TOP /  運用管理/運用自動化 /  OSSで実現する、ハイブリッドクラウドにおける運用管理とデータ保護(Zabbix、OTRS、Ansible、DRBDの活用)

OSSで実現する、ハイブリッドクラウドにおける運用管理とデータ保護(Zabbix、OTRS、Ansible、DRBDの活用) | 運用管理/運用自動化

セミナー全体の評価と、参加者からのコメント

参加者によるこのセミナーの評価は、
4.0 でした!(5点満点中)
セミナー名 OSSで実現する、ハイブリッドクラウドにおける運用管理とデータ保護(Zabbix、OTRS、Ansible、DRBDの活用)
講演企業 CTCシステムマネジメント株式会社 、株式会社サードウェア
開催日 2016年08月05日
製造業 20代 男性 の参加者
Zabbixのシステム機能がわかって良かった。
消費者に対してITを提供する企業(Webサービス、ゲームなど) 50代 男性 の参加者
やはり資料はあった方が良い
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 40代 男性 の参加者
良かったところ:技術に焦点があたっていたところ もう少し伺いたいところ:提供サービスと実績
金融業・保険業・証券業 30代 男性 の参加者
前半の内容はある程度知っている概要どまりだった 後半は興味あり
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 40代 男性 の参加者
コメントなし
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 40代 男性 の参加者
代表的なソフトウエアの情報が知れて良かった。別の形でもよろ特化したセミナーでもよいかと(OTRSとか)
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 30代 男性 の参加者
悪かったところは、特にない。新しい情報が入手出来たので満足している。
匿名の参加者
運用まわりの意識が高まりました。DRBDは実務に近いところもありますので、試させて頂きます。
匿名の参加者
知らないOSS製品の紹介を頂けて良かった。自分でも試してみたい。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 30代 男性 の参加者
コメントなし
消費者に対してITを提供する企業(Webサービス、ゲームなど) 30代 男性 の参加者
コメントなし

「ハイブリッドクラウド」「マルチクラウド」

この数年で「クラウド」は企業に浸透してきました。
プライベートクラウドだけでなく、Amazon Web ServiceやMicrosoft Azureなどのパブリッククラウドを、企業の業務システムで活用することも珍しくない状況になりつつあります。

しかし、1つのクラウド環境に依存するのは、リスクが高いと判断されるケースもあります。
そこで、プライベートクラウドとパブリックプラウドとの並用する「ハイブリッドクラウド」を選択するケースが増えています。
さらに、複数のパブリッククラウドを活用して、システム毎に最適なパブリッククラウドを選択したり、データを分散させて管理したりする「マルチクラウド」を採用するケースも増えています。

「ハイブリッドクラウド」「マルチクラウド」の運用管理はどうするべきか

本セミナーでは、「マルチクラウド」における運用管理について、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」などを活用した、具体的な構成を提案します。

さらに、運用監視と連携したクラウド環境の運用管理および自動化に対して、「OTRS」、「Ansible」などを活用して低コスト・高品質な運用基盤を実現する方法についてもご紹介致します。

「ハイブリッドクラウド」「マルチクラウド」のデータ保護やDRはどうするべきか

また、「ハイブリッドクラウド」「マルチクラウド」を使ってディザスターリカバリー(DR)をどのように実現するか、「ハイブリッドクラウド」「マルチクラウド」全体のデータ保護をどのように実現するかについて、オープンソースのデータレプリケーションツール「DRBD」を活用した方法をご提案します。

本セミナーの対象者

・「ハイブリッドクラウド」「マルチクラウド」を検討している、企業の情報システム部門、又はシステムインテグレーター
・営業担当者、システムエンジニア、マネージャー

少人数でのセミナーのため、お早めにお申し込み下さい!

スケジュール

17:30 ~ 18:00 受付
18:00 ~ 18:40 (講演1)OSSで実現!ハイブリッドクラウド環境を支える運用管理について
          CTCシステムマネジメント株式会社
          ソリューションサービス本部 運用・自動化サービス推進部
          三宅徹芳

18:40 ~ 19:20 (講演2)クラウド環境におけるデータ保護
          株式会社サードウェア 代表取締役社長
          久保元治

19:20 ~ 20:00 質疑応答、アンケート

主催

株式会社サードウェア
CTCシステムマネジメント株式会社

(協力)株式会社オープンソース活用研究所


※ご登録いただいた個人情報は、主催企業各社、及びオープンソース活用研究所の個人情報保護方針に従い厳重に管理され、情報交換のほかサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただくことがあります。
※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

他のカテゴリから探す

IT業界の改革にご協力いただけませんか?

本サイトは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、中小IT企業による”本気”の情報提供セミナー「マジセミ」の結果レポートページです。「マジセミ」は、次を目的として活動しています。

我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会に貢献できる、そんなIT業界を創りたいと考えています。

そのためには、技術をもった中小のIT企業がもっと元気になる必要がある。その為には、技術をもった中小のIT企業を、もっと皆様に知って頂く必要がある、と考えました。

株式会社オープンソース活用研究所
代表取締役所長 寺田雄一

本当かウソか、あなたが見極めてください。

もし、我々のこの活動にご賛同していただけるのであれば、ぜひ下のセミナーに参加してください。

「なんだ、結局ただの売り込みセミナーじゃないか」

もしそう感じたら、アンケートなり、あなたのFacebookなりに、そのままお書き頂き、拡散して頂いて構いません。

参加者からのお褒めの言葉、お叱りの言葉が、我々中小IT企業を成長させ、それが日本のIT業界を変えていくのだと、強く確信しています。

あなたの行動が、日本のIT業界を変えるのです。

日程を確認していただき、ご興味のあるセミナータイトルをクリックしてください。

「マジセミ」のFacebookページ

今後のセミナー情報などを提供させていただきたますので、「マジセミ」のFacebookページに「いいね!」をお願いします。

日本のIT業界を変えるためのアクション、ありがとうございました!

関連するセミナーの講演資料
「Webシステムにおける性能問題の原因調査」の難しさと、その対策について 失敗例から見る、JUnitによる単体テストの課題と、工数削減の方法~Jtestとは~ B2C、B2B向けWebサービスにおける認証基盤のあり方 ~便利と安全を両立させる認証・認可と、その最新技術~ OSSの監視ツール、本当にZabbixだけでよいのか? ~CactiやIcinga2など、他のOSS監視ツールが適しているケースとは~ RPAだけでは自動化できない業務を、どう効率化すればよいのか? ~Robochestrationという考え方について~ システム運用の効率化と、Zabbixによるクラウド環境、コンテナ環境の監視 【大阪開催】情シスアンケートから見たワークフロー製品の課題解説と、ワークフロー製品リプレースのポイント ~「2重入力」「連携できない」を解決する方法/他社製品からの移行ポイント~ 稼働管理超過で失敗しない、Redmineによるプロジェクト管理方法とは ~Redmineに、グローバル・ガントチャートや稼働時間管理の機能を追加~ 【東京開催】情シスアンケートから見たワークフロー製品の課題解説と、ワークフロー製品リプレースのポイント ~「2重入力」「連携できない」を解決する方法/他社製品からの移行ポイント~ なぜ、Webシステムの性能問題の原因調査は難しいのか?