03月04日開催のウェビナー動画・資料公開ページ
リモートワーク拡大・長期化で生じる、ニューノーマル時代の認証基盤・ID管理課題 〜シングルサインオン、ID管理、電子証明書〜

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
所属部署
役職
電話番号
メールアドレス

イベント内容

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLはマジセミ株式会社から、お申込み後にメールでご連絡致します。なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

在宅勤務・リモートワークで増える、クラウドサービス(SaaS) と多様デバイスの業務利用

コロナ禍に入り在宅勤務・リモートワークが急速に拡大しました。その環境を整えるため
に企業でのクラウドサービス(SaaS)の利用も急速に広がっています。

クラウドサービスの利用にあたり、認証・アクセス管理を適切に設定・運用しなければ、
退職・契約終了者からの情報漏洩、不正アクセスによる情報漏洩、私物デバイスを介した
情報漏洩等のセキュリティインシデント発生のリスクが高まります。

運用が破綻しないSaaSのID管理・認証をどう実現するか?

在宅勤務・リモートワークの定着や、生産性向上などの働き方改革への取り組みにより、
企業でのクラウドサービス(SaaS)の利用は、今後ますます広がることが予想されます。

そのため、個々のSaaSでのパスワード管理、多要素認証の設定、退職者・契約終了者IDの
停止などの認証・アクセス管理の運用を徹底することはますます困難となります。

また、許可されたデバイスを認証し未許可デバイスの利用をブロックする仕組みも、検討
が求められるでしょう。

こうした環境では、どのようにID管理システムの負担を軽減しながら、適切な認証・アク
セス管理の運用をすることがベストなのでしょうか?

ニューノーマル時代に目指すべきIT環境とは?

IT活用ニーズ変化と企業内のID・デバイスのライフサイクルに合わせて、認証システム・
ID管理システムの運用を設計していく必要があります。

本セミナーでは、ニューノーマル時代に企業が目指すべきIT環境と、認証基盤・ID管理で
対応すべきことを解説いたします。

▼こんな方におすすめ
・大手企業の情シス部門の担当者、責任者
・認証強化やID管理をご検討の方
・セキュリティや品質管理のご担当者

プログラム 

15:45~16:00 受付

16:00~16:05 オープニング(マジセミ)

16:05~16:40 

講演内容
リモートワーク拡大・長期化で生じる、ニューノーマル時代の認証基盤・ID管理課題
・リモートワーク下でのID管理と認証の課題
・運用が破綻しないSaaSのID管理・認証をどう実現するか?
・許可されたデバイスでの認証をどう運用するか?
・認証システム、ID管理システム、証明書発行システムのソリューション(ThemiStruct)

16:40~17:00 質疑応答

主催

株式会社オージス総研