ビジネス・経営
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

情報ガバナンス、適切な対応を取られていますか? ~欧米・アジアの企業の実践例を踏まえ解説~

3.8Hyland Japan GK

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

本セミナーは、2023年 09月 12日(火)に開催したものと同じ内容です。



情報ガバナンスの重要性

在宅勤務やペーパレス化への取り組みなどにより、文書は従来の紙文書から電子文書へと変遷しております。また動画、画像、音声などを含め情報量も大幅に増加しています。

・必要な情報をすぐに探し出すことができない ・組織ごとに文書管理の視点や方法が違っており、全体の管理ができていない ・人事異動や組織変更により管理方法が変わったが、過去のやり方が残ってしまっている

こうしたリスクが顕在化すると、生産性が損なわれるだけではなく、セキュリティ面や紛失のリスク、訴訟対応リスクなども大きな課題となってきます。そのために重要となるのが、情報ガバナンスの構築です。

グローバル市場における最新動向

ウェビナーの中では、情報ガバナンスの構築について、グローバル視点での最新動向を解説いたします。 欧米やアジアの企業がどのような課題を持っているのか、またその課題をどのように解決し、生産性を向上させたのかといった事例もあわせてご紹介いたします。

情報ガバナンス構築を実現する具体的なノウハウ

こうした最新動向を踏まえたうえで、どのように情報ガバナンスの構築を進めていけばよいかもウェビナー中で解説いたします。また具体的な手段の一つとして「Alfresco」を活用した実践例をご紹介いたします。 情報ガバナンスの構築をどうやって実現するのか、その具体的なノウハウを取り入れたい方におすすめの内容です。

プログラム

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 情報ガバナンス、適切な対応を取られていますか? ~欧米・アジアの企業の実践例を踏まえ解説~

10:45~11:00 質疑応答

主催

Hyland Japan GK (プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

【来年度の重要テーマは情シスDX】疲弊する情シスのノンコア業務はChatGPT/AI自動化で...

3.8OrangeOne株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

こんな人におすすめ

・新入社員や外注先の入れ替わりが多く、PC/アカウントの払い出し業務、問い合わせ対応などノンコア業務に忙殺され疲弊している。 ・新たなクラウド製品導入はますます増えていく事が予想されるが、人材が不足しており、対応工数はできるだけ減らしたい。 ・ITILはアカデミックすぎて、どのように実践適用すればよいかわかりづらい。ITILツールも使いにくい。

情シス部門が抱える問題点

オフィス回帰が進み、社員増加やクラウド製品の導入が増えていることで、 社内の問い合わせやアカウント払い出し業務など、社内ITサポート業務のリソースが逼迫しているといった企業が多いのではないでしょうか? 少人数の社員と外注先とで業務を回していても、情シス担当がコア業務に専念できずに疲弊してしまい、部門が破綻するリスクがあると言えます。

サービスデスクツール/ITILツールの課題

こうした課題を解決すべく、サービスデスクツール/ITILツールを導入する企業が増えています。 これらを導入することで、情シスの人的リソース削減、情報共有とガバナンスの強化、リテラシーの向上などさまざまなメリットがあります。 一方で、下記のような課題がある方も多いのではないでしょうか? ・海外製のサービスデスクツールは操作性に問題がある。 ・サービスナウなどエンタープライズ向けツールは多機能だが、自社には高額すぎる。 ・ITIL準拠ツールは複雑すぎて使いにくい

「疲弊する情シス」の救世主 ChatGPT/AI自動化×ITIL・ISMS2022対応「Freshservice」

簡単、低コストで社内問合せの工数を自動的に削減できる世界2万社導入のFreshserviceに ChatGPT/AI自動化をプラスして実現する業務改革、その具体的な活用方法をぜひご覧ください。 疲弊しない情シスのポイントは、ChatGPT/AIの活用によるノンコア業務の自動化!効率化!なのです。 サービスデスクツール、ITILツールを導入したが上手くいかなかった方や、これからツール導入を検討中の方は、奮ってご参加ください。

プログラム 

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:40 【来年度の重要テーマは情シスDX】疲弊する情シスのノンコア業務はChatGPT/AI自動化で効率化

11:40~12:00 質疑応答

主催

OrangeOne株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

地域観光に不可欠な交通手段の効果的な導入方法 ~新たな交通手段と位置の可視化により、観光振興...

3.8SB C&S株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

国家アプローチとしての観光

観光立国の実現に関する基本的な計画として、新たな「観光立国推進基本計画」が令和5年3月31日に閣議決定されました。

観光立国の持続可能な形での復活に向け、観光の質的向上を象徴する「持続可能な観光」「消費額拡大」「地方誘客促進」の3つをキーワードに、 持続可能な観光地域づくり、インバウンド回復、国内交流拡大の3つの戦略に取り組むこととなっています。

注目される新たな観光体験

それにも関わらず、労働人口減少などによる公共交通の課題が取り沙汰されています。 そんな中、新しい移動の手段として世界中で電動キックボードの導入が進んでおり、 日本においても、電動キックボードは「持続可能な観光」「消費額拡大」「地方誘客促進」に取り組むことができるため、大きな期待を集めています。

改正道路交通法により導入しやすくなった電動キックボード

電動キックボードは、騒音や排気ガスが無く、置き場所に困らず、持ち運びも容易なことから、 自家用車や公共交通機関に課題を持つ地域や観光地で、「ラストワンマイル」のソリューションとして注目を集めており、 原付バイクと同様の規制から、特定小型原付という新たなカテゴリーで規制緩和することになり、 2023年7月1日に道路交通法が改正され、さらなる市場拡大が見込まれます。

◆主な道路交通法の改正点◆ ・運転に免許が不要 ・自転車道、路側帯、特定の条件下での歩道通行が可能 ・ヘルメット装着が努力義務

市場拡大に向け、地域経済の活性化や、新しいビジネスモデルなど、新たな価値創造に向けた取り組みが求められています。

ヒトとモノの位置を可視化して、電動キックボードに「新たな付加価値」を提供する

本セミナーでは、ヒトやモノの位置をピタッと表示するGPSトラッカー「GeoPita(ジオピタ)」を通じて、 電動キックボードを活用した新たなビジネスモデルの創出を支援する、最新のGPS/IoT事例を詳しく解説いたします。

「GeoPita」はヒトやモノの位置情報や稼働状況を一括管理するクラウドサービスです。

電動キックボードにGeoPitaを取り付けることにより、観光客の移動経路を記録し、その行動パターンを分析することが可能となります。

多機能な管理オプションとともに、収集したデータをさまざまな外部サービスと連携させることができます。

これにより、観光地での人流の移動傾向を踏まえた観光振興策の立案、効果的なイベント/プロモーション、 新たなビジネスチャンスの創出までも行うことが可能になります。

電動キックボードを活用した新たなサービスを検討されている方、 地域の活性化のアイデアを検討している方、 位置情報データの利活用に関心のある方、などに特におすすめです。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 地域観光に不可欠な交通手段の効果的な導入方法

14:45~15:00 質疑応答

主催

SB C&S株式会社 (プライバシー・ポリシー

共催

株式会社IoTBank(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

【楽天の様々なサービスで活用中】電話やメール以外のSMSアプローチを活用して顧客接点を強化

3.0楽天モバイル株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

電話やメールだけでは顧客と十分に繋がれない時代

顧客のサポートやプロモーションを行う際、電話やメールといったコミュニケーション手法を採用している企業が多く見られます。 しかし、電話を嫌う方も増えてきていたり、メールは開封されない・メールアドレスをそもそも利用していないなどのことから、これまでと比べ顧客接点としての働きは弱まっていると言えます。

カスタマーサポートやプロモーションで求められる顧客接点の強化

そういった中で、よりサポートの質や満足度を向上させたり、効果的なプロモーションを実施したいという思いから、顧客接点を強化したいとお考えの方も多いのではないでしょうか? 顧客接点を強化させる手法には、様々なものが考えられ、その難易度も千差万別です。 例えば自社メディアの運営やソーシャルメディアの運用などは、成果が出るまでに時間がかかったり、制作や運用に工数がかかってしまうことがネックになります。 こうした状況を踏まえ、本ウェビナーではSMSを活用した顧客接点の強化について解説いたします。

楽天モバイルの事例を踏まえたSMSの活用方法

楽天グループでもSMSの活用を推進しており、ウェビナーの中では実際の事例も踏まえた活用方法を解説いたします。 また、楽天グループだからこそ活用できる楽天ポイントを絡めた施策のご紹介や、様々なケースで活用できるヒントもお伝えさせていただきます。 BtoCのサービスを運営されていて、日々多くの顧客との接点を持つ方に特におすすめの内容です。

プログラム

11:45~12:00 受付

12:00~12:05 オープニング(マジセミ)

12:05~12:45 【楽天の様々なサービスで活用中】電話やメール以外のSMSアプローチを活用して顧客接点を強化

12:45~13:00 質疑応答

主催

楽天モバイル株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

製造業向け 長年愛用した機械の修理を受けられない、メーカーがサポート終了した機械を使い続けた...

3.5機械修理ドットコム合同会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

製造業でも従業員の高齢化、人手不足でメンテナンススタッフの採用・教育が困難

製造業の多くの企業で従業員の高齢化が問題になっており、人手不足の影響は、製造機械のメンテナンスにも影響が出ています。社内で保全スタッフを育成しても、早期に転職されてしまうと、別のスタッフを一から育成しなくてはなりません。社外に協力会社を探そうとしても、そのような企業でも熟練エンジニアの高齢化によって、新規のメンテナンスを引き受けてもらえないことも。

長年愛用してきた機械を使い続けたいが、メーカーのサポートが終了。メンテナンス、修理を引き受けてくれる業者がみつからない

製造現場で長年愛用してきた機械が、メーカーのサポート終了などでメンテナンスが受けられない状況に陥るケースが増えています。海外メーカーなどで交換部品の調達が困難であったり、オリジナルの生産設備の場合などでも、メンテナンス・修理を引き受けてくれる業者がなかなか見つからず、頭を悩ませている企業が少なくないのが実状です。

専門技術を持つ機械修理のプロと繋がる方法とは。豊富な実績からわかりやすく解説

製造業が扱う機械は多岐にわたり、専門技術が必要となりますが、そのような業者を一から自社で探すのは困難です。また、複数の工場を持っている場合などに、その都度業者の選定を実施するのは手間がかかります。定期メンテナンスや修理依頼の窓口を一つにまとめる解決方法を豊富な実績を交えて、わかりやすく解説いたします。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 製造業向け 長年愛用した機械の修理を受けられない、メーカーがサポート終了した機械を使い続けたい ~不具合調査・修理から、定期メンテナンスまで、すぐに駆け付けてくれる機械修理のプロと繋がるためには~

15:45~16:00 質疑応答

主催

機械修理ドットコム合同会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

「サステナブルへの対応、何をすべきか?」を学ぶ、SDGsワークショップのご紹介 ESGの最新...

3.7株式会社NOLTYプランナーズ

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

SDGsへの対応が組織にもたらすメリット

SDGsの理念や活動が世間一般にも浸透してきており、SDGsがなんとなくどういうものかを知っているという方が増えてきています。 企業価値やブランド力の向上、ビジネスリスク回避、SDGsへの取り組みを通したイノベーションの創出など、 取り組みを行う目的や期待するメリットは多種多様なものが存在しています。

具体的な事業に活かす難しさ

一方で、下記のような悩みを抱える企業が多いのも実状です。 ・サステナブルといっても企業として何を行えばよいかわからない ・社内への意識の浸透方法が思うように進まない ・主導できるような人材がいない、SDGsのリテラシーが高くない

社員の目線を揃え、具体的な事業に活かすワークショップ

本ウェビナーでは、このような課題を解決する一つの手段として、SDGsワークショップ「NOLTYサステナ」をご紹介いたします。

コンサルでも、研修でもない「ワークショップ」という形は、SDGsに取り組み始めた企業の「はじめの一歩」や、 取り組みが停滞している企業の「潤滑油」として効果的です。

その大きな特長として、ワークショップ前に綿密なお打ち合わせを実施したうえで、 各企業の状況やお悩みのポイントに合わせて、実施するワークの内容をカスタマイズしてご提供する点が挙げられます。 また、体験された方からは、完全オリジナルの専用ノートや、「対話」を組み込んだワークショップによるSDGsの自分ごと化で、 意識や行動の変化が生まれたとのお声を多くいただいています。

実際のファシリテーターが事例やトレンドをご紹介

ウェビナー内では、お客様から実際に多く聞かれるお悩みやワークショップの活用事例について、 現場でファシリテーターを務める専門人材がお話します。 また、ESGの最新トレンドなどについてもご紹介します。

サステナビリティ推進のご担当者様や、経営企画に携わる方に特におすすめの内容です。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 「サステナブルへの対応、何をすべきか?」を学ぶ、SDGsワークショップのご紹介~ESGの最新トレンドから従業員の意識浸透・行動変容を促すアイディアまで~

11:45~12:00 質疑応答

主催

株式会社NOLTYプランナーズ(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

いま製造業が求めるレジリエントな工場ITとOT環境を提供すること ~サイバープロテクションで...

3.7アクロニス・ジャパン株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

本セミナーは、OT事業者、産業PC販売店、SIer、IT機器事業者でITサポートビジネスを業務されている、またはこれから検討される企業の方が対象です。エンドユーザー企業の方は、お申込みをお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

上記以外の企業・組織の方は、ぜひ、11月28日開催「ソリューションが乱立するランサムウェア対策、自社は結局何をすればいい? 〜ランサムウェア対策の全体像と対策の見極めどころを解説〜」へのご参加をご検討ください。

サイバー攻撃のターゲットとなる製造業の実態

日本の製造業は、従来のオートメーションの時代から、インダストリー4.0、DX (デジタルトランスフォーメーション)、デジタルツインの時代へとパラダイムをシフトしてきています。 これに伴い、製造業のIT/OTをターゲットにするサイバー犯罪者とその領域も拡大し、サイバー脅威も増加しています。 また、警察庁が発表した「令和4年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」でも、ランサムウェア被害を受けた国内企業の3割が製造業であり、製造業を取り巻くサイバー脅威のリスクが浮き彫りになっています。

製造業におけるデータ保護とセキュリティリスク

製造業では、重要なデータのインテグリティ、機密性、有用性を脅かすリスクや脅威に面しています。 重要なデータとは、製品仕様、生産データ、サプライチェーンの情報、顧客の記録等です。 また、製造現場で活用しているオートメーションコントローラをはじめとするOTシステムも攻撃対象となります。 特にOTシステムやコントローラは、プロダクトライフサイクルが長く7年から10年といったものもざらにあります。 その中でも、サポートの終了したOSやセキュリティベンダーのサポートが終了したHWが侵害の入り口に悪用されるケースがあります。

いま求められる製造業向けサイバープロテクションでサービス事業領域の拡大

これらのリスクを軽減するために、製造現場では、定期的なデータのバックアップ、安全なストレージ、アクセス制御、暗号化、従業員トレーニング、サイバーセキュリティ対策、災害復旧計画など、堅牢なデータ保護対策の導入が求められています。 特に、中規模/小規模製造事業者では、専任のIT運用管理者が居なかったり、現場でIT/OTにかかわる作業員の配備がないことも多く、トラステッドアドバイザーによる運用・管理サービスの需要が高まっています。 アクロニスのソリューションでIT/OT向けサイバープロテクションサービス事業を始めませんか。

講演プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:55 いま製造業が求めるレジリエントな工場ITとOT環境を提供すること

        ~サイバープロテクションで工場の計画外停止を防止し稼働率Upを支援する事業チャンス?~

土居様_集客ページ用登壇者写真.png 土居 浩(どい ひろし)【アクロニス・ジャパン株式会社 プロダクトマーケティングマネージャー】 最新サイバー犯罪の傾向と監視、調査分析するアクロニスのCyber Protection Operation Centers (CPOC) 発行のサイバー脅威レポートから最新のサイバー脅威の状況と、製造業向けサイバープロテクションによるIT / OT環境保護ソリューションによるアジャイルな復旧を可能にするソリューションを紹介します。いま製造業が求めるレジリエントな工場ITとOT環境の提供により工場の計画外停止を防止し稼働率Upを支援する事業チャンスについてご覧ください。

15:55~16:00 質疑応答

主催

アクロニス・ジャパン株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

データドリブンを実現するために脱スクラッチ&脱エクセルを目指すべきか?【前編】 ~『データ連...

3.5株式会社アイ・エス・アイソフトウェアー

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

今後のデジタル基盤の構築において、脱スクラッチ&脱エクセルは必須なのか?

多くの企業において、「自社独自の運用」がパッケージソフトウェアに合わず、スクラッチ開発のシステムや、 複雑な関数&マクロが組み込まれたエクセルを、利用せざるを得ない状況が見られます。

一方で、こうした仕組みは、属人化やブラックボックス化を招きやすいと言われます。 かつ、社内に新たに導入されたサービスやシステムとの連携が難しいことが多く、 他のシステムから孤立してしまうことで、多重入力等の手作業を増加させるほか、データの利活用を妨げます。

こうした、連携不足による課題を解消するために、いま、何を”変える”べきなのでしょうか。

データドリブンは”ノーコードツール”&”伴走型サポート”で、すばやく実現する!

本セミナーでは、データ連携ツール『ASTERIA Warp』を活用し、 データドリブンを実現するデジタル基盤を、『ノーコード』ですばやく簡単に構築するためのアイデアを アイ・エス・アイソフトウェアーの現役SEが共有します。 また、「ノーコードツールとはいえ人材を確保できない」といった課題に対して、『伴走型サポート』をご紹介いたします。 はじめての開発はITベンダーへ依頼し、自社はツールの運用からはじめることで、無理なく内製化を促進できます。

以下のような方に、是非おすすめしたいセミナーです:

・DXやデータドリブンを推進する社内プロジェクトのメンバーの方。 ・新しいシステムとレガシーなシステムとの連携を自動化・効率化したい方。 ・システムや業務の運用が、属人化・ブラックボックス化し、データの利活用が進まないとお悩みの方。 ・『ASTERIA Warp』のフロー開発をITベンダーへ依頼し、内製化を促進する方法を知りたい方。

※本セミナーは、前編・後編の全2回シリーズで、開催いたします。今回は、【前編】のご案内です。

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 データドリブンを実現するために、脱スクラッチ&脱エクセルを目指すべきか?【前編】~『データ連携ツール』を活用したデジタル基盤を構築し、サイロ化・属人化・ブラックボックス化を防ぐ~

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社アイ・エス・アイソフトウェアー(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

ITサポート事業と並行し、セキュリティサービスを自社ブランドとして販売する強みと必要性 ~「...

3.4アクロニス・ジャパン株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

本セミナーは、IT機器/PC販売/リース事業者でITサポート事業を行っている、またはこれから検討される企業の方が対象です。

上記以外の企業・組織の方は、ぜひ、10月25日に開催いたします、「ランサムウェア被害企業の87%が身代金を支払うも、復旧成功はわずか13%。巧妙化する攻撃の対策は? ~ 攻撃者が狙う要所を保護する最適な防御策を解説 ~」へのご参加をご検討ください。

ITサポート事業だけでは拡大が困難な現状

顧客企業のIT運用をサポートする現場では、複数顧客への対応やマルチベンダーサポートなど、つぎはぎだらけの状態での対応を余儀なくされています。 また、経験が豊富なメンバーの属人的な知識やノウハウが継承されないリスクも今後高まることが予測されます。 IT人材が潤沢に確保できる状況になれば、このような状況を回避することができるかもしれませんが、確保自体が困難な社会状況が続いています。

新規事業に取り組む際の弊害

このようなITサポート事業の現状から、新規事業を模索しているといった方もいらっしゃると思います。 しかし、新規事業に取り組もうとしても、以下のようなお悩みが発生している企業も多いのではないでしょうか? ・どのようなソリューションやサービスを取り扱えば良いかわからない ・新規の販路を開拓する余裕がない ・人材や予算がない

既存の体制でも負荷を抑えながら事業を拡大させるノウハウをご紹介

本ウェビナーでは、様々な問題を抱える中で自社の事業成長や継続、利益の拡大を達成するためのノウハウをご紹介いたします。 IT機器/PC販売/リース事業を行っており、特にIT運用支援ビジネスを展開している企業に向け、セキュリティサービスを自社ブランドで販売する強みや必要性をお伝えいたします。 セミナーを主催するAcronisは、顧客企業のIT運用支援ビジネスにおける課題への解決策として、統合型データ保護「Cyber Protection」プラットフォームを提供しています。また、「Acronis Cyber Protect」を中核とするIT運用代行ソリューションについて「Acronis Cyber Protect Cloudを採用して良かった」という具体的なパートナー企業の事例もご紹介します。 既存ビジネスに対する危機感を持たれている方は、ぜひご参加ください。

講演プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:30 ITサポート事業と並行し、セキュリティサービスを自社ブランドとして販売する強みと必要性 ~「チーム体制を変えずに」事業を拡大させたパートナー企業の事例を交え解説~

大橋様_集客ページ用登壇者写真.png

大橋 靖治(おおはし やすはる)【アクロニス・ジャパン株式会社 SPクラウド事業本部 パートナー開発統括部長】 DXというキーワードが世の中に出てから既に数年が経っており、成功事例もニュース等で出ております。その一方で中小企業においては未だにDX化が進んでいないという記事も多々見受けられます。 サイバー攻撃や災害に遭ってしまうと、DXへのROI(対投資効果)が下がりかねません。中小企業へのDX化推進を見据えて、業務継続の基盤であるデータ保護をご一緒に実現させましょう。

15:30~15:55 顧客のあらゆるITリスクに備える!バックアップ、セキュリティ、管理を総合した今話題の「サイバープロテクション」

佐野様_集客ページ用登壇者写真.png

佐野 雄也(さの ゆうや)【アクロニス・ジャパン株式会社 ソリューションエンジニア】 企業ITのリスクは、機器の故障、操作ミス、災害によるデータ喪失からランサムウェアをはじめとする巧妙なサイバー攻撃まで多様化しています。従来のバックアップやセキュリティソリューションの導入だけでは、企業の情報資産の保護と事業継続は困難になりつつあります。アクロニスの「バックアップ」、「セキュリティ」、「管理」を統合したAcronis Cyber Protect Cloudで実現する「サイバープロテクション」を紹介いたします。

15:55~16:00 質疑応答

主催

アクロニス・ジャパン株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る