先端技術

先端技術

Advanced technology

先端技術の課題を解決するウェビナー

AIやディープラーニングの業界別活用事例、IoT、自動運転、AR/VR、メタバースやスマートグラス関連など、先端技術の市場規模や最新動向、さまざまな事例・ノウハウがわかるウェビナーやバーチャル展示会を掲載しています。

ChatGPT・生成AI
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

「生成AI活用」最新動向 ~企業での利用はどう広がっているのか?~

0.0マジセミ株式会社

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはSPEAKERSを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

講演概要

生成AIが注目されていますが、日本企業における活用は遅れていると言われています。 多くの企業が、セキュリティ面の課題、生成した情報の正確性など品質面の課題など、負の面に囚われすぎており、この革新的な技術の活用に消極的です。 その結果、ますます国際的な競争力の低下に繋がってしまうのではないか、という声も聞かれます。

そこで今回は、米国において企業がどのように生成AIを活用しているのか、また活用しようとしているのか、最新情報をわかりやすく解説します

今回は、マジセミ代表 寺田のクローンを目指すAIデジタルヒューマン「デジタル寺田」が、以下のような観点でプレゼンします。

・日本企業における現状の生成AI活用 ・Microsoft Copilotによるデスクワークのさらなる自動化 ・生成AIによるRPAの進化 ・営業、マーケティング業務における生成AIの活用 ・人事業務における生成AIの活用

プレゼン原稿も「デジタル寺田」が作成します。

登壇者

マジセミ_デジタル寺田.png マジセミ株式会社 デジタル寺田
マジセミ代表 寺田のクローンを目指す、AIデジタルヒューマン。

プログラム

18:45~19:00 受付

19:00~19:05 オープニング

19:05~19:25 「生成AI活用」最新動向 ~企業での利用はどう広がっているのか?~

19:25~19:30 質疑応答

主催

マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

Amazon ConnectとSalesforceで実現する 顧客体験を変革するお客様窓口の構築

3.8株式会社ウフル

本セミナーの講演部分は、事前に収録した録画を配信します。

質疑応答タイムはライブ配信にて、皆様からのご質問をお待ちしております。

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

概要

販売するモノやサービスでの差別化が難しくなってきた昨今、購入後のフォローの良し悪しは重要な顧客体験となっています。さらにその体験はSNSなどで拡散され、多くのユーザーはこうした口コミを購買の判断材料としています。 様々なチャネルからのコンタクトに対して顧客の窓口となり、顧客エンゲージメントを高めることがお客様窓口に求められています。そのためには時代ニーズにあわせたチャネルの対応や、対応品質の改善、データ分析・活用など、顧客視点での改善が急務です。そしてこれらは継続的に見直し、進化させる必要があります。 本セミナーでは、顧客と繋がる仕組みであるAmazon Connect、データを活用する仕組みであるSalesforceをもとに、顧客体験を変革する方法をご紹介いたします。高い機能性と信頼性をもつこれらのサービスは、クラウドならではの柔軟性と拡張性をもち、お客様窓口を時代のニーズにあわせて進化させることができます。 事例やデモを交えたサービスのご紹介と、スモールスタートに適したパッケージのご紹介も予定しております。

こんな方におすすめです

  • 顧客の満足度を高めたい、サービスを向上したいとお考えの方
  • 電話対応業務を改善したいとお考えの方
  • 顧客対応業務をもっと効率化したいとお考えの方
  • 既存のコールセンターシステムの更新が近い方
  • その他、顧客対応業務に課題を感じている方

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:25 Amazon ConnectとSalesforceで実現する次世代のお客様窓口とは

株式会社ウフル Account Management 山田真也 ビジネスの拡大や顧客接点の多様化で、お客様との現状のコミュニケーションをもっと抜本的に改善したいとお考えではありませんか? このセッションでは、Amazon ConnectとSalesforceを組み合わせた利用イメージを、実際の事例やデモを交えてご紹介します。 また、スモールスタートに適した、お客様窓口構築パッケージをご紹介します。 テクノロジーを活用した、抜本的かつ継続的な解決策をイメージしていただけると思います。

13:25~13:40 質疑応答

質疑応答タイムはライブ配信にて行います。

主催

株式会社ウフル(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

生成AI活用による業務プロセスの改善方法とは? 〜自治体への本格導入に向けた研修・ワークショ...

3.8東日本電信電話株式会社

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはTeamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

生成AIの価値を理解した新たな業務プロセスづくり

生成AIを活用して業務の変革を目指す組織が増えています。 しかし、生成AIを導入しただけで業務プロセスの変革がすぐに起きるわけではありません。生成AIの価値を理解した上で、新たな業務のプロセスをつくっていくことが必要です。導入に向けては実際に活用する方々が生成AIの技術について理解を深めユースケースを検討することが重要です。

多種多様な問合せ対応や文書検索などの業務を変革したい

自治体などでの多種多様な問合せ対応、文書検索、資料作成などは、きめ細やかな組織ごとのルールやフローへの対応やセキュリティ確保が必要で、これまで効率化の難しいタイプの業務でした。生成AIはこういった業務の変化に適した技術です。

早期の効率化を支援する豊富なテンプレートやRAG(独自情報検索機能)

実務に必要な情報を正確に取り出すことができなければ、組織内での活用が進まないというのも、生成AI導入時によくある課題です。 早期に組織内での活用を実現するには、タスクごとのテンプレートや、業務の内容にあった形式で情報を引き出すRAG(独自情報検索機能)などの機能が必要です。

業務改革を推進するための生成AIソリューションを解説

今回のセミナーでは、生成AI活用の研修・ワークショップ、業務内容への適応、システム導入のポイントについて、NTT東日本の生成AIソリューションを紹介しながら解説します。 生成AIを学び活用シーンや業務プロセスの改革を考えるワークショップの事例や、地域DXアドバイザーによる伴走支援なども紹介します。ぜひご参加ください。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 生成AI活用による業務プロセスの改善方法とは?

      〜自治体への本格導入に向けた研修・ワークショップなど生成AIソリューションのポイントを解説〜

15:45~16:00 質疑応答

主催

東日本電信電話株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

ChatGPT本格導入時、社内活用を促進するために解決すべき課題とは? 〜自社業務へのカスタ...

4.0株式会社システムサポート

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはTeamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

ChatGPT導入の成功、業務改革の実現が組織の課題

生成AIを適切なセキュリティ、ガバナンスを維持しながら導入し、社内に浸透することが組織の重要な課題になっています。社内活用が活発な企業では、ナレッジシェア、調査分析、資料作成など幅広い業務に活用されています。 一方、せっかく導入したのに、社内での活用がなかなか進まないという課題に向き合う企業も少なくありません。

自社業務に合わせたカスタマイズ、効率化したい業務のシナリオ化

ChatGPT活用が進まない主な要因に「自社業務に合わせたカスタマイズの難しさ」があります。自社独自の業務要件や知見など、欲しい情報が期待する形式で回答されなければ、ユーザーはChatGPTの利便性を実感できず、社内への浸透は進まないままです。 効率化したい業務のテンプレートやシナリオを整備して、社内ユーザーの活用モチベーションを上げる必要がありますが、運用管理者の負荷は避けたいところです。

ChatGPTやRAG(検索拡張生成)の基本を解説、活用を促進するUIを紹介

今回のセミナーでは、今一度理解しておきたいChatGPTの基本や導入時の課題、自社業務に合わせたカスタマイズを実現する際に鍵となるRAG(検索拡張生成)について解説します。またAzure OpenAI Serviceのプライベート ChatGPTソリューション「Smart Generative Chat」について、デモを交えて組織内ユーザーの活用を促進する機能を紹介します。

プログラム

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 ChatGPT本格導入時、社内活用を促進するために解決すべき課題とは?

        〜自社業務へのカスタマイズ実現、ユーザーの使用動機を向上させる機能を解説〜

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社システムサポート(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

「生成AI活用」最新動向 ~企業での利用はどう広がっているのか?~

0.0マジセミ株式会社

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはSPEAKERSを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

講演概要

生成AIが注目されていますが、日本企業における活用は遅れていると言われています。 多くの企業が、セキュリティ面の課題、生成した情報の正確性など品質面の課題など、負の面に囚われすぎており、この革新的な技術の活用に消極的です。 その結果、ますます国際的な競争力の低下に繋がってしまうのではないか、という声も聞かれます。

そこで今回は、米国において企業がどのように生成AIを活用しているのか、また活用しようとしているのか、最新情報をわかりやすく解説します

今回は、マジセミ代表 寺田のクローンを目指すAIデジタルヒューマン「デジタル寺田」が、以下のような観点でプレゼンします。

・日本企業における現状の生成AI活用 ・Microsoft Copilotによるデスクワークのさらなる自動化 ・生成AIによるRPAの進化 ・営業、マーケティング業務における生成AIの活用 ・人事業務における生成AIの活用

プレゼン原稿も「デジタル寺田」が作成します。

登壇者

マジセミ_デジタル寺田.png マジセミ株式会社 デジタル寺田
マジセミ代表 寺田のクローンを目指す、AIデジタルヒューマン。

プログラム

18:45~19:00 受付

19:00~19:05 オープニング

19:05~19:25 「生成AI活用」最新動向 ~企業での利用はどう広がっているのか?~

19:25~19:30 質疑応答

主催

マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

デジタルヒューマン作成入門 ~オリジナルアバターの作成から、スピーチ動画作成まで~

0.0マジセミ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはSPEAKERSを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「●●●.com」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

注目される、デジタルヒューマン

今、デジタルヒューマンが注目されています。 デジタルヒューマンとは、AIとCG技術によって生み出される、人間のように振る舞い、対話できる仮想の存在です。 彼らは顧客サービスにおけるアバターや、ニュースキャスターとして、既に活用されており、優れたデータ処理能力や、多言語対応、休憩や睡眠を必要とせず365日24時間稼働し続けられることなどからさらなる普及が予想されています。

オリジナルのデジタルヒューマンを作ってみよう!

今回はそんなデジタルヒューマンを、まずは体験してみよう!という企画です。

以下の内容を参加者の皆様と実際にやっていきます。

オリジナルアバターの作成

まずはデジタルヒューマンのベースとなる、アバター(キャラクター)を作成していきます。 実際の人間の写真などを使う方法もありますが、ここでは生成AIを使ってオリジナルのアバターを作成していきます。

スピーチ動画の作成

次に、作成したアバターにしゃべらせます。 原稿はテキストで作成していただき、その原稿をアバターがしゃべる動画を作成します。

作成したデジタルヒューマンを使って、ウェビナーを開催

最後に、作成したオリジナルのデジタルヒューマンを使って、ウェビナーを開催する方法について解説します。

マジセミが提供する、デジタルヒューマン関連サービス

マジセミでは、以下のようなデジタルヒューマン関連サービスを提供しています。 ぜひお問い合わせください。

デジタル寺田による貴社ウェビナーでの講演

デジタル寺田(マジセミ代表 寺田雄一のクローンを目指す、AIデジタルヒューマン)が、貴社の製品紹介を行ったり、貴社ウェビナーでの基調講演を行います。 「ウェビナーをやりたいけど登壇者がいない」「いるけど忙しくて登壇できない」「初心者にもわかるように解説したい」といった場合におすすめです。

(参考)https://www.youtube.com/shorts/G_S7h2SgnO0

貴社のオリジナルデジタルヒューマン作成サービス

今回の入門ではやらなかった以下の対応まで含めて行い、デジタル寺田のようなデジタルヒューマンを作成します。 ・実際の人間の声を真似して、しゃべらせる ・実際の人間の写真を使う、またはアニメ調、絵画調などに変換して、アバターを作成する ・プレゼン原稿を作成する

貴社のオリジナルデジタルヒューマンを活用したウェビナー運営サービス(特許出願済技術を利用)

AIデジタルヒューマン専用のウェビナー配信ツール「SPEAKERS」を使って、貴社のオジリナルデジタルヒューマンのウェビナーを開催します。 貴社専用の生成AIコマンドプロンプトを用意し、ウェビナー中に参加者からの質問に対して、貴社のオリジナルデジタルヒューマンが自動的に回答します。

プログラム

18:45~19:00 受付

19:00~19:05 オープニング

19:05~19:50 デジタルヒューマン作成入門

19:50~20:00 質疑応答

主催

マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

デジタルヒューマン作成入門 ~オリジナルアバターの作成から、スピーチ動画作成まで~

0.0マジセミ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはSPEAKERSを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「●●●.com」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

注目される、デジタルヒューマン

今、デジタルヒューマンが注目されています。 デジタルヒューマンとは、AIとCG技術によって生み出される、人間のように振る舞い、対話できる仮想の存在です。 彼らは顧客サービスにおけるアバターや、ニュースキャスターとして、既に活用されており、優れたデータ処理能力や、多言語対応、休憩や睡眠を必要とせず365日24時間稼働し続けられることなどからさらなる普及が予想されています。

オリジナルのデジタルヒューマンを作ってみよう!

今回はそんなデジタルヒューマンを、まずは体験してみよう!という企画です。

以下の内容を参加者の皆様と実際にやっていきます。

オリジナルアバターの作成

まずはデジタルヒューマンのベースとなる、アバター(キャラクター)を作成していきます。 実際の人間の写真などを使う方法もありますが、ここでは生成AIを使ってオリジナルのアバターを作成していきます。

スピーチ動画の作成

次に、作成したアバターにしゃべらせます。 原稿はテキストで作成していただき、その原稿をアバターがしゃべる動画を作成します。

作成したデジタルヒューマンを使って、ウェビナーを開催

最後に、作成したオリジナルのデジタルヒューマンを使って、ウェビナーを開催する方法について解説します。

マジセミが提供する、デジタルヒューマン関連サービス

マジセミでは、以下のようなデジタルヒューマン関連サービスを提供しています。 ぜひお問い合わせください。

デジタル寺田による貴社ウェビナーでの講演

デジタル寺田(マジセミ代表 寺田雄一のクローンを目指す、AIデジタルヒューマン)が、貴社の製品紹介を行ったり、貴社ウェビナーでの基調講演を行います。 「ウェビナーをやりたいけど登壇者がいない」「いるけど忙しくて登壇できない」「初心者にもわかるように解説したい」といった場合におすすめです。

(参考)https://www.youtube.com/shorts/G_S7h2SgnO0

貴社のオリジナルデジタルヒューマン作成サービス

今回の入門ではやらなかった以下の対応まで含めて行い、デジタル寺田のようなデジタルヒューマンを作成します。 ・実際の人間の声を真似して、しゃべらせる ・実際の人間の写真を使う、またはアニメ調、絵画調などに変換して、アバターを作成する ・プレゼン原稿を作成する

貴社のオリジナルデジタルヒューマンを活用したウェビナー運営サービス(特許出願済技術を利用)

AIデジタルヒューマン専用のウェビナー配信ツール「SPEAKERS」を使って、貴社のオジリナルデジタルヒューマンのウェビナーを開催します。 貴社専用の生成AIコマンドプロンプトを用意し、ウェビナー中に参加者からの質問に対して、貴社のオリジナルデジタルヒューマンが自動的に回答します。

プログラム

18:45~19:00 受付

19:00~19:05 オープニング

19:05~19:50 デジタルヒューマン作成入門

19:50~20:00 質疑応答

主催

マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

ChatGPT導入の壁を乗り越える 〜自社業務にあわせたカスタマイズの難しさ、「導入しても浸...

4.0株式会社システムサポート

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはTeamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

ChatGPTの企業導入がもたらす変革

昨今のAI技術の進化は目覚ましく、特にChatGPTは、ビジネスプロセスの効率化や新しいサービスの創出に大きな可能性を秘めています。しかし、思うようにAI導入や浸透が進んでいない企業も一定数見受けられます。

自社にあわせたカスタマイズの難しさと導入後の浸透性の問題

AI導入のハードルの一つが、「自社業務に合わせたカスタマイズの難しさ」です。多くの企業がAIを導入する際、既存のビジネスプロセスや特定の業務要件、自社特有の情報やデータに基づいた回答を得るためにカスタマイズする必要に直面します。しかし、これには専門知識が必要であるため大きな障壁となりがちです。さらに、導入後も「プロンプトを書くのが面倒」といった理由などにより、利用が浸透しないケースが多く見られます。

ChatGPTやRAG(検索拡張生成)の基本、導入後の浸透まで一通り解説

本セミナーでは、ChatGPTの基本的な理解から始め、自社業務に合わせたカスタマイズ、その方法のひとつであるRAG(検索拡張生成)の基本について、ご紹介します。また、導入後の浸透を促進するための方法も解説予定です。以下のいずれかに該当する方は、ぜひご参加ください。 ・上層部からAI導入を命じられているが、何をしたらいいかわからない ・ChatGPT自社業務にあわせて使いたいが、どう実装すればいいかわからない ・生成AIを導入したけれど使われない、利用が浸透しない

プログラム

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 ChatGPT導入の壁を乗り越える〜自社業務にあわせたカスタマイズの難しさ、「導入しても浸透しない」問題をどう解決するか?〜

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社システムサポート(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

デジタルヒューマン作成入門 ~オリジナルアバターの作成から、スピーチ動画作成まで~

0.0マジセミ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはSPEAKERSを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

注目される、デジタルヒューマン

今、デジタルヒューマンが注目されています。 デジタルヒューマンとは、AIとCG技術によって生み出される、人間のように振る舞い、対話できる仮想の存在です。 彼らは顧客サービスにおけるアバターや、ニュースキャスターとして、既に活用されており、優れたデータ処理能力や、多言語対応、休憩や睡眠を必要とせず365日24時間稼働し続けられることなどからさらなる普及が予想されています。

オリジナルのデジタルヒューマンを作ってみよう!

今回はそんなデジタルヒューマンを、まずは体験してみよう!という企画です。

以下の内容を参加者の皆様と実際にやっていきます。

オリジナルアバターの作成

まずはデジタルヒューマンのベースとなる、アバター(キャラクター)を作成していきます。 実際の人間の写真などを使う方法もありますが、ここでは生成AIを使ってオリジナルのアバターを作成していきます。

スピーチ動画の作成

次に、作成したアバターにしゃべらせます。 原稿はテキストで作成していただき、その原稿をアバターがしゃべる動画を作成します。

作成したデジタルヒューマンを使って、ウェビナーを開催

最後に、作成したオリジナルのデジタルヒューマンを使って、ウェビナーを開催する方法について解説します。

マジセミが提供する、デジタルヒューマン関連サービス

マジセミでは、以下のようなデジタルヒューマン関連サービスを提供しています。 ぜひお問い合わせください。

デジタル寺田による貴社ウェビナーでの講演

デジタル寺田(マジセミ代表 寺田雄一のクローンを目指す、AIデジタルヒューマン)が、貴社の製品紹介を行ったり、貴社ウェビナーでの基調講演を行います。 「ウェビナーをやりたいけど登壇者がいない」「いるけど忙しくて登壇できない」「初心者にもわかるように解説したい」といった場合におすすめです。

(参考)https://www.youtube.com/shorts/G_S7h2SgnO0

貴社のオリジナルデジタルヒューマン作成サービス

今回の入門ではやらなかった以下の対応まで含めて行い、デジタル寺田のようなデジタルヒューマンを作成します。 ・実際の人間の声を真似して、しゃべらせる ・実際の人間の写真を使う、またはアニメ調、絵画調などに変換して、アバターを作成する ・プレゼン原稿を作成する

貴社のオリジナルデジタルヒューマンを活用したウェビナー運営サービス(特許出願済技術を利用)

AIデジタルヒューマン専用のウェビナー配信ツール「SPEAKERS」を使って、貴社のオジリナルデジタルヒューマンのウェビナーを開催します。 貴社専用の生成AIコマンドプロンプトを用意し、ウェビナー中に参加者からの質問に対して、貴社のオリジナルデジタルヒューマンが自動的に回答します。

プログラム

18:45~19:00 受付

19:00~19:05 オープニング

19:05~19:50 デジタルヒューマン作成入門

19:50~20:00 質疑応答

主催

マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る