営業マーケ

営業マーケ

Sales

営業マーケの課題を解決するウェビナー

コンテンツマーケティング、ウェビナー・Webセミナー、広告戦略などデジタルマーケティングから、商談・リード獲得、CRM/SFA、Salesforceなど営業関連のツール&ノウハウまで、法人・個人顧客獲得のためのウェビナーを検索できます。

Webサイト・コンテンツマーケティング
最新&人気ウェビナー

該当するセミナーはありません

Webサイト・コンテンツマーケティング
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

結局、何が変わった? UAとGA4の違い[最終版] 今年7月、ついに「完全停止」のGoogl...

0.0TOWN株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「kurojica.com」「town.biz」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

内容

昨年、Googleアナリティクス(UA)からGA4への移行に際して、 さまざまなウェビナーが開催されました。   皆さまも一度はご視聴されているのではないでしょうか?   ただ、その場では何となく分かった気になったとしても、 GA4の管理画面に入った瞬間…   『 UAにあったあのメニューってどこ行った?』 『 なんでUAとGA4のデータがずれるの?』 『 ディメンションって? 指標って?』 『 セッションってPV数のこと?』   『 あれ?結局のところUAとGA4って何が変わったのーーー??』   と、意外と本質的にも実務的にも 理解が進んでいなかったことに気付いた方も多かったはずです。   ◇   この度、いよいよデータの閲覧も含めて UAが “完全停止” となってしまう今年7月を目前に控え、 昨年11月に開催し大好評だった<UAとGA4の違い>に重きを置いたウェビナーを [最終版]として再開催させていただきます。   GA4の基本的な概念から、長く慣れ親しんだUAとの違い、 完全停止前にUAのデータをバックアップする方法まで、 7月までの間にマストで理解しておきたい内容を徹底解説いたします。   本ウェビナーのゴールは、 UAとGA4の違いの理解を深めてGA4をUA以上に活用できるようになること。   前回参加者からも 『 何となく理解していたGA4の変化の部分を明確に理解でき、大変勉強になりました!』 とコメントをいただいたGA4理解促進の集大成となるウェビナーです!     *Googleアナリティクスは、2023年7月にデータ収集が終了したものの、 それまでのデータは閲覧ができる状態でしたが、2024年7月にはその蓄積されていたデータの閲覧も含め すべてのサービスが完全停止となることが予定されています。

プログラム

第一部「GA4をUA以上に活用するために」

スマートスタイル・コンプレックス株式会社 代表取締役副社長兼COO 岡部 征爾   第二部「サーバー管理の重要性」

TOWN株式会社クロジカサーバー管理 セールスリーダー 鈴木 純一   質疑応答  

このような方へオススメ

下記のような課題や経験をお持ちの、中小企業の経営者、サイト担当者、マーケターにオススメです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □ GA4の記事や資料はたくさん見たけど、分かりやすいものは無かった □ GA4へ移行はできたものの、結局UAとの違いはよく分からない □ UA自体うまく使いこなせていなかったので、GA4は活用したい □ 過去のアクセス数やCV数が見られなくなってしまうのは困る □ 今後、昨年のデータを振り返る機会は出てくると思う ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ※同業(WEB制作会社)の方のご参加はお控えください

開催概要

<開催日時>2024年1月24日(水)14:00~15:00

<申込締切>2024年1月23日(火)12:30まで

<形式>Zoomウェビナー

<参加費>無料

<視聴用URL>前日・当日に主催企業よりお送りするメールにてご確認いただけます。 ※ 迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう場合がございますので、ご注意ください。 ※ オンラインイベントページは開始1時間前、Zoomは開始5分前より入室いただけます。  

注意事項

※ 本イベントは、Zoomにて実施いたします。事前にご準備をお願いいたします。 ※ 内容は、予告なく変更となる場合がございます。 ※ やむを得ずキャンセルされる場合には、お早めにご連絡ください。 ※ ご質問は随時チャットにて受付いたします。後半の質疑応答のお時間にピックアップさせていただきます。

主催

TOWN株式会社(プライバシー・ポリシー

共催

スマートスタイル・コンプレックス株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

いまさら聞けない、Webサイトからの離脱率を下げる方法 ~最新のWeb運用で求められる、UI...

3.8株式会社アイアクト

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

令和の時代におけるWeb運用のトレンド

ここ数年で、社会全体に影響するような大きな変化が多数起こり、令和の時代の価値観はめまぐるしく移り変わっています。 そのような状況の中で、働き方やビジネスの進め方にも大きな変化があったという方も多いのではないでしょうか? その変化は、ユーザーにも発生していると考えられ、会社のWebサイトの在り方も時代に適応させる必要性があります。 本ウェビナーでは、現代におけるWeb運用のトレンドをご紹介いたします。

時代に合わないWebサイト運用で発生する弊害

時代に合わないWebサイト運用を行うことで様々な弊害が考えられます。 例えば、ユーザーが内容を理解する前にサイトのUIが使いづらく、すぐに離脱してしまう・滞在時間が短くなってしまうといった事が挙げられます。 また、離脱率や離脱しているページなどが分からないと、そもそもユーザーがどのような行動をしているのかも把握できない状況に陥ってしまいます。

エンゲージメント向上・離脱率低下を実現するポイントとは

本ウェビナー後半では、Webサイト来訪者のエンゲージメントを向上させたい、最近サイト離脱率が上昇傾向にあるといったお悩みがある方に、 対応すべきポイントや具体的な対策をお伝えいたします。 UI/UX設計・CMS導入・GA分析といったポイントで課題を感じている方、これからWeb担当者になる方や課題がありリニューアルを行う必要がある方、 最新のWeb運用を知り自社のサイトを適応させていきたいとお考えの方におすすめの内容です。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 いまさら聞けない、Webサイトからの離脱率を下げる方法 ~最新のWeb運用で求められる、UI/UX設計・CMS導入・GA分析とは~

14:45~15:00 質疑応答

主催

株式会社アイアクト(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

結局、何が変わった? UAとGA4の違い

0.0TOWN株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「kurojica.com」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

内容

Googleアナリティクス(UA)からGA4への移行に関しては、 ホワイトペーパーやウェビナーなど、さまざまな情報が発信されていますが、

結局のところ、UAからGA4に移行して何が変わったの?

をイマイチ理解できていない担当者様も多いかと思います。   そこで本ウェビナーでは、

■UAとGA4の違い ■ GA4をUA以上に活用する方法 ■ UA時代のデータバックアップ方法

に重きを置いて解説。   GA4の基本的な概念、長く慣れ親しんだUAとの違い、などの理解を深めて、 GA4をUA以上に活用できるよう解説させていただきます。   また、特に3点目の「旧UA時代のデータバックアップ方法」については、 来年7月31日のUA閲覧不可になる前に対策を取っておかないと、 過去のデータが全く振り返れなくなってしまうため、必見の内容です。   ウェビナー後半では、Webサイトの運営に抜け漏れがちな、 サーバーの「アクセス集中対策」「セキュリティ対策」についても解説いたします。

第一部「GA4をUA以上に活用するために」

スマートスタイル・コンプレックス株式会社 代表取締役副社長兼COO 岡部 征爾

第二部「サーバー管理の重要性」

TOWN株式会社クロジカサーバー管理 セールスリーダー 鈴木 純一

質疑応答

このような方へオススメ

下記のような課題や経験をお持ちの、中小企業の経営者、サイト担当者、マーケターにオススメです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ GA4の記事や資料はたくさん見たけど、分かりやすいものは無かった ■GA4へ移行はできたものの、結局UAとの違いはよく分からない ■ UA自体うまく使いこなせていなかったので、GA4は活用したい ■ 過去のアクセス数やCV数が見られなくなってしまうのは困る ■ 今後、昨年のデータを振り返る機会は出てくると思う ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ※同業(WEB制作会社)の方のご参加はお控えください

開催概要

<開催日時>2023年11月29日(水)14:00~15:00

<申込締切>11月28日(火)12:30まで

<形式>Zoomウェビナー

<参加費>無料

<視聴用URL>前日・当日に主催企業よりお送りするメールにてご確認いただけます。 ※ 迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう場合がございますので、ご注意ください。 ※ オンラインイベントページは開始1時間前、Zoomは開始5分前より入室いただけます。

注意事項

※ 本イベントは、Zoomにて実施いたします。事前にご準備をお願いいたします。 ※ チケットは、お1人様1枚までとさせていただきます。 ※ 内容は、予告なく変更となる場合がございます。 ※ やむを得ずキャンセルされる場合には、お早めにご連絡ください。 ※ ご質問は随時チャットにて受付いたします。後半の質疑応答のお時間にピックアップさせていただきます。

主催

TOWN株式会社(プライバシー・ポリシー

共催

スマートスタイル・コンプレックス株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

専門知識や経験がなくてもSEOを内製化し、コスト削減できる方法を解説 ~IT導入補助金とツー...

3.5株式会社コンテライズ

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

Webマーケティングにおいて必須とも言えるSEO対策

インターネットが人々の生活に欠かせない現代において、多くの企業がWebマーケティングに取り組んでいます。 数あるWebマーケティングの施策の中でも、自社サービスの認知度アップやブランド力の向上、集客の増加のために行うSEO対策は必須とも言える状況です。

SEO対策の課題

しかし、SEO対策を行う中で、以下のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか? ・外注に委託しているがコストがかかり過ぎている ・改善を行いたいが自社に知見を持った社員がいない ・自社で運用しているが担当者の工数が圧迫されている ・実施していきたいと考えているが、何から始めれば良いかわからない

専門知識や経験がなくても実現できるSEOの内製化

本ウェビナーでは、このような課題を解消するためのツール「SEOanalyca」をご紹介いたします。 SEOanalycaは、SEOの専門知識や経験がない方でも、短期間で集客を最大化できるツールです。 その理由として、PDCAサイクルを回しながら運用改善を行いやすい点が挙げられます。 例えば、レポート機能においては、検索上位のサイトの定量的な分析を行う機能や、定性的に改善ポイントをテキストで通知してくれる機能を持っており、担当者の分析や検証の手間を大幅に削減しながら、成果の最大化を図れます。 その他、コストや工数削減・改善ポイントの分析のための多くの機能をウェビナーの中で解説いたします。 SEO対策に課題をお持ちの方や、内製化を実現したいとお考えの方に特におすすめの内容です。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 専門知識や経験がなくてもSEOを内製化し、コスト削減できる方法とは?〜コンテンツSEOの課題を解決する『SEOanalyca』〜

15:45~16:00 質疑応答

主催

株式会社コンテライズ(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

いまさら聞けない、Webサイトからの離脱率を下げる方法 ~最新のWeb運用で求められる、UI...

3.8株式会社アイアクト

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

時代の移り変わりにあなたの会社のWebサイトは適応できていますか?

ここ数年で、社会全体に影響するような大きな変化が多数起こり、令和の時代の価値観はめまぐるしく移り変わっています。 そのような状況の中で、働き方やビジネスの進め方にも大きな変化があったという方も多いのではないでしょうか? その変化は、ユーザーにも発生していると考えられ、会社のWebサイトの在り方も時代に適応させる必要性があります。 本ウェビナーでは、そうした時代の変化にあわせたWebサイトの在り方をご紹介いたします。

Webサイトの運用負荷・コストなどを軽減できるAI検索

また、AIの技術の進歩も著しく、一般の方でも気軽に扱える生成AI(ChatGPTなど)が登場するなど、AIが身近になってきています。 そうした中で、WebサイトにもAI検索を取り入れる企業が増えてきています。 ウェビナー後半では、これまでのサイト内検索で発生していた課題や、AI検索がそうした課題をどう解決できるのかをデモを交えて説明いたします。

エンゲージメント向上・離脱率低下を実現するポイントとは

Webサイト来訪者のエンゲージメントを向上させたい、最近サイト離脱率が上昇傾向にあるといったお悩みがある方に、 対応すべきポイントや具体的な対策をウェビナーの中でお伝えいたします。 これから、Web担当者になる方や課題がありリニューアルを行う必要がある方、最新のWeb運用を知り自社のサイトを適応させていきたいとお考えの方におすすめの内容です。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:25 【第一部】今の時代のWebのトレンドについて ポイントを押さえて分かりやすくご紹介

         担当しているWebが本当に時代に沿っているのか、自信がありますか? 時代が変化していく中で、          常にトレンドを追い続けるにはハードルが高い…令和の時代において、 Webサイトを作る際、          気を付けるべき点や 押さえるべきターゲットや構成のポイント、 CMSやGA4分析、          アクセシビリティ、セキュリティなど技術的に避けられない点などを わかりやすくご紹介いたします。

11:25~11:45 【第二部】離脱率が減る、エンゲージメントが上がる デモで確認できるAIサイト内検索の実力

         みなさまはお宝満載の自社のサイト内検索のログを見たことがありますか?          「あれ、この検索で正しいページが表示されてないぞ」という課題だけではなく、          「えっ、うちにこんなニーズがあるんだ」という発見があるのがサイト内検索のログです。          これまでの検索機能ではなかなか思い通りの検索ができず、サイト内検索はサブの機能でしたが、          AI検索の登場により、 劇的に環境が変わってきています。          例えば、サイトの離脱率が減った。 あるいは、GA4のエンゲージメントがあがったというような成果も。          本セッションでは、これまでの検索機能の課題とAI検索の実力をデモでご説明しながら、          Webサイトの運用負荷・コストなども軽減することができる理由をご説明いたします。

11:45~12:00 質疑応答

主催

株式会社アイアクト(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

ECビジネスの成長を加速する、Webサイト高速化 〜エッジオの次世代WebCDNが実現するア...

3.4エッジオ・ジャパン株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

急速に拡大するECビジネス市場

消費者の購買行動が従来のリアル店舗からオンラインへ大きくシフトしたことで、ECビジネス市場は急速に拡大しています。また、多くの企業が参入したことにより、競争も日々激化しています。

ビジネス拡大や成長の重要な要素となるのが、環境変化や新たな戦略実行にあわせた迅速かつ柔軟なWebシステムの対応、Webパフォーマンス、そしてセキュリティです。

新たな変化に対応するために変更に時間を要したり、また、Webサイトにおける読み込み速度が遅いなどは、ユーザーの体験が悪化し、満足度が低下します。結果として、離脱率が増加し、売上へ大きな影響を及ぼす可能性があります。 事実、Webサイトのロード時間が1秒遅れたらユーザーの満足度が7%下がり、コンバージョン率が7%低下し、ページビューが11%減少すると言われています。

新評価指標「Google コアウェブバイタル」により、WebパフォーマンスがSEO順位にも影響

さらに、2024年に適用される「Google コアウェブバイタル」(CWV)の新評価指標では、WebパフォーマンスもSEOスコアの評価対象となります。 つまり、パフォーマンスが最適化されていなければ、サイトを訪れたユーザーの離脱を招くだけでなく、そもそもサイトにユーザーを集めることすらできなくなってしまうということです。 ECサイトへのサイバー攻撃により個人情報やクレジットカード情報が漏えいする事案が多数発生しているため、セキュリティ対策も欠かせません。

米国でも主流となる次世代WebCDNで実現する、新たなアプローチとは

本セミナーでは、米国ECビジネスでも主流となりつつあるEdgioの次世代WEB CDNで実現する新たなECの仕組み、アプローチ方法、 そしてエッジプラットフォームを活用して、Webパフォーマンスを向上させ、同時にセキュリティを強化する事例などをご紹介します。効率的なコンテンツ配信やコスト削減、オンラインビジネスの成長や顧客満足度向上へ向けた最先端の技術とその活用についても分かりやすく解説する予定です。 ECビジネスのビジネス責任者、IT・WEB管理者、開発者の方々はぜひご参加ください。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 ECビジネスの成長を加速する、Webサイト高速化〜エッジオの次世代WebCDNが実現するアプローチとは〜

14:45~15:00 質疑応答

主催

エッジオ・ジャパン株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

中国向けWebサイト構築時におさえるべきポイント ~ICP登録は本当に必要?法規制対策、通...

4.2株式会社クララオンライン

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

中国におけるWebサイト公開には多くの課題がある

中国では他の国とは異なり、Webサイトの公開時に求められる制限や制約が多く、Webサイトの構築から公開までの各ステップにおいて細やかな対応が求められます。 例えばICP登録や各種法規制への対応、AWSやAzureの中国リージョンの制約やそれに伴うクラウドサービスの選定、日中間における通信遅延などです。 それらへ正しく対応できていないとWebサイトのサービス停止を命令されたり、通信障害等によってビジネス機会の損失につながります。 このように難しい中国でのWebサイト公開について、「どのように進めればよいのか?」と悩んでいる方は多いと思います。

中国において必要とされる特別対応は数多くあり、それらすべてに正しく対応するにはノウハウが必要

中国でのWebサイト公開においてはどのような対策を行うべきでしょうか? 企業は、中国の法規制やネットワークの制限を正しく理解したうえで、どのような対策をとるか判断し各課題への対応を行うことが求められます。 加えて、各企業で公開するWebサイトの特性に応じてクラウド選定や日中間の接続設定を行う必要があります。 これらの対応を行うためには、専門的なノウハウが必要となります。

ICP登録、法規制対策、クラウド選定、日中間接続などの考慮ポイントを解説

本セミナーでは中国でのWebサイト公開の際に具体的に考慮しなければならない課題について解説いたします。 中国でのWebサイトの公開にあたって進め方が分からない方、ICP登録、法規制対策、クラウド選定、日中間接続などの課題でお困りの方は是非本セミナーにご参加ください。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 中国でのWebサイト構築、公開は、どのように行えばよいのか? ~ICP登録、法規制対策、クラウド選定、日中間接続などの考慮ポイントを解説~

14:45~15:00 質疑応答

主催

株式会社クララオンライン(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る