TOP /  ビジネス /  ウィズコロナ時代のオンラインスクール運営に求められるシステムとは?(カスタマイズ性、コストなど) 〜各種スクール運営者向けDX〜

ウィズコロナ時代のオンラインスクール運営に求められるシステムとは?(カスタマイズ性、コストなど) 〜各種スクール運営者向けDX〜 | ビジネス

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
所属部署
役  職
電話番号
メールアドレス


イベント内容


コロナ長期化影響で、リモートレッスンがスタンダードに

教育業界でも加速するDX(デジタルトランスフォーメーション)と新型コロナウィルスの影響長期化を受けて、
習い事教室を含む各種スクールの多くがオンラインレッスンに移行しています。

エキテンを運営する株式会社デザインワン・ジャパンの2020年8月の調査結果では、
全国の中小店舗経営者のうち約26%がオンラインレッスンを実施していると回答。
そのうち75%が今後もオンラインレッスンを継続すると意思表明をしています。
( 参照:https://kyodonewsprwire.jp/release/202008173175 )

実際にレッスンのオンライン化を実現するには
どのような壁があるのか気になるところではないでしょうか?

オンライン移行に伴うスクールの課題とスクール管理システム

従来、店舗形態でスクールを運営していた事業者の大きな悩みは、
オンライン運営を開始するためのインフラ整備です。
前述のエキテンの調査結果でもオンラインレッスン開始後のボトルネックとして
「PC操作が不慣れ」「ネット環境の整備」などのIT環境やリテラシーに関する不安が上位を占めています。

講師側は、レッスン配信、出欠の管理、受講生の管理など
運営側は、 講座管理、講師管理、スケジュール管理、会費管理など
様々な準備が必要になります。
これまでExcelファイルで管理されていた台帳や、電話受付対応の維持には手間がかかります。
スクールが大きくなるほど、バックヤードの手間が増え、運営が機能しなくなるリスクもあるでしょう。

オンライン化に伴う運営の課題に対し、スクール管理システムができることはどんなことでしょう。
オンライン化をこれから始める事業者様向けに、本日はまず以下のご案内させていただきます。

・オンラインレッスンを開講するために必要なこと
・オンライン化は複雑な運用をシンプルにするDX化のチャンス
・スクール管理システムを導入するメリットと注意点
これらを踏まえた上で、どのようにシステムを利用してスクールを運用すれば良いのでしょうか。

スクール管理システム【マイクラスリモートシステム】【マイクラス】とは?

本セミナーでは、低コストで誰でも簡単に設定ができるスクール管理システム「マイクラスリモート」を活用した
オンラインスクール運営の進め方を、事例を交えながらご紹介いたします。
柔軟なカスタマイズや保守サポートが必要な企業さま向けに「マイクラス」の機能、活用事例も併せてご紹介いたします。

こんな人におすすめ

・オンラインレッスンを導入したいが、とにかく低コストに抑えたい
・誰でもわかるシンプルな管理画面のシステムを探している
・教室によってルールが異なるため、しっかりカスタマイズと機能改修できる管理システムを探している

プログラム 

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:40 ウィズコロナ時代のオンラインスクール運営に求められるシステムとは?(カスタマイズ性、コストなど)〜各種スクール運営者向けDX〜

講演内容
・ウィズコロナ時代にスクール運営を取り巻く環境
・これから求められるスクール管理システムとは?
・マイクラスリモート、マイクラスの製品紹介・デモ

13:40~14:00 質疑応答

主催

株式会社メディアシーク

過去開催のセミナー

他のカテゴリから探す