2021年06月30日開催
全ての接点に体験価値を!私たちの考える「3つのX」がもたらす共創

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
所属部署
役職
電話番号
メールアドレス

イベント内容

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

私たちの考える「3つのX」とは?

Xとは「体験価値(エクペリエンス)」を表現する言葉です。VUCA時代に突入し、顧客の期待は多様化し、求められる体験価値は、大きく変化しています。製品が高品質、サービスが正確・迅速・丁寧といった「顧客満足」を追求していればよい時代は終焉を迎えつつあるのではないでしょうか?
「顧客満足」を超える、多様な「体験価値」を獲得するために、私たちは「3つのX」が必要と考えています。
CX(Customer Experience):企業と顧客をつなぐ顧客体験価値
EX(Employee Experience):成果を上げる組織を創る従業員体験価値
DX(Digital Experience):提供する側、される側、両者にとって最適な環境を創るデジタル体験価値

3つのXをバラバラで考えていませんか?

多くの企業では3つのXの重要性を理解しているものの、「線」ではなく「点」で考えがちです。
CXを実現するために「ロイヤルティ向上」「顧客・行動分析」などの言葉や施策が独り歩きしていないでしょうか?
EXの向上を目的に、労働時間削減・職場環境改善などの取組みを実施して満足していないでしょうか?
DXの推進のために、人材の採用や専門組織設置、デジタルツールの導入が目的になっていないでしょうか?
そしてこれらの3つがどのような相関関係をもたらしているか、体系的に整理できているでしょうか?

X施策がもたらす「共創」成功のカギとは?

本セミナーでは、CX 3.0提唱者のジョン・グッドマンの翻訳で知られる、株式会社ラーニングイット代表取締役畑中氏、当社前社長乙黒 淳氏をゲストに迎え、顧客と従業員の双方に有効な「3つのX」成功の鍵を紐解きます。さらに最新のCX事情、CXとEX、DXの相関性を、「ファンベース」「ウェルビーイング」などのキーワードを用いながら、解説していきます。経営者、企画・マーケティング責任者の方必聴の内容です。ふるってご参加ください!

プログラム 

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ )

13:05〜13:20 昨今のCX総括〜顧客体験価値はどう変わってきたか?(仮題)

(株式会社ラーニングイット代表取締役 畑中伸介 氏)
1979年関西外国語大学卒業、
1981年創業時のベルシステム24に入社。翌年に渡米し、チェスコムの 米国法人立上げに従事。
1985年アイディアリンク・ジャパンを設立。日米間の企業の新規事業コンサルティングを行う。滞米16年を経て、1998年株式会社プロシードのCOPC事業部を設立。コンタクトセンターのパフォーマンス規格を普及させ、200社を超える日本企業の顧客サービス品質審査、コンサルティングに従事。2011年株式会社ラーニングイットを設立。顧客サービスを中心にワークショップやコンサルティングを行う。現在、同社代表取締役社長。

13:20〜13:35 ウェルビーイングから考える、CXとEXの実行(仮題)

(富士通コミュニケーションサービス前社長 乙黒淳 氏)
早稲田大学政治経済学部卒、1980年に富士通入社。1994年に富士通コミュニケーションサービスに出向。
マーケティング本部販売推進課長、取締役事業推進本部長などを歴任。
2013年6月代表取締役社長就任。
現在は、経営的アドバイスと幹部社員の育成「oto-growing塾」を開設し指導にあたっている。

13:35〜13:40 真のDXとは何か?CX・EXとの関係性(仮題)

(富士通コミュニケーションサービス 営業本部長 於久佳史)
国内製造業のアカウント営業及びSCM/ERPの拡販。
中国における広報・プロモーション、マーケティング部門にてロイヤルティ向上施策を企画立案し実践。
現在は、デジタル技術を活用しCX/EXを向上させ、ロイヤルティを高めるサービスの企画/マーケティング/営業活動を実践中。

13:40〜13:50 3つのX施策の成功の鍵とは?(仮題)

(パネルディスカッション)

13:50~14:00 質疑応答

主催

富士通コミュニケーションサービス株式会社(CSL)

協力

株式会社ラーニングイット