TOP /  開発 /  マイクロソフトが提供するローコード開発環境「Power Apps」超入門 ~どのようなシステムに適用できるのか?~

マイクロソフトが提供するローコード開発環境「Power Apps」超入門 ~どのようなシステムに適用できるのか?~ | 開発

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
メールアドレス


イベント内容

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。
https://zoom.us/test

PowerAppsの開発をオフショアで行うことを検討されている企業の方を優先させて頂きます。

それ以外の方はご参加をお断りする場合があります。あらかじめご了承下さい。

注目されるローコード開発

ローコード開発が注目されています。その理由はいくつかあります。

日本においては、今後もエンジニア不足が見込まれており、ソフトウェア開発の生産性を飛躍的に高める必要がある

コロナウイルスの感染拡大により、DXへの取り組みがより注目されるようになった。

その結果、業務アプリ開発はよりスピード感が求められるように。

マイクロソフトが提供するローコード開発環境「Power Apps」

そんな中、マイクロソフトは「Power Apps」というローコード開発ツールを提供しています。

「Power Apps」は、プロセスの自動化を行える「Power Automate」、BIツールである「Power BI」とともに、「Microsoft Power Platform」を構成するサービスの1つで、プログラミングの必要なくビジネスアプリケーションが作成できるツールです。

本セミナーでは、「Power Apps」の概要と、どのようなアプリが作成できるのかについて解説します。

どのようなシステムに適用できるのか?

また、後半ではウェビナー参加者にも、チャットで議論に参加して頂き、どういったシーンに向いているのか、などについてディスカッションしていきます。

NALからも、どのようなシステムでPower Appsに対する引き合いがあるのかなど、情報をご提供致します。

最後に、「Power Apps」を使ったアプリケーション開発サービスと、そのトライアルについてもご紹介します。

【重要】チャットディスカッションの注意事項

後半のチャットディスカッションは、以下のルールで実施します。

・司会者がファシリテーションしていきます。
・参加者には、チャットで積極的に発言して頂きます。
・司会者は、参加者おひとりずつ質問を投げかけていきます。
・司会者が呼びかけた際には、チャットで必ずコメントをお願いします。
・発言・コメントが無い参加者は、強制的に退出して頂きます。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング

13:05~13:35 マイクロソフトが提供するローコード開発環境「Power Apps」超入門

13:35~14:00 チャットディスカッション(どのようなシステムに適用できるのか?)

主催

株式会社NAL JAPAN

過去開催のセミナー

2018
04/25 (水)
16:48 〜 16:48
他のカテゴリから探す