11月26日開催のウェビナー動画・資料公開ページ
「DXに取り組む」「ワークスタイルを変革する」とは、具体的にはどういうことなのか? 米国の最新の状況とDX事例、CTC情報システム部における取り組みと今後の構想を解説

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
メールアドレス

イベント内容

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。
https://zoom.us/test
 
 

「ニューノーマル」で加速する、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みやワークスタイル変革

 
「デジタルトランスフォーメーション(DX)」や「働き方改革」は数多くの企業において経営課題として認識されており、取組が進められてきました。
 
一方、昨今のコロナ事情による厳しい経済環境下において、DXならびに企業のIT戦略自体や、ワークスタイルも、ニューノーマルに対応した見直しを図ると同時に、状況に応じた対応が必要になると考えております。
 
 

具体的には何をすればよいのか?

 
「DX」「ワークスタイル変革」などは、キーワードとしてはよく目にします。
しかしその定義はあいまいで、人によって解釈に違いもあります。
従って、自社の業務や戦略と関連付けて、「自分事」として考えることができている方は、少ないのではないでしょうか。
 
 

COVID-19環境下における今のアメリカの状況と、生き残りのために不可欠になっているDXの事例

 
 
CTCではDXへの取組として、コロナ禍の現在、アフターコロナそしてその先も見据えた形でのソリューション展開のご支援と共に、事業そのもののデジタル化、およびそのためのヒントを得るためにも有用な最新のアメリカにおけるDXの状況の把握と協業を強化してきました。
 
そこで今回、現地より直接アメリカの最新状況とその事例をご紹介します。
 
 

CTC情報システム部のこれまでの対応、今後の構想を、包み隠さずご紹介

 
また、CTCが国内にて、セキュリティと利便性を最大限に意識して整えてきたコンセプトとIT導入実績のご紹介、コロナ禍で実施した対応、今後の構想に至るまで、情報システム部門の取り組みを包み隠さずお伝えいたします。
 
DXのみならず、北米に拠点をお持ちのお客様や、今後進出をご検討されるお客様におかれましては、社内インフラを含めたシステム環境改善の一助となりますと幸いです。
 
 

プログラム

09:30 受付開始

10:00~10:10 ごあいさつ

 

10:10~10:40 CTCのCOVID-19環境下におけるDXの取組と事例紹介

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エンタープライズビジネス企画室プロダクトビジネス推進部
稲吉英宗
 
コロナ禍の現在、アフターコロナそしてその先を見据えた形で既存の企業情報システムをアップデートしていくのと同時に、さらに新たな形で事業をデジタル化していく必要があります。そのような状況下におけるCTCのDXの取組とその事例をご紹介します。
 

10:40~11:10 アメリカにおけるDX事例紹介

ITOCHU Techno-Solutions America, Inc.
シニア事業開発マネージャー
高橋紘樹
 
COVID-19環境下における今のアメリカの状況と、そのような状況下において生き残りのために不可欠になっているDXの事例をご紹介します。
 
 

11:10~11:50 CTCの情報システム部⾧が語る:「ワークモデル改革」で実現するCTC社内働き方改革IT事例構築事例

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
情報システム部部⾧/エグゼクティブエンジニア
永田孝哉
 
CTCの社内IT基盤は、過去より働き方改革を意識し進化し続けてきております。このコロナ禍においても日々の取り組みが活かされており、大きく戸惑う事なく従業員の働き方を支えているものと考えております。本講演では、セキュリティと利便性を最大限に意識して整えてきたコンセプトとIT導入実績のご紹介、コロナ禍で実施した対応、今後の構想に至るまで、情報システム部門の取り組みを包み隠さずお伝えいたします
 

11:50~12:00 質疑応答

 
 

主催

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社