TOP /  先端技術 /  ようやく仮想通貨以外でも普及してきた、ブロックチェーンの国内事例解説 ~Amazonベストセラー1位『WHY BLOCKCHAIN』の著者、坪井大輔氏が登壇~

ようやく仮想通貨以外でも普及してきた、ブロックチェーンの国内事例解説 ~Amazonベストセラー1位『WHY BLOCKCHAIN』の著者、坪井大輔氏が登壇~ | 先端技術

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
メールアドレス


イベント内容


本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。
https://zoom.us/test

ようやく仮想通貨以外でも普及してきた、ブロックチェーン

「未来を変える技術」と言われているブロックチェーンですが、長らく仮想化通貨以外のユースケースが出てきませんでした。

しかし最近、ようやくビジネスでの活用事例が増えてきました。

Amazonベストセラー1位『WHY BLOCKCHAIN』の著者、坪井大輔氏が、ブロックチェーンの基礎から解説

本Webセミナーでは、Amazonベストセラー1位『WHY BLOCKCHAIN』の著者、坪井大輔氏が、まずブロックチェーンの概要や、技術的な背景、特徴、なぜブロックチェーンが必要とされているのか、などについて、分かりやすく解説します。

VNEXT HOLDINGSのブロックチェーン開発事例紹介

さらに、日本国内の事例を中心に、VNEXT HOLDINGSのブロックチェーン活用事例を多数ご紹介します。

サプライチェーンマネージメント

部品メーカーから、組み立て、販売、小売りまで、企業をまたがっての様々な記録や履歴の共有、トレーサビリティなど、これまで紙ベースで行っていた業務をブロックチェーンで実現。

自動車の利用履歴

自動車生産、販売されてから、利用者が使っている状況(走行、事故、故障など)などの履歴を管理、他にも保険などについても一元管理し、共有。

食品のトレーサビリティ

生産、加工及び流通のそれぞれの段階を通じて、食品の移動の履歴を全て記録。消費者の安全・安心な食品の選択を実現。

地域通貨、組織内通貨

仮想通過の応用として地域通貨や組織内通貨を実現。キャッシュレスを推進し、新型コロナウイルス対策拡大防止に貢献。

NFTトークンによるゲームアイテム、デジタルコンテンツの管理

ゲームアイテム、デジタルコンテンツなどをNFTトークンとして発行することで、簡単に低コストでユーザーに分配し、ユーザー同士で簡単に売買。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:10 オープニング

15:10~15:45 WHY BLOCKCHAIN

株式会社INDETAIL 代表取締役 CEO 坪井大輔

(プロフィール)
北海道のシリアルアントレプレナー。2009年起業、ゲームと開発で年商10億円以上。2019年2事業を13億で一部上場企業へ売却。ブロックチェーンに集中。ベトナム在住しつつ、東京/札幌/海外などで活躍。

15:45~16:20 ブロックチェーンの国内事例

VNEXT HOLDINGS株式会社 グエン テイ タオ

(プロフィール)
2000年、国費留学生として来日、一橋大学商学部/MBA卒業。2006年、エヌエヌ生命保険入社、ファイナンシャルエンジニアリング、リスク管理、投資戦略等の業務担当。2018年 VNEXT HOLDINGS入社、ブロックチェーンビジネスデベロップメント責任者。

16:20~16:30 質疑応答

主催(共催)

株式会社INDETAIL
VNEXT JAPAN株式会社

過去開催のセミナー

他のカテゴリから探す