TOP /  インフラ /  テレワークでの、主要ツールの選択 (ビジネスチャットとオンラインストレージ)

テレワークでの、主要ツールの選択 (ビジネスチャットとオンラインストレージ) | インフラ

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
所属部署
役  職
電話番号
メールアドレス


イベント内容


本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。
https://zoom.us/test

第二波が懸念される中、テレワークの推進は必須

新型コロナウィルスの感染が再び増加しています。
緊急事態宣言の後、一部の企業ではテレワークを解除しているところもあるようですが、「ニューノーマル」と言われているように、テレワークは恒久的な施策として推進していく必要があります。

そこで本セミナーでは、テレワークにおける主要ツールである、ビジネスチャットとオンラインストレージについて、解説していきます。

ビジネスチャットの比較(Slack、Chatwork、LINE WORKS、・・・)

ビジネスチャットは、Slack、Chatwork、LINE WORKSなどが人気です。
これらはどう違うのでしょうか?
どのような観点で比較、選定すればよいのでしょうか?

主催企業のサービスである「Chat45」を交えて解説します。

自宅PCで機密情報を扱うリスク

テレワークにおいて、場所を選ばずファイルを共有できるオンラインストレージは必須のツールです。

しかし、自宅PCなどで機密情報などを扱うことになるため、様々なリスクがあります。

自宅PCにある機密情報を、社員や家族が持ち出してしまう

自宅PCにある機密情報が、メール添付などで外部に漏洩してしまう

自宅PCの画面のスクリーンショットを保存することで、機密情報が漏洩してしまう

自宅PCがウィルスに感染し、そのPC上のファイルはもちろん、オンラインストレージ上のファイルまで影響が及ぶ

このようなリスクに対して、どのような対策を取るべきなのか、「セキュアSAMBAPro」の紹介や事例を交えて解説します。

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~10:20 ビジネスチャットの比較

10:20~10:40 自宅PCで機密情報を扱うリスクと対策

10:40~11:00 質疑応答

主催(共催)

株式会社 Nurinubi
スターティアレイズ株式会社

過去開催のセミナー

2019
11/27 (水)
15:00 〜 16:30
他のカテゴリから探す
関連するセミナーの講演資料
ITサービス事業者が抑えておくべきクラウド基盤の選び方とは?(AWSか?プライベートか?) 中小企業「ひとり情シス」のための、AWSクラウド移行に関する質問大会 ~2020 APN AWS Top Engineers選出のエバンジェリスト白鳥が回答~ ニューノーマルな働き方へ!Microsoft 365セキュリティ&Teams運用強化セミナー Teams運用や管理、アクセス制御やメールセキュリティなどの課題について、解決方法をご紹介 エンタープライズ領域における、Docker、Kubernetesの重要性について ~マルチクラウドやDXまで考えた場合の、コンテナ活用のメリット~ ビジネス変革と共に進化を遂げる!NVMe-oF で共通基盤インフラ最適化 【SIer限定】エンジニアが消耗するネットワークテスト問題を「テスト自動化」で解決する 〜テレワークで増えるネットワーク機器リプレース対応~ DXを「あなたのチームだけで、まずは始めてみる」ための、具体的なプロセスとツール ~Slalomのプロダクト開発メソッドとクラウドインテグレーションツール「Boomi」で始めるDX~ 「ひとり情シス」向け、はじめてのAWSはファイルサーバーから ~EBS、EFS、FSx for Windows Server、S3の4方式の構成と比較~ 脱・その場しのぎのテレワーク~今こそ考えるべき定着化を実現する仕組みとは~ 主要な仕組みのメリ/デメと共に考える、セキュリティ対策や可視化の重要性 Microsoft Intune / Autopilotで解決するテレワーク時代のPC・スマホ管理 〜情シスご担当が押さえておくべき課題と対策~