高まります。

性能劣化の要因は、やはりガベージコレクション

Javaアプリを遅くしている一番の要因は、業界内で古くから言われてきた通りガベージコレクションにあります。ガベージコレクションは、プログラムがアクセスするメモリ領域を動的に確保・解放してくれる便利な機能ではあるものの、アプリのパフォーマンスを低下させるという欠点を抱えています。

ガベージコレクションによる遅延なくすことでコードを修正することなく性能改善を実現

本セミナーでは、ガベージコレクション遅延をなくすことによって、コード修正など既存のJavaアプリの構造に手を加えることなく、低コストで簡単にJavaアプリの性能改善を実現する方法を紹介します。
Azul Systems社が提供するJava開発プラットフォーム「Azul Platform Prime」についても紹介しますので、ぜひご参加ください。

プログラム

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 JavaVMのガベージコレクションをなくす

10:45~11:00 質疑応答

主催

Azul Systems, Inc

過去開催のセミナー