11月09日開催のウェビナー動画・資料公開ページ
管理部門がRPAで自動化できる業務はどれだけあるのか?〜経理、人事、総務の定型・反復業務の事例を一挙に紹介〜

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
所属部署
役職
電話番号
メールアドレス

イベント内容

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

管理部門に大量に埋もれている「自動化できる」業務

働き方改革、テレワーク、DXの普及で、「業務自動化」はますますトレンドワードになりつつあります。会社の中に埋もれている業務のうち、自動化できる業務の多くは管理部門にあるとも言われています。
経理の入出金確認・消し込み作業、請求書送付、社員の勤怠管理、総務備品の利用状況レポーティング、名刺情報の登録など、RPAと相性がよい定型・反復業務は山ほどあります。

なぜRPAの導入が進まないのか?

それにも関わらず、RPA未導入の企業がまだまだ多いのは、何故でしょうか?
初めてRPAを導入する際に、担当者がぶつかる壁は共通しています。皆さんにもこんなお悩みはないでしょうか?

☑️RPAで業務効率化できそうな案件が少ない

☑️そもそも操作性が複雑で、使いこなせるイメージが湧かない

☑️社内に専門部隊やサポート体制がない

☑️RPAが大事だと理解しているが、社内を説得させられる材料が少ない

など、ユーザーの皆さんのRPAに対する情報量不足がネックになっていることが多いかと思います。
そこで、今回のセミナーでは、RPAの対象業務の実例をどこよりも多くご紹介します。

管理部門が情シスに頼らず、自ら業務自動化をした事例を一挙紹介!

本セミナーは「管理部門がRPAで自動化できる業務はどれだけあるのか」をテーマに、管理部門の抱える業務課題と原因、管理部門が自ら使い込むためのRPAの選び方、経理・総務・人事における業務自動化の事例を一挙にご紹介します。デリバリーコンサルティングが提供するRPAツール「ipas」の製品デモも行います。「これからRPAの導入を検討される方」は奮ってご参加ください。

プログラム 

12:45~13:00 受付

13:00〜13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:40 管理部門がRPAで自動化できる業務はどれだけあるのか?〜経理、人事、総務の定型・反復業務の事例を一挙に紹介〜

・管理部門業務の課題

・管理部門自らRPAを使いこなすためのポイント

・バックオフィス業務自動化の事例紹介
■出金・入金管理
■請求書送付
■入金管理
■問い合わせ対応
■入金消し込み処理
■勤怠
■顧客(名刺)情報登録
etc...

・ipas製品紹介、製品デモ
                  

13:40~14:00 質疑応答

主催

株式会社デリバリーコンサルティング(プライバシー・ポリシー