2019年06月05日開催
コンテナ市場の展望(第2回:クリエーションラインIT最新動向会議) 3カテゴリ(AWS/Azure/GCP、IBM+RedHat、Docker/Pivotal)はどう動くのか?

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
メールアドレス

イベント内容

コンテナとは

今、Docker、Kubernetesなどに代表されるコンテナ技術が注目を集めています。
コンテナは、仮想化技術のひとつで、OS上にコンテナと呼ばれる仮想環境を作ります。
従来のVM型仮想化と異なり、カーネル部分をコンテナで共有するため、リソース使用量が少なく、起動時間が短いことが特徴です。

なぜ、コンテナが現れたのか?

なぜ、コンテナ技術は現れ、これほどまでに注目されているのでしょうか?
その理由は前述のような技術的な優位性だけではないはずです。

3カテゴリ(AWS/Azure/GCP、IBM+RedHat、Docker/Pivotal)の動向

コンテナ市場は、AWSやAzure、GCPなどのマネージドサービスと、RedHatを買収したIBMと、DockerやPivotalなどの勢力と、大きく3つにカテゴライズされます。
これらのカテゴリにおいて、今後コンテナ市場はどうなっていくのでしょうか?

「独自仕様」と「標準化」とのサイクル

IT業界では、先進的な「独自仕様(技術)」が普及し、それに対する「標準化」が進み、さらに新しい「独自仕様(技術)」が産まれる、といったサイクルを繰り返しています。
IT業界全体のこのサイクルの中でコンテナを見たときに、現在、そして将来はどのように位置付けられるのでしょうか?

2020年にはデファクトになるコンテナに、企業としてどう備えるべきか

来年には、企業情報システムにおいてコンテナはデファクトスタンダードな選択肢になると言われています。
その時に備えて、企業は今何をするべきなのでしょうか?

有識者を交えたディスカッション

本セミナーでは、コンテナ技術が産まれた背景や、今注目されている理由、3カテゴリ(AWS/Azure/GCP、IBM+RedHat、Docker/Pivotal)の動向、「独自仕様」と「標準化」とのサイクルで見たコンテナの現在と未来、そして今企業として何をするべきか、といったテーマについて、有識者を交えて議論していきます。

プログラム

17:30~18:00 受付

18:00~18:30 基調講演(コンテナ市場の展望)

クリエーションライン株式会社
取締役 Managing Director
鈴木逸平

18:30~20:00 パネルディスカッション

(パネリスト)
調整中

(モデレータ)
マジセミ株式会社
代表取締役社長
寺田雄一

主催(共催)

クリエーションライン株式会社
マジセミ株式会社

過去開催のセミナー