08月31日開催のウェビナー動画・資料公開ページ
【製造業向け】「製品を高付加価値化するアフターサービスを自社リソースでは対応しきれない」課題をどう解決するか?〜24/365、全国展開サポート、AIチャットボットなど総合アウトソーシングの選択肢〜

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
所属部署
役職
電話番号
メールアドレス

イベント内容

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

不確実性の高い環境下で、より高付加価値なサービスが求められる

労働人口の減少、新型コロナウィルスの長期化、米中貿易摩擦などの問題がグローバルに深刻化しています。10年前に誰も想像できなかったことが相次ぎ、ビジネスにおいても不確実性が高まり続けています。
一方で、DXやデジタル技術の革新により、ユーザーが求めるサービスへの期待値も上昇。企業は、付加価値の高いサービスへと革新が迫られています。

ヘルプデスク・保守・点検など「アフターサービス」が競争優位性に

顧客から支持される差別化要素として「アフターサービス」の重要性が高まっています。
東京商工会議所が実施した中小企業の経営課題に関するアンケートによると、売上拡大に向け今後注力したい取り組みの上位3位は「既存製品・サービスの高付加価値化」「顧客ニーズに対する細やかな対応」「営業・販売体制の見直し・強化」となっており、多くの中小企業が高付加価値化に向けた取り組みを重視していることが分かります。

オンサイト保守、サービスデスク、リモート監視…保守サービス対応の限界

しかしながら、自社でオンサイト保守やサービスデスクを運用する場合、コストと人的リソースの負担が非常に大きくなります。
・リモートでのサービスデスクは設置しているが、全国の現場にサービスエンジニアが足を運べない
・カスタマーサポートの24時間365日対応はできない
・デジタル人材が確保できず、サービスの品質とスピードが上がらない
・アフターサービスを強化・多様化したいが、社内のリソースでは実現が難しい
といった課題を持つ企業も多いのではないでしょうか?

自社でリソースを調達せず、「アウトソーシング」でアフターサービス強化をする方法

本セミナーでは、自社リソースを使わずにサービスデスクや全国展開のオンサイト保守、AIチャットボットといったマルチアフターサービスを実現する方法を解説します。現在、サービスデスクを運用しているが改善をしたい、サービス範囲を拡大したいといった製造業のカスタマーサポートや事業責任者様におすすめのセミナーです。

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ )

14:05~14:40 アフターサービスを自社リソースで対応しきれない課題をどう解決するか?

・日本企業を取り巻くビジネス環境の変化
・アフターサービスの意義、現状の課題
・JBサービスが提供する「マルチアフターサービス」とは?ユースケース、導入事例の紹介
・導入までの流れ、WEB個別相談会のご案内

14:40~15:00 質疑応答

主催

JBサービス株式会社

個人情報のお取り扱いについて
https://www.jbsvc.co.jp/privacy1.html
※お申込みいただいた方は、プライバシーポリシーに同意頂いたとみなします。