2020年09月30日開催
テレワークにおける、Windowsリモートデスクトップの問題点

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
メールアドレス

イベント内容

本セミナーは、Webセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。
https://zoom.us/test

企業は本格的なテレワークの推進に取り組む

新型コロナウイルスの感染対策は、長期戦になります。
緊急事態宣言時、企業は暫定的なテレワーク環境の構築を行いました。
現在は、より本格的で恒久的なテレワーク環境の構築が求められています。

テレワークにおける、Windowsリモートデスクトップの問題点

自宅などから社内システムに接続する手段として、暫定的にWindowsリモートデスクトップを使っているケースも多いと思います。
しかし、Windowsリモートデスクトップには以下のような問題があります。

VPNが必要(VPNはトラフィック集中によるレスポンス低下や、セキュリティの問題が指摘されている)

グローバルIPアドレスが台数分必要

自宅の端末がMacの場合、会社の端末がMacの場合に対応できない

特にVPNについては、最近もIPアドレスや暗証番号が漏洩するなど、事故が続いています。

よりセキュアに、より簡単にリモート接続するために

本セミナーでは、Windowsリモートデスクトップの問題点について解説するとともに、VPN不要で、Macにも対応したリモートアクセスツール「ThinLinc」をデモを交えてご紹介します。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:40 テレワークにおける、Windowsリモートデスクトップの問題点と、「ThinLinc」の紹介

(プレゼン内容)
・Windowsでスプトップの問題点
・VPN不要で、Macにも対応したリモートアクセスツール「ThinLinc」の紹介
・デモンストレーション

13:40~14:00 質疑応答

主催

株式会社ヒューリンクス