TOP /  開発 /  バーチャル・ベトナム視察ツアー ~オフショア開発の現場をオンラインで視察する~

バーチャル・ベトナム視察ツアー ~オフショア開発の現場をオンラインで視察する~ | 開発

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
メールアドレス


イベント内容


本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。
https://zoom.us/test
 
 

オフショア開発を検討されている企業を優先させて頂きます

そうでない企業はお断りさせて頂く場合があります。あらかじめご了承下さい。
 
 

コロナ禍で、ITエンジニアは不足、単価も大幅UP

新型コロナウイルスの感染拡大で、コスト削減を急いでいる企業も多いと思いますが、ITエンジニアはテレワークへの対応や、今後急速に加速するデジタルトランスフォーメーションへの対応などのため、従来よりもさらに不足しています。
また、単価も大幅にUPしています。
人材サービス大手のエン・ジャパンによると、
・「社内SE」の3月の求人は前年同月に比べ67.3%増えた。
・「運用管理・保守」は57.3%増。4月も2ケタ増が続きそうだ。
・時給も上がっている。社内SEは3月に2.5%(55円)高い2298円となり、4月はさらに5%弱上がる見込みだ。
とのこと。
 

益々増える、ベトナムオフショア開発

このような中、ベトナムへのオフショア開発が増えています。
オフショア開発と言えば、中国が主流ですが、システムエンジニア人件費が急速に上昇しており、開発コストが増大しています。そこで、ベトナムへのオフショア開発が増えています。
 

オフショア開発の現場をオンラインで視察する

ベトナムオフショア開発を検討している企業は「一度視察して、現場を見てから決めたい」という方がほとんどです。
 
しかしこのコロナ禍でベトナムへの渡航は難しい状況です。
 
そこで我々は、オンラインで実際の開発現場を視察する「バーチャル視察ツアー」を企画しました。
 

参加者からのチャットでの要望に柔軟に対応

当日は、実際の開発現場にカメラを入れてお見せするのはもちろんですが、参加者からの「●●●を見せて」とか「●●●はどうなってるの?」などの質問にも、柔軟にお答えしていきます。
 
貴重な体験ですので、ぜひご参加下さい。
 
 

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:15 オープニング

16:15~16:30 ベトナム最新事情

16:30~17:15 開発現場の視察

17:15~18:00 参加者からのリクエスト、質疑応答

 
 

主催

株式会社NAL JAPAN

過去開催のセミナー

2018
04/25 (水)
16:48 〜 16:48
他のカテゴリから探す