システム開発

システム開発

Development

システム開発の課題を解決するウェビナー

アジャイル開発、オフショア開発、ローコード・ノーコード・kintone(キントーン)など、システム開発の最新手法や、プロジェクト管理をスムーズにするツール&ノウハウを知ることができるウェビナーが満載です。

マイグレーション
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

金融業で70万件超の個人情報流出事故が発生、Strutsの脆弱性対策の先延ばしによる影響は?...

3.5株式会社シーイーシー

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

Strutsの脆弱性を狙った事故が多発、早急な対策が必要

Apache Strutsの脆弱性を狙った事故が多発しており、個人情報流出の被害が多数発生しています。 Struts1はサポート終了しているため早急な移行が必要であり、Struts2も情報処理推進機構(IPA)によって深刻な脆弱性が報告されています。 このような状況下で、Strutsの脆弱性対策は企業にとって避けて通れない課題となっています。 早急な対策が必要なのは明らかであり、その先延ばしは企業の信頼を失い、法的な問題にも発展する危険性があります。

必要性は感じているが、具体的な移行方法がわからない

Strutsの脆弱性対策の必要性を感じているものの、具体的な移行方法がわからず足踏みしてしまうケースも少なくありません。 一体どのようにしてStrutsから最新のフレームワークに移行すればよいのか、そのプロセスや費用、リスクはどれくらいなのか。 また、移行に伴う作業負荷や、既存システムに影響を与えないかという不安もあります。 このような状況は、企業が新たなサイバー攻撃のリスクに晒される可能性を高めています。

現行機能そのままに、最新フレームワークへ移行

本セミナーでは、Strutsから最新フレームワークへの移行を現行機能を維持しながら行う具体的な方法を解説します。 具体的には、株式会社シーイーシーが提供するマイグレーションサービス「Re@nove®(リノーブ)」を用いて、効率的かつ安全に移行する手法について詳しく説明します。 Strutsの脆弱性・リスク対策の必要性を認識しているものの、なかなか着手できていない、具体的な移行方法がわからないとお悩みの企業様はぜひご参加ください。

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 金融業で70万件超の個人情報流出事故が発生、Strutsの脆弱性対策の先延ばしによる影響は?〜実際の事故事例と具体的なマイグレーション方法を解説〜

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社シーイーシー(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

サポート終了のVB 6.0、「参考事例が見つからず移行の仕方がわからない」を解決 〜ケース別...

4.0株式会社シーイーシー

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

VB 6.0のサポート終了とそのリスク

Visual Basic 6.0(以下、VB 6.0)の統合開発環境(IDE)は、2008年4月8日にマイクロソフトの延長サポートが終了しています。 Windows 7以降のOSでは、統合開発環境の動作保証は存在しないため、VB 6.0の継続利用はセキュリティリスクを伴います。 さらに、技術者の確保が厳しくなるなど、VB 6.0で開発された業務システムの継続利用は多くのリスクを伴います。

情報を集めても参考になるような移行事例が見つからない

VB 6.0のサポート終了に伴い、多くの企業が移行の課題に直面しています。 しかし、自社のシステム規模や条件に合致した事例が見つからず、具体的な進め方がわからないケースも珍しくありません。 このため、多くの企業は移行の方針を決定するのに苦労しています。 特に、VB 6.0で構築されたシステムの移行には、蓄積された業務ノウハウの維持やシステムの再生など、多くの課題が存在します。

ケース別の事例と、高品質・低コストにマイグレーションを行う方法を解説

本セミナーでは、VB 6.0の移行事例をケース別に詳しく解説します。 また、シーイーシー独自の「VB .NETシステム変換ツール」を活用し、手作業によるシステム変換を10%未満に抑え、平均変換率90%以上を実現した高品質・低コストでのマイグレーションサービス「Re@nove(リノーブ)」についても詳しく紹介します。 サポート終了のVB 6.0の移行課題にお悩みの方は、ぜひご参加ください。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 サポート終了のVB 6.0、「参考事例が見つからず移行の仕方がわからない」を解決〜ケース別の事例と、高品質・低コストにマイグレーションを行う方法を解説〜

11:45~12:00 質疑応答

主催

株式会社シーイーシー(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

ブラックボックス化したVB6やVB.NET、Delphiなどのシステムを見える化 ~ソースコ...

3.8株式会社第一コンピュータリソース

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

ブラックボックス化しやすいレガシーシステム

古いVB6、VB.NET、Delphiなどのレガシーシステムは、継続的な修正や運用保守により、その内部が複雑化していく傾向があります。 そうしたシステムを属人的にメンテナンスしてきた、エンジニアが退職や異動することで、古いシステムを理解するスキルを持つ人材がいなくなるリスクが存在します。 そのため、ベテラン技術者の知識を次世代に継承しながら、レガシーシステムを保守・運用しやすい新たなプラットフォームへ移行することが急務となります。 しかし、多くのレガシーシステムは設計書などが無いなどの理由でブラックボックスと化しており、属人化から脱却できないのが現状です。

OS更新などによるアップデートやマイグレーションで中身がわからない

多くの企業では、2025年のWindows10のサポート終了に伴うプログラムのアップデートやクラウドサービスの利活用に伴うプログラムのマイグレーションを迫られています。 これらを実施するには、既存システムが新しい環境でも稼働するように調査のうえ、リビルドを行う必要があるため、まずは既存システムの内部構造の分析をしなければなりません。 しかし、既存システムの設計書がないためにバージョンアップの実現可能性やリスクなどの調査に、膨大な費用と時間が必要になってしまいます。

リバースエンジニアリングによって、ソースコードから設計書を作成する方法を解説

本セミナーでは、このような課題を解決する方法について解説します。 独自のリバースエンジンを活用した「システムの”見える化”支援」サービスによって、既存システムのソースコードから詳細設計レベルの設計書を機械的に生成することができます。 画面設計書やDB設計書はもちろん、CRUD表や関連図も生成可能。具体的なサンプルや無償体験の流れについてもご紹介します。

<<システムの”見える化”支援の対象言語>>  ・PL/SQL  ・VB6  ・VB.NET(WinForms)  ・C#(WinForms)  ・Delphi  ・Oracle Forms Developer  ・Oracle Reports Developer

VB.png

本セミナーでは、実際の設計書作成のデモンストレーションも交えてご紹介します。 また、設計支援ツールVerasym System Designer (VSSD)との連携による、設計作業の標準化と設計書情報の一元管理についても解説します。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:45 ブラックボックス化したVB6やVB.NET、Delphiなどのシステムを見える化 ~ソースコードを解析し、設計書を自動生成するリバースエンジニアリングを解説~

13:45~14:00 質疑応答

主催

株式会社第一コンピュータリソース(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

サポート終了にも関わらず継続利用されがちなVB6.0、そのリスクと対処法を解説 〜自動変換率...

3.6株式会社 シーイーシー

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

なかなか移行が進まないVB6.0

マイクロソフトが開発したプログラミング言語であるVisual Basic (VB)は、1990年代にクライアントサーバーシステムの構築で多く用いられたものの、1998年にリリースされたVB6.0で最終バージョンとなり、10年以上前にサポートも終了しています。 しかし、移行には手間やコストがかかり今でもシステムは稼働することから、そのまま使い続けている企業が一定数存在します。

継続利用はセキュリティリスクだけでなく、事業継続・事業拡大の足かせに

VB6.0の継続利用にはセキュリティリスクがつきまとうだけでなく、事業継続や事業拡大にも重大な障害となります。 VB6.0を保守・運用できる人材は確実に減っていきますし、今後の事業拡大や企業のセキュリティポリシーなどの契機にシステムの改修が求められた際には現代の技術環境への対応が不可欠です。 VB6.0を使い続けることはこれらの対応への遅れを招き、企業の競争力や事業の持続性にネガティブな影響をもたらす可能性が高いと言えます。

自動変換率90%の高品質・低コストなVBマイグレーション

本セミナーでは、腰が重くなかなか進まないVB6.0の移行を効率的に行う方法を紹介します。 自動変換率90%を誇り、高品質・低コストで移行を可能とするVBマイグレーションサービスのご紹介を行う予定です。 VB6.0の移行が後回しになっている方や、サポートが終了したVB6.0を使い続けることに少なからず不安を感じている方は、ぜひこの機会にVB6.0からの脱却を図りましょう。

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 サポート終了にも関わらず継続利用されがちなVB6.0、そのリスクと対処法を解説〜自動変換率90%の高品質・低コストなVBマイグレーション〜

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社 シーイーシー(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

業務システムの「リプレース」の課題と解決策 ~リノベーション・高速アジャイル開発でコストや工...

3.8株式会社未来技術研究所

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

マイグレーションサービスを提供されている企業の方はお申込をお控えいただきますようお願いいたします。

お申込をされた場合には、ご参加をお断りさせていただきます。

DX推進の阻害要因となる旧来のシステムの存在

システムの旧態化や社内の業務効率化などの理由で、DXを推進したいと考えていたり、実際に取り組みを始めている企業も多いと思います。 しかし、具体的に考えていけばいくほど、このような課題が見えてくるのではないでしょうか? ・システムをリプレースしようとすると多大なコストや工数がかかってしまう ・これまで利用していたシステムの利便性が損なわれてしまう ・システムがブラックボックス化しており何から手を付ければ良いかわからない ・業務に適応したシステム設計ができない 本ウェビナーでは、このような課題を解決できるソリューションをご紹介します。

リプレースではなく「リノベーション」

まず、一つ目の解決策が変換ツールを用いた「システムのリノベーション」です。 今、利用しているシステムの使い勝手をそのままに、システム環境を最新の状態へ移行することが可能です。 リノベーションには下記のようなメリットがある点が、好評を得ています。 ・リプレースよりもコストや工数が削減できる点 ・既存システムの使い勝手は引継ぎつつ、バグの修正やプログラムをスリム化できる ・必要に応じて機能の追加や削除も可能な点

新システムの開発も高速アジャイル開発で対応

また、既存システムの機能や業務フローを踏まえた新システムの開発が2つ目の解決策です。 アジャイル開発で進めるため、既存機能を残しつつ、現状の業務フローに合わせて機能を改修し新たなシステムとして開発します。 あわせて、高生産性言語を用いた開発のため、開発期間を短期間に抑えることができます。 「システムが使いにくく、改善したい」とお考えの方や、「リプレースを行う必要があるがコストに課題がある」といったお悩みをお持ちの、情報システム部門のご担当者や決裁者様、DXの推進に携わる方におすすめの内容です

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 業務システムの「リプレース」の課題と解決策 ~リノベーション・高速アジャイル開発でコストや工数を圧縮しDXを推進する~

14:45~15:00 質疑応答

主催

株式会社未来技術研究所(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

Struts脆弱性への対応はどうすればよいのか? 〜事例からみる、効率的にマイグレーション...

3.5株式会社 シーイーシー

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

必要性の高まるセキュリティ対策

近年のサイバー攻撃増加に伴い、企業はより一層強固なセキュリティ対策を求められています。 ひとたび被害にあうと企業の評判や信頼が失墜し、経済的な損失も大きいため、対策を疎かにはできません。

Strutsの脆弱性を狙った事故が多発、早急な対策が必要

特にApache Strutsの脆弱性を狙った事故が多発しており、個人情報流出の被害も多数発生しています。 Struts 1はサポート終了しているため早急な移行が必要であり、Struts 2も情報処理推進機構(IPA)によって深刻な脆弱性が報告されています。 いずれにせよ、Struts利用中の企業は対策が急務な状況なのです。

ノウハウやリソースの不足により、なかなか対策に本腰を入れられない

しかし、情報システム部門は常に稼働がひっ迫しているため、リソースを割きづらい状況にあります。 Struts移行を進めようとしても、社内にノウハウが少ないため着手が難しいとお悩みの企業も少なくありません。

現行機能そのままに、最新フレームワークへ移行

そこで、本セミナーでは現行機能をそのままに最新フレームワークへ高品質かつ効率的に移行する方法を解説します。 Strutsの脆弱性対策を迅速かつ安全に行えるマイグレーションサービス「Re@nove(リノーブ)」をご紹介予定です。 Strutsの脆弱性・リスク対策の必要性を認識しているものの、なかなか着手できていないとお悩みの企業様はぜひご参加ください。

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 Struts脆弱性への対応はどうすればよいのか?〜事例からみる、効率的にマイグレーションを実現する方法〜

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社 シーイーシー(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る