TOP /  セキュリティ /  オープンソースのコンプライアンス違反に巻き込まれないために ~次世代のOSS管理ツール「FOSSID」のご紹介~

オープンソースのコンプライアンス違反に巻き込まれないために ~次世代のOSS管理ツール「FOSSID」のご紹介~ | セキュリティ

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
メールアドレス


イベント内容


オープンソースライセンス違反のリスク

OSSの利用は、貴社のシステム要件に合わせ、ソースコードの改変やカスタマイズが自由に行えるなど、多くのメリットがある反面、ライセンス違反というコンプライアンス問題や脆弱性の問題といったリスクも少なくありません。
一方、開発ソースコードやシステムの中にどのようなOSSが利用されているかを把握することは大変困難であり、上記のようなリスク対策を行う事は大きな課題となっています。

いくつか製品はあるが高額

コンプライアンス強化の必要性が強く要請される中、OSSを導入するにあたっては、OSSライセンスを正しく理解すること、また導入後の脆弱性の管理をしっかり行うことが様々なリスクを回避する上で重要となります。
しかし、従来型のOSS管理ツールはとても高額です。

次世代のOSS管理ツール「FOSSID」のご紹介

OSSの脆弱性やライセンス違反を検知する「FOSSID」は、業界最大規模の約4700万件に及ぶ大規模なOSSプロジェクトの情報をナレッジベースに蓄積しているのが特徴です。

本セミナーでは、昨今急速に成長している「FOSSID」の機能を徹底解説します。
 
 

プログラム

 

15:00~15:30 受付

 

15:30~16:30 次世代のOSS管理ツール「FOSSID」のご紹介とデモ

FOSSIDは、ソースコードをスキャンし、OSS(オープンソースソフトウェア)の検知、ライセンス情報やセキュリティ脆弱性情報をレポートします。OSSに起因して発生するリスクなどを交えながら、FOSSIDの機能概要や活用例などをご紹介します。
また、FOSSIDの画面をご覧いただきながら、操作性や提供されるレポートなどを詳しくご紹介します。

16:30~17:00 質疑応答、個別相談会

主催

テクマトリックス株式会社

過去開催のセミナー

2019
11/12(火)
15:00 〜 16:35
2019
01/23(水)
15:00 〜 17:00
■このセミナーの講演資料
他のカテゴリから探す
関連するセミナーの講演資料
ゼロトラストの第一歩は、「AzureAD」の活用から クラウド利用におけるシャドーITのリスク 専門機関が安全性を危惧する「SMS認証」のリスク実態と、その代替手段 ~電話をかけるだけの簡単な操作で本人確認・個人認証できる電話発信認証サービス<TELEO>~ テレワークを支えてきたVPNが抱える課題と、それを解決する「ゼロトラスト接続サービス Keygateway」 いまさら聞けないMicrosoft365導入後のログ運用の落とし穴とは 〜SIEMのログ収集・アラート管理、SOARによる運用自動化を解説〜 テレワークを支えてきたVPNが抱える課題と、それを解決する「ゼロトラスト接続サービス Keygateway」 AzureAD/Microsoft365へのユーザー登録、権限設定を自動化する方法 ~ID管理クラウドサービス「Keyspider」とAzureAD/365とを連携する~ 【情シス責任者/管理職向け】なぜセキュリティ研修は形骸化してしまうのか? 〜社員のセキュリティ意識向上と情シス担当の負荷軽減を両立するには〜 CX(顧客体験)の実現に役立つ B2C向け認証基盤の仕組みと構成技術 〜認証基盤の重要性と、本人認証・ID統合の実装とデモ〜 テレワークに“ゼロトラスト”を取り入れて、社内システムへセキュアに接続 ~VPNを使わず、セキュリティをより高めるには?~