01月25日開催のウェビナー動画・資料公開ページ
AI-OCR導入のトータルコストはどのくらい? 設定サポート、RPA連携、社内教育などの付随する費用も解説!!

現在このセミナーの募集は締め切っています。
動画や資料については、 2月24日 公開予定です。
しばらくお待ち下さい。
※セミナーによっては、部分的な公開、または公開できないケースもあります。ご了承ください。

イベント内容

Teamsオンラインセミナー

本セミナーは、オンラインセミナーです。
ツールはTeamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

こんなお悩みはありませんか?

長期化するコロナウイルスの影響、DX化への意識の高まりにより、テレワークの実施など働き方が大きく変化しました。
一方で、製造業や物流、バックオフィスなど紙帳票を多く扱う業界・部門では、
紙帳票への対応業務によって出社せざるを得ず、テレワーク及び業務効率化の課題となっているとの声が多く見受けられます。

この課題を解決する方法の1つがAI-OCR!!

ですが…
「インターネットの情報では、実際いくらかかるか分かりづらい」
「低コストで導入しても効果が出ないのではないか」
「使い方のレクチャーや技術サポートにかかるコストが見えない」

と、費用面の不安から導入検討を躊躇している方もおられるのではないでしょうか。

本セミナーでは、AI-OCR導入の代表的なケースに即した費用感をご説明いたします。

4つの利用ケースで比較~費用感とその効果~

AI-OCRは業務自動化の一つの手段でしかありません。
設定サポートやほかの製品と組み合わせることにより、AI-OCRの効果を最大化、そして業務全体の効率化につながります。
今回は主に4つのケースでの導入ステップと費用感を解説します。

1)AI-OCR導入のみで解決
2)AI-OCR導入と設定サポートで解決
3)AI-OCR導入と設定サポート、RPA連携で解決
4)AI-OCRとスキャナ導入、VBA連携で解決

ミライト情報システムの豊富な製品導入技術サポート実績をもとに、効果的な投資をいただくためのヒントをご説明いたします。

こんな方におすすめ

AI-OCR導入費用、ランニング費用の詳細が知りたい方
・導入にかかわるサポート・教育など含めたイニシャルコストを知りたい方
・伝票入力業務の効率化を検討している方、または今後考えたい方
・AI-OCRの検討をしたことがあるが、導入に踏み切れなかった方

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00〜16:05 オープニング(マジセミ)

16:05~16:15 DXを取り巻く環境と、帳票読み取り・データ入力業務の現状(NTT東日本)

16:15~16:50 AI-OCR導入のトータルコストはどのくらい?(ミライト情報システム)

・OCR導入の費用相場解説
・こんなケースだといくらかかる?パターン別の費用感と効果
・MIS-OCR+WinActor&技術支援サービス紹介
・製品デモ

16:50〜17:00 質疑応答

【セミナー参加限定特典!】

・MIS-OCRお申込みで5万円分の技術者サービス(訪問サポート1日5万円相当)※先着10社まで

主催

東日本電信電話株式会社(プライバシー・ポリシー

共催

株式会社ミライト情報システム(プライバシー・ポリシー