08月31日開催のウェビナー動画・資料公開ページ
【RPA未導入の中堅企業向け】RPA効果のイメージが湧かない人に、具体的な業務で解説 ~製造業の受発注業務、在庫管理、工場の勤怠管理はRPAでどう変わる?〜

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
所属部署
役職
電話番号
メールアドレス

イベント内容

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

「RPAで業務自動化」と言われてもイメージが湧かない

・上層部から「RPAを導入して業務を効率化せよ」と指示され、実際に何をしたらよいかイメージが湧かない…。
・テレワーク環境下で、業務の自動化を迫られているが、どの業務がRPAに向いているのかわからない…。
このようなお悩みを持つご担当者の方は多いのではないでしょうか?富士通マーケティングの調査結果によると、RPA導入が進まない要因として2番目に多いのが「対象業務が定まらない」というデータも出ています。

参照: https://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/mikata/special/company-change/survey-results/002.html

なぜRPAが必要か、何をRPAで自動化するか?

「とりあえず、こんな業務で使えそう」という見切り発車でRPAツールを導入して、多くの企業が失敗しています。

RPA導入目的が不明瞭のため、導入後に対象業務の選定に追われる

RPA化できる仕事が少ないので、社内で費用対効果や導入インパクトが見えづらくなり、使われなくなる

その結果、専門人材も育成できず、全社にRPAが浸透しない

製造業においてもこのようなスパイラルに陥ることは、往々にしてあります。
導入前に対象業務のイメージを持っておくことが、導入後の成否を分けるのです。
ご担当者さまも、ご自身で操作イメージのわかないツールは社内で稟議を上げにくいのではないでしょうか?

RPA未導入企業向けに「現場で使えるRPA実例」を具体的に紹介します。

本セミナーでは、「はじめてRPAを利用する方に、具体的なイメージを」をテーマに、製造現場におけるRPA自動化業務を解説します。デリバリーコンサルティングの業務効率化RPAツール「ipaSロボ」の製品紹介と使い方もレクチャーいたします。自社に置き換えたときに、どんな業務が自動化できそうかを、RPAとは何なのかを腹落ちしていただく内容になっています。RPAに触れたことのない初心者の方も奮ってご参加ください。

プログラム 

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:40 RPAの導入効果がイメージできていない方へ、具体的な業務で解説

・はじめてRPAを導入する際の課題とよくある失敗例
・RPAとシステム開発は何が違うのか?
・RPAが適用できる業務とは?
・製造業における自動化業務の実例
・非IT職でもデキる業務効率化RPAソリューション ”ipaSロボ”製品デモ

13:40~14:00 質疑応答

主催

株式会社デリバリーコンサルティング