07月30日開催のウェビナー動画・資料公開ページ
ゼロトラスト「超」入門 ~ゼロトラストの概要を初級・中級・上級の3段階で解説~

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
所属部署
役職
電話番号
メールアドレス

イベント内容

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

ゼロトラストとは?

クラウドサービスやテレワークの普及により、「インターネットは危険」「社内ネットワークは安全」という考え方は通用しなくなりました。

これにより、F/WやVPNなどを中心とした従来の「境界型防御」では、企業のセキュリティを確保できなくなっています。

代わりに注目されているのが「ゼロトラスト」です。
しかしその考え方は難しく、導入も簡単ではありません。

ゼロトラストの概要を初級・中級・上級の3段階で解説

そこで本セミナーでは、ゼロトラストの概要を初心者向けに、「初級」「中級」「上級」の3段階に整理。

それぞれの段階で必要な施策について、解りやすく解説します。

その上で具体的な事例やソリューションを解説

また、それを踏まえた上で、IT企業から具体的な事例やソリューションを紹介、解説致します。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:20 (基調講演)ゼロトラスト「超」入門

~ゼロトラストの概要を初級・中級・上級の3段階で解説~

マジセミ代表 寺田雄一

15:20~15:50 「クラウドファースト」の時代に信頼できるIT環境を築くには

エントラストジャパン株式会社 DPS事業本部、株式会社クライム

新型コロナウイルス感染拡大により、在宅勤務の必要性が高まる中、クラウド利用はかなりの重要性を帯びてきました。クラウドであってもコンプライアンス遵守は重要です。
そこで、信頼できる通信と信頼できない通信を判断でき、かつ、仮想基盤へのアクセスが簡単にできるEntrust(旧HyTrust)のCloudControlと、FIPS140-2取得済みで暗号鍵の保護および高度な暗号処理機能を持つハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM) を使用して、クラウドおよびオンプレミスでどのようにセキュリティを高め、コンプライアンス遵守を達成するかをご説明します。

15:50~16:20 CASB、SWG、ZTNAまでもカバーするセキュリティ・プラットフォーム

Netskope Japan株式会社
SE部 エバンジェリスト 白石 庸祐

ゼロトラストを目指す上で、「無理に色々なものを1つのベンダーで揃えようとしないこと」「とはいえ似たようなところは揃えた方が運用が楽」という点は重要です。
Netskopeは通信の可視化と制御、データの保護といった点を重要視し、1つのコンソールとエージェントで安全なクラウドとWebへのアクセス、社内リソースへのリモートアクセスを実現します。

16:20~16:35 ゼロトラストを実現するために重要な、SIEM、SOARとは

日本システムウエア株式会社
サービスソリューション事業本部 クラウドサービス事業部 サービスインテグレーション部 マネージャー
髙橋 憲太郎

セキュリティイベントの監視・分析・対応等の日々の運用・監視業務にかかる負荷の低減を実現する、SIEM、SOARをご紹介します。

16:35~16:45 質疑応答+クロージング

主催

マジセミ株式会社

協賛

エントラストジャパン株式会社