システム運用

システム運用

Operation

システム運用の課題を解決するウェビナー

システムの保守・監視、ITサービスマネジメント、IT 資産管理、インシデント管理など、システムの管理・運用の課題を解決するウェビナーが満載。現場ですぐ活かせるノウハウや最新ツール情報が得られます。

運用自動化
最新&人気ウェビナー

該当するセミナーはありません

運用自動化
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

ヘルプデスク, PCキッティング, Windows 11 移行…積み重なる情シス業務削減の...

3.4横河レンタ・リース株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

企業の競争力を左右する情報システム部門

企業のデジタル化が進む中で、情報システム部門の役割は日々増加しており、社内のITインフラの整備から新しい技術の導入、日常のヘルプデスク業務まで、幅広い責任を担っています。 しかし、増え続ける業務と限られたリソースの間でのバランスの取り方に課題を感じている企業も少なくありません。

ヘルプデスク, PCキッティング, Windows 11 移行対応などで稼働がひっ迫

特に、電話、メール問合せ、障害対応などのヘルプデスク業務は大きな負担となっています。 加えて、PCキッティングやWindows 11 への移行などの技術的な課題も重なり、DX推進などのいわゆる「コア業務」にリソースを投下できない実情があります。

ユーザーの直接対応を可能にすることで、情シスの負担を大幅削減

これらの課題に対して、本セミナーでは「ユーザーの直接対応を可能にする」というアプローチを紹介します。 具体的な解決策として、Windows Autopilotを活用したPCキッティングの自動化、情シスの介入不要なPC運用を実現するCotoka for PCについて詳細に解説します。 IT運用管理における効率化と業務改善に関心のある情報システム部門の方や、情報システム部門のリソース不足に悩む中堅中小企業の方はぜひご参加ください。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 ヘルプデスク, PCキッティング, Windows 11移行…積み重なる情シス業務の負荷を下げる秘策とは〜Autopilotの活用や情シスの介入不要なPC運用により、情シス業務を最適化〜

15:45~16:00 質疑応答

主催

横河レンタ・リース株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

なぜ、日本企業はシステム運用の自動化がうまくいかないのか? 〜外資系 VS 国産運用自動化ツ...

3.8株式会社コムスクエア

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

高まる運用自動化の必要性

近年、システムのハイブリッド化が進む中で、オペレーションの品質向上がビジネス成果に大きな影響を及ぼしています。 このため、運用自動化の必要性が高まってきており、多くの企業がその導入を検討しています。

運用自動化ツールは外資系が主流

現在、運用自動化ツールの市場において、外資系のツールが大きなシェアを持っています。 その背景には、様々なルーツを持つ人々が同じ業務を遂行する欧州やアメリカでは「業務の標準化」が重要視されているため、運用自動化ツールが普及しやすい環境であることが関係しています。

外資系ツールを日本企業で使用する際の障壁

しかし、外資系の運用自動化ツールは先進的な技術や豊富な連携手段を有する一方で、日本の企業における運用(障害対応)の特性やニーズに合わせていない点も多々あります。 バージョンアップの頻度や方法、英語のみのサポートやドキュメント、料金体系など、日本企業で使用する際には多くの障壁があり、それが運用自動化の実現を妨げている実情があります。

純国産の運用自動化ツール「ロボシュタイン」で日本企業ならではの運用自動化を実現

本セミナーでは、日本の企業の運用の特性やニーズに合わせて設計された純国産の自動化ツール「ロボシュタイン」を用いて運用自動化の課題を解決する方法について、外資系の自動化ツールと比較しながら解説します。       また、自動化フローの作成方法や作成した運用自動化フローの実演(デモ)のご紹介も行います。 以下のような課題をお持ちのご担当者様は、ぜひご参加ください。

・運用自動化を検討しているけれど、どのツールを選択すればよいかわからない

・外資系の運用自動化ツールを利用しているがうまく使いこなせていない

・過去に運用自動化を試みたが頓挫した経験がある

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 なぜ、日本企業はシステム運用の自動化がうまくいかないのか?〜外資系 VS 国産運用自動化ツールの比較〜

15:45~16:00 質疑応答

主催

株式会社コムスクエア(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

システム運用の自動化はどこから始めればよいのか? 〜緊急電話連絡の効率化からはじめる、運用...

3.9株式会社コムスクエア

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

人材不足のシステム運用現場、自動化は必要不可欠に

近年、情報技術の急速な進展と市場競争の激化により、企業はシステム運用において効率化とコスト削減が急務となっています。 特に人材不足が深刻な課題となっている現代において、システム運用の自動化はより一層必要不可欠となっています。

自動化すべき対象は膨大に存在、どこから始めればいいのか?

システム運用においては、多くの業務が自動化の対象となり得ます。 しかし、すべての業務を一度に自動化することは現実的ではありません。 そのため、どの業務から自動化を始めるべきか適切な判断が求められますが、その決定には悩みがつきものです。

緊急時の連絡は未だ電話が主流、24/365の体制には人的リソースやコストを要する

システム運用の現場では、緊急時の連絡手段として未だ電話が主流となっています。 しかし、24時間365日対応が求められる運用体制を社内リソースだけで回すには人員の確保が困難ですし、外注するとコストの負担が課題となります。 また、本当に緊急対応が必要となる頻度は実際にはそれほど多くないため、そのために人的リソースやコストをかけることは難しい状況があります。

電話連絡の自動化から始める、システム運用の効率化

本セミナーでは、運用自動化のファーストステップとして、緊急時の電話連絡の効率化に焦点を当て、具体的な手法やツールの紹介を行います。 これにより運用現場の負担軽減とコスト削減を実現できるだけでなく、電話連絡の自動化によって浮いたリソースやコストを使って、さらにシステム運用の自動化・効率化の裾野を広げることも可能になります。 また、当日は実際のツール画面を用いて、デモンストレーション形式で電話通報の自動化の手順をご紹介いたします。

・外部に委託しているシステム運用を内製化したい

・運用自動化を検討しているものの、自動化すべき対象が多すぎてどこから手をつけたらいいかわからない

・緊急時の電話対応の運用が非効率なので、自動化・効率化したい

上記のようにお考えの、システム運用に携わっている担当者の方はぜひご参加ください。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 システム運用の自動化はどこから始めればよいのか?〜緊急電話連絡の効率化からはじめる、運用自動化のファーストステップ〜

15:45~16:00 質疑応答

主催

株式会社コムスクエア(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

大容量データのクラウドバックアップの問題点(コストとデータ保証) ~パッケージ化されたオン...

3.5株式会社エヌジーシー

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

企業が保持する多種多様で膨大なデータ、バックアップが必須な時代

近年、社内資料、研究情報、映像等の削除できない社内データが膨大になりつつあります。それらのデータは資産そのものであるため、企業はシステム障害やランサムウェア等のセキュリティ脅威に備え、データを守るためのバックアップが必須となります。

クラウドサービスにおける大容量データのバックアップの問題点(コストとデータ保証)

バックアップ環境の選択肢の1つとして、昨今普及しているクラウドサービスの利用があげられます。 バックアップした場合、ダウンロード時に追加コストが発生する、アップロードやダウンロードに時間がかかってしまうという点に加え、 クラウドサービス自体がいつでも問題なく利用できるかが不明といった課題も抱えています。

パッケージ化されたオンプレのオブジェクトストレージによる解決方法をご提案

本セミナーでは、クラウドバックアップの問題点と、その解決方法としてパッケージ化されたオンプレのオブジェクトストレージについて解説致します。 膨大なデータのバックアップにあたり、コスト・品質を両立する方法をお探しの方は是非本セミナーにご参加ください。

講演プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 大容量データのクラウドバックアップの問題点(コストとデータ保証)~パッケージ化されたオンプレのオブジェクトストレージで、コスト・品質の両立を手軽に実現~

11:45~12:00 質疑応答

主催

株式会社エヌジーシー(プライバシー・ポリシー

共催

日本クアンタムストレージ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

マルチクラウドの運用の課題を解説 〜「HashiCorp Terraform」でインフラ管...

3.4東京エレクトロン デバイス株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

本セミナーの講演部分は、以前開催されたウェビナーの録画配信です。

14:45~の質疑応答はリアルタイムで皆様からのご質問にお答えいたします。


主流になってきたマルチクラウド

多くの企業でクラウド化が進む昨今、複数のクラウドサービスを併用するマルチクラウドが利用されるケースも増えています。 AWS、Azure、GCPや各種SaaSなどのパブリッククラウドと、オンプレミスなどのプライベートクラウドを組み合わせ使い分けることで、フレキシブルかつスケーラブルなITインフラを構築することができます。

複数のインフラ並行稼働による運用負荷の増大、設定ミスのリスク、学習コストの増加

しかし、複数のインフラの並行稼働には、運用負荷の増大やそれに伴う人的操作ミスのリスク増加などの懸念点があります。 また、クラウド毎に管理ツールを使い分けたり異なるクラウド間の相違点や統合方法について学習する必要も生じるため、学習コストも増加します。

IaC(Infrastructure as Code)はマルチクラウド非対応がほとんど

インフラ管理を効率化するアプローチとして、近年「IaC(Infrastructure as Code)」が注目されています。

マルチクラウド対応のIaCソリューション「HashiCorp Terraform」」でインフラ管理のコスト最適化を実現

本セミナーでは、マルチクラウドに対応したIaCソリューションである「HashiCorp Terraform」により、複数のパブリッククラウドとプライベートクラウドを含めたマルチクラウドの運用上の課題を解決し、インフラ管理のコスト最適化を実現する方法を紹介します。 マルチクラウドの運用負荷を削減したい、運用上の作業ミスを減らしたい、複数クラウドを1つのツールで管理できるようにしたいといった考えをお持ちのIT管理者・経営層の方はぜひご参加ください。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 マルチクラウドの運用の課題を解説〜「HashiCorp Terraform」でインフラ管理のコストを最適化〜

14:45~15:00 質疑応答

主催

東京エレクトロン デバイス株式会社(プライバシー・ポリシー

共催

HashiCorp Inc.(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

マルチクラウド環境でIaC(Infrastructure as Code)を実現するにはどう...

4.1東京エレクトロン デバイス株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

主流になってきたマルチクラウド

多くの企業でクラウド化が進む昨今、複数のクラウドサービスを併用するマルチクラウドが利用されるケースも増えています。 AWS、Azure、GCPや各種SaaSなどのパブリッククラウドと、オンプレミスなどのプライベートクラウドを組み合わせ使い分けることで、フレキシブルかつスケーラブルなITインフラを構築することができます。

複数のインフラ並行稼働による運用負荷の増大、設定ミスのリスク、学習コストの増加

しかし、複数のインフラの並行稼働には、運用負荷の増大やそれに伴う人的操作ミスのリスク増加などの懸念点があります。 また、クラウド毎に管理ツールを使い分けたり異なるクラウド間の相違点や統合方法について学習する必要も生じるため、学習コストも増加します。

IaC(Infrastructure as Code)はマルチクラウド非対応がほとんど

インフラ管理を効率化するアプローチとして、近年「IaC(Infrastructure as Code)」が注目されています。

マルチクラウド対応のIaCソリューション「HashiCorp Terraform」」でインフラ管理のコスト最適化を実現

本セミナーでは、マルチクラウドに対応したIaCソリューションである「HashiCorp Terraform」により、複数のパブリッククラウドとプライベートクラウドを含めたマルチクラウドの運用上の課題を解決し、インフラ管理のコスト最適化を実現する方法を紹介します。 マルチクラウドの運用負荷を削減したい、運用上の作業ミスを減らしたい、複数クラウドを1つのツールで管理できるようにしたいといった考えをお持ちのIT管理者・経営層の方はぜひご参加ください。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 マルチクラウド環境でIaC(Infrastructure as Code)を実現するにはどうすればよいのか?〜「HashiCorp Terraform」でインフラ管理のコストを最適化〜

15:45~16:00 質疑応答

主催

東京エレクトロン デバイス株式会社(プライバシー・ポリシー

共催

HashiCorp Inc. (プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

【再放送】【データセンター / システム運用事業者向け】運用自動化が進まない本音とその解決...

3.5株式会社コムスクエア

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

本セミナ―は、2023/01/19 に開催するセミナーの再放送です。

2023/01/19(木)の回はこちらからお申込みいただけます。 ご都合の良い方にお申込みください。

「システム運用の自動化」は必要不可欠な要素に

システム運用現場の人材不足が年々加速する中、「運用の自動化」は必要不可欠な要素となってきました。 特に複数の企業に対しマネージドサービスを展開するデータセンターやシステム運用事業者においては喫緊の課題となっています。

思うように進まないシステム運用の自動化

しかしながら、運用の自動化を計画的に進められている企業はごく僅かではないでしょうか? 思うように運用の自動化が進まない理由はツール選定の問題や技術力の問題、開発リソースの不足、費用対効果の懸念など多種多様です。

運用自動化が進まない本音とその解決策

本セミナーでは運用自動化プラットフォームを自社で開発し、数多くの運用自動化支援を行ってきた株式会社コムスクエアが現場のリアルな声から挙がってきた運用自動化を実現するにあたっての障壁とそれを解決する手法を3つの観点からご紹介致します。

運用自動化を進めるための具体的プロセス

また、運用自動化プラットフォーム「ロボシュタイン」のデモンストレーションや実際の導入までのプロセス事例(費用対効果の考え方)などを通じ、運用自動化を推進する具体策もご紹介いたします。 運用の自動化・効率化が進まず、頭を抱えているデータセンター事業者、システム運用事業者のご担当者様はぜひご参加ください。

プログラム

11:45~12:00 受付

12:00~12:05 オープニング(マジセミ)

12:05~12:45 【データセンター / システム運用事業者向け】運用自動化が進まない本音とその解決策

12:45~13:00 質疑応答

主催

株式会社コムスクエア(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

【データセンター / システム運用事業者向け】運用自動化が進まない本音とその解決策 〜深刻...

3.6株式会社コムスクエア

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

「システム運用の自動化」は必要不可欠な要素に

システム運用現場の人材不足が年々加速する中、「運用の自動化」は必要不可欠な要素となってきました。 特に複数の企業に対しマネージドサービスを展開するデータセンターやシステム運用事業者においては喫緊の課題となっています。

思うように進まないシステム運用の自動化

しかしながら、運用の自動化を計画的に進められている企業はごく僅かではないでしょうか? 思うように運用の自動化が進まない理由はツール選定の問題や技術力の問題、開発リソースの不足、費用対効果の懸念など多種多様です。

運用自動化が進まない本音とその解決策

本セミナーでは運用自動化プラットフォームを自社で開発し、数多くの運用自動化支援を行ってきた株式会社コムスクエアが現場のリアルな声から挙がってきた運用自動化を実現するにあたっての障壁とそれを解決する手法を3つの観点からご紹介致します。

運用自動化を進めるための具体的プロセス

また、運用自動化プラットフォーム「ロボシュタイン」のデモンストレーションや実際の導入までのプロセス事例(費用対効果の考え方)などを通じ、運用自動化を推進する具体策もご紹介いたします。 運用の自動化・効率化が進まず、頭を抱えているデータセンター事業者、システム運用事業者のご担当者様はぜひご参加ください。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 【データセンター / システム運用事業者向け】運用自動化が進まない本音とその解決策

14:45~15:00 質疑応答

主催

株式会社コムスクエア(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

ITSM、ITIL、DevOps、CI/CDなどの用語解説と、多すぎる運用自動化ツールの整理...

3.5マジセミ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

クラウド時代の運用自動化

企業では、労働人口の減少や、DX推進などの背景から、業務自動化・効率化が強く求められていますが、システム運用の分野についても同様に「運用自動化」が求められています。 また、クラウドが普及した現在、システム運用はより複雑になったと言われており、そのような背景でも「運用自動化」が求められています。

DevOpsでも、運用自動化が必須

DXやアジャイル開発などを背景として、開発担当者と運用担当者が緊密に連携し、システム開発とリリースをスピーディーに行うための手法であるDevOpsが注目されています。 ここでも、ビルドやテスト、リリースなどを自動化する、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)などの運用自動化が必須となっています。

範囲が広くツールも多数提供されているため、混乱も

しかし、一言で「運用自動化」といってもその範囲は膨大です。 例えば以下のような項目があると思います。

・システム監視(マルチクラウドの監視を含む)

・ログ監視、ログ管理

・インシデント管理

・変更管理、構成管理

・バージョン管理

・障害対応などの自動化

・運用レポート作成などの自動化

・サーバー構築などの自動化、CI/CD

・ネットワーク管理

・性能管理

・オブザーバビリティ

・その他

DevOps、CI/CDや、ITSM、ITILなどの用語解説

そこで今回のセミナーでは、システム運用とは?から改めて見つめ直し、まずはDevOps、CI/CDや、ITSM、ITILなどの用語解説と、システム運用に関する最近の動向について整理します。

「運用自動化」のカテゴリを整理、分類したマップを作成し、それぞれのカテゴリについての解説と、いくつかのツールを紹介

その上で、企業が製品・サービスの導入を検討される際の参考となるように、「運用自動化」のカテゴリを整理、分類したマップを作成し、それぞれのカテゴリについての解説と、いくつかのツールを紹介します。

その後、企業の「運用自動化」に役立つ製品・サービスを厳選し、詳しく解説

また、いくつかの製品・サービスについては、詳しく内容を解説します。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:30 クラウド時代の運用自動化施策を、整理・分類 ~監視、インシデント管理から、障害対応やレポートの自動化、オブザーバビリティまで~

マジセミ株式会社

代表取締役社長 寺田雄一

15:30~16:00 DX時代に必要とされるクラウドの監視運用とは?

講演者: 株式会社スカイ365 代表取締役社長 小泉 信義

概要: DX推進によるシステムのクラウド化が進められ、オペレーションの現場ではクラウド運用ノウハウやスキルの不足、マルチクラウドやハイブリッドクラウドによるインフラ環境の複雑化等が課題となっております。 本公演ではスカイ365の業務ノウハウを交えながら、DX時代にお客様自らが高品質なオペレーションを行うために参考となる最先端情報を提供します。

16:00~16:15 運用自動化が進まない本音とその解決策

講演者: 株式会社コムスクエア マーケティングチーム リーダー 月田 圭亮

概要: IT分野の技術革新により企業が抱えるITインフラは多様化し、運用業務は複雑化の一途を辿っています。 人材不足から運用業務の自動化を検討する企業は増えていますが、実運用に至っている企業はほんの一握りではないでしょうか? 本セミナーでは運用自動化が進まない要因とその解決手段として弊社が独自開発した運用自動化プラットフォームをご紹介いたします。

16:15~16:30 ネットワークエンジニアの減少で負担が増える、企業のネットワーク運用管理

講演者: アラクサラネットワークス株式会社 マネージャー 小林 春樹

概要: ネットワーク管理業務は専門性が高いため属人化しやすく、構成が複雑なネットワークの接続管理表(Excel)を手動更新しているケースも多く、膨大な管理コスト・更新漏れなどのミス多発と課題が絶えません。 本セミナーでは、ネットワーク管理者の負担軽減を実現する方法をお伝えします。

16:30~17:00 質疑応答、クロージング

主催

マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

協賛

株式会社スカイ365(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社コムスクエア(プライバシー・ポリシー) アラクサラネットワークス株式会社(プライバシー・ポリシー) 株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る