TOP /  運用 /  失敗例から見る、JUnitによる単体テストの課題と、工数削減の方法~Jtestとは~

失敗例から見る、JUnitによる単体テストの課題と、工数削減の方法~Jtestとは~ | 運用

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
メールアドレス


イベント内容


JUnitとは

JUnitは、Javaプログラムの単体テストを行うためのツールです。 単体テスト自動化するツールとしてJava開発のプロジェクトで多く使われています。

JUnitの問題点

しかし実際運用してみると、逆に工数が増えたり、手間が増えてしまうケースも多く存在します。原因の一つは、膨大なテストコードを作成する必要があるためです。

単体テストコードのメンテナンスが大変

またテストコードは、最初の一回を作るだけならよいのですが、運用フェーズでの仕様変更やバグ対応のために、開発コードを修正するとテストコードの修正も必要になり、作業量が二倍近くに増大します。

失敗例から見る、JUnitによる単体テストの課題の解説

このように、JUnitによる単体テストには様々な課題があります。本セミナーではこれらの課題について解説します。

Jtestによる単体テストの工数削減方法を解説

更にこの課題を解決する方法として、テストコード作成の負荷を軽減し、33%程度の工数削減を実現する単体テストツール「Jtest」をご紹介します。

■プログラム
14:30~15:00 受付
15:00~15:30 失敗例からみるJunit単体テストのあれこれ
15:30~16:00 JTestによる単体テストの工数削減とROIを向上させる秘策
16:00~16:20 テクマトリックスが提供するソリューションのご紹介
16:20~16:50 質疑応答

主催

テクマトリックス株式会社‎

過去開催のセミナー

2019
11/12(火)
15:00 〜 16:35
2019
01/23(水)
15:00 〜 17:00
■このセミナーの講演資料
他のカテゴリから探す