システム開発

システム開発

Development

システム開発の課題を解決するウェビナー

アジャイル開発、オフショア開発、ローコード・ノーコード・kintone(キントーン)など、システム開発の最新手法や、プロジェクト管理をスムーズにするツール&ノウハウを知ることができるウェビナーが満載です。

システム開発・テスト
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

「仕様書無し」「前任者不在」 でドキュメントがないシステム開発現場 ~「とりあえずリバースエ...

3.7バルテス・モバイルテクノロジー株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

ブラックボックス化したシステムが蔓延

長年の運用と度重なる改修を経て、企業のシステム資産の中にはブラックボックス化したシステムが数多く存在しています。それらのシステムでは、内部構造や動作原理が不明瞭になっており、担当者の引継ぎ不足も相まって、全体像の把握が困難な状況に陥っているケースが少なくありません。

マイグレーション、リファクタリング、保守作業の足かせとなるドキュメント不足

ブラックボックス化の弊害は、特にシステムのマイグレーションやリファクタリング、保守作業の際に顕在化します。これらの作業では、既存システムの正確な理解が不可欠ですが、肝心の仕様書やドキュメントが不足していたり、詳しい担当者が既に退職していたりと、必要な情報が得られないことが頻発しています。その場しのぎの対応に追われるうちに、ドキュメント整備に割くリソースも確保できず、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

ドキュメント整備のために、とりあえずリバースエンジニアリング?

ブラックボックス化の解消とドキュメント不足の解消を目指して、ソースコードと実際のシステム挙動からドキュメントを復元するリバースエンジニアリングに活路を見出そうとする動きが多く見られます。一見、合理的なアプローチに思えますが、本当に全てのケースでリバースエンジニアリングが最適解と言えるのでしょうか?安易な適用は、かえって問題を複雑化させるリスクがあります。必要以上に完璧なドキュメント作成に固執するあまり、本来のシステム改修の目的を見失い、コストと工数だけが肥大化する危険性があるのです。リバースエンジニアリングはあくまで手段であり、ゴールではないことを肝に銘じる必要があります。

リバースエンジニアリングの成否を分けるポイントを事例とともに解説

本セミナーでは、リバースエンジニアリングの成否を分ける重要ポイントを、実際の事例を交えてお伝えします。「仕様書がない」「前任者がいない」などのブラックボックス化したシステムの改修やマイグレーション、保守にお悩みの方は、ぜひご参加ください。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 「仕様書無し」「前任者不在」 でドキュメントがないシステム開発現場~「とりあえずリバースエンジニアリング」の失敗を避け、最も費用対効果の高い解決策を得るコツを解説~

14:45~15:00 質疑応答

主催

バルテス・モバイルテクノロジー株式会社(プライバシー・ポリシー

共催

バルテス株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

資料を見る

【再放送】【2030年に製造・販売終了】成功事例から見る、富士通メインフレームのオープン化 ...

3.6株式会社シーイーシー

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

本セミナーは 2024年 3月 27日(水)開催されたセミナーの再放送です。

多くのご要望をいただきましたので、再放送の開催が決まりました!

富士通メインフレーム撤退の衝撃

富士通株式会社はメインフレーム(大型汎用コンピューター)の生産を2030年で終了し、サポートも2035年で終えることを発表しています。この発表は、長年にわたり富士通メインフレームを中心にITインフラを構築してきた企業にとっては、事業の継続性を確保するための重大なターニングポイントとなります。多少の猶予期間はあるものの、計画的かつ効率的な移行には十分な準備期間が必要となるため、早期の対応が求められます。

レガシーシステム刷新はどうすればよい?

メインフレームシステムは、その複雑化、老朽化、ブラックボックス化により、維持・運用コストの高騰、人材の高齢化など、多くの課題を抱えています。しかし、そのシステムの刷新・オープン化もまた複雑かつ困難なプロセスです。技術的な課題、移行に伴うリスク、そして何よりも業務への影響を最小限に抑える必要があります。

富士通・IBMメインフレームのリホストマイグレーション事例を解説

リホストマイグレーションは、このような課題を解決するための有効な手段です。 リホストマイグレーションによって、業務プロセスやアプリケーションを大きく変更することなく、新しい環境へ移行することが可能になります。本セミナーでは、富士通およびIBMメインフレームからオープンシステムへのリホストマイグレーションに成功した企業の事例を具体的に解説します。また、移行計画の立案から実施、アフターサポートまで、総合的なサービスを提供するリホストマイグレーションサービスついても紹介予定です。メインフレームシステムの刷新という大きな課題に対し、具体的な解決策を模索されている方はぜひご参加ください。

プログラム

11:45~12:00 受付

12:00~12:05 オープニング(マジセミ)

12:05~12:45 【2030年に製造・販売終了】成功事例から見る、富士通メインフレームのオープン化〜短期間・ローリスクで移行可能「リホストマイグレーション」を解説〜

12:45~13:00 質疑応答

※当日いただいたご質問は後日開催企業より直接回答させていただきます。

主催

株式会社シーイーシー(プライバシー・ポリシー

協力

日本ティーマックスソフト株式会社(プライバシー・ポリシー

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

レガシーシステムを活かしつつ、業務効率化とDX推進を段階的に実現する方法とは? ~IBMiを...

3.7NDIソリューションズ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

レガシーシステムの課題と段階的なモダナイゼーションの必要性

IBM i(旧AS/400)は、信頼性や運用の容易さから、今なお多くの企業に利用され続けています。しかし一方で、保守要員の高齢化やスキル継承の困難さ、レガシーシステム老朽化による業務効率の低下など、さまざまな課題を抱えているのも事実です。

レガシーシステム刷新の障壁

レガシーシステムを刷新するには、コストと時間がかかるため、多くの企業では踏み切れずにいます。また、システム全体を一新することは、IBM iの優位性を損なう可能性があります。理想的なのは、システムの強みを活かしつつ、必要な部分だけを段階的に刷新していくことですが、そのための適切な方法論と技術選定が課題となっています。

楽々Framework3による高生産かつ高品質なシステム再構築

当社が提供する「楽々Framework3」は、基幹システム刷新に最適なローコード開発基盤です。業務に必要な部品がほぼ全て用意されており、業務ロジックに合わせた柔軟な拡張が可能です。また、基本的にコーディング不要で、属人化リスクを軽減しつつ、開発スピードと品質を担保できます。 本セミナーでは、レガシーシステムの課題を解決する「楽々Framework3」の特長と活用方法を詳しく解説します。IBM iの強みを生かした、段階的なモダナイゼーションへの第一歩を踏み出す方法に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 レガシーシステムを活かしつつ、業務効率化とDX推進を段階的に実現する方法とは?~IBMiを標準部品で属人化を排除、最小コストで最短期間にモダナイゼーションを実現~

11:45~12:00 質疑応答

主催

NDIソリューションズ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

住友電工情報システム株式会社(プライバシー・ポリシー

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

Strutsの脆弱性放置は情報漏えいや損害賠償のリスク 〜セキュリティリスクを速やかに解消す...

3.4株式会社シーイーシー

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

Strutsの脆弱性を狙った事故が多発、70万件の個人情報流出事故も

Apache Struts(以下Struts)の脆弱性を狙った攻撃が急増しており、大規模な情報漏えい事故が多発しています。実際に、70万件を超える個人情報が流出した事例もあり、株価下落や顧客離れなど、企業は計り知れない損害を被っています。サポートが終了したシステムをそのまま使い続けることは、企業として社会的責任が問われるリスクもはらんでいます。

必要性は感じているが、具体的な移行方法がわからない

Strutsの脆弱性はセキュリティパッチを適用する方法がありますが、それだけでは抜本的な解決にならないため、最新のフレームワークへ計画的にマイグレーションし、リスクを根本から取り除くことが重要です。しかし、そのハードルの高さに二の足を踏む企業も少なくないのが実情です。

最新フレームワークへスムーズに移行する方法を解説

本セミナーでは、金融・製造・公共など、さまざまな業界の実例を交えながら、現行機能を維持したまま確実に最新フレームワークへ移行できるシーイーシーの「Re@nove」を用いたマイグレーション手法をご紹介します。 「Re@nove」は、プランニングから移行後の運用までワンストップに対応可能で、自動変換ツールと豊富なマイグレーション実績に基づくノウハウを駆使し、低リスク・高品質・スピーディな移行を実現します。Strutsの脆弱性・リスク対策の必要性を認識しているものの、なかなか着手できていない、具体的な移行方法がわからないとお悩みの企業様はぜひご参加ください。

プログラム

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 Strutsの脆弱性放置は情報漏洩や損害賠償のリスク〜セキュリティリスクを速やかに解消するStruts脆弱性対策マイグレーションとは〜

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社シーイーシー(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

資料を見る

レガシーアーキテクチャからの脱却、今どきのクラウドサービス基盤を解説 ~AWS・Dynatr...

0.0株式会社ジール

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「zdh.co.jp」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

講演内容

昨今、ビジネスサイクルが早まり、顧客サービスを提供するクラウド基盤には、 開発生産性の向上と、ユーザーへの高い信頼性・快適なパフォーマンスを継続提供することが必要となっています。

このようなことは、これまでのレガシーなアーキテクチャでは実現が難しいことから、今どきのクラウドネイティブなサービス基盤に移行することが早急に求められています。

本セミナーでは、レガシーアーキテクチャからクラウドネイティブなAWSサービス基盤への移行モデルから、 新しいアーキテクチャに対応し信頼性を高めるAI Ops、障害対応時間の短縮と内製化を実現するインシデント管理サービスまで、クラウドサービス基盤に必要となる要素を解説します。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~16:20

[第1部]クラウド移行の考え方と移行方式を学ぶ ~AWS移行入門~

本セッションではクラウド移行をご検討中のお客様にクラウド移行をテーマにして、何故クラウドに移行するのか、どのように移行を行っていけばよいのか、その考え方についてご紹介します。

〈登壇者〉 アマゾンウェブサービスジャパン合同会社 パートナーアライアンス事業本部 パートナー技術統括本部 ソリューションアーキテクト 廣岡 佑哉氏



〈略歴〉 2017年からソフトウェアエンジニアとして6年間、バックエンド開発からフロントエンド開発、アジャイル開発、ビジネスの企画までさまざまな業務を経験し、 その後2022年にアマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社に入社。その後はパートナーソリューションアーキテクトとしてパートナー様のビジネスを技術的な側面からサポート。







[第2部]モダナイゼーションに必要不可欠なObservability

最近Observabilityってよく聞くけど、、、そもそもObservabilityって?クラウド移行とObservabilityの関係性は?そんな疑問にお答えします。 様々な要因により従来のシステム運用監視では多くの課題が発生しています。 DynatraceのObservabilityによって如何に課題を解決し、モダナイズを促進するのか、ご紹介いたします。

〈登壇者〉 Dynatrace合同会社 AIOps エバンジェリスト 渡邊 孝典氏



〈略歴〉 SIerや製造業にて、アプリケーション開発や基幹システム運用等に従事。 その後、RPA製品のプリセールスエンジニアとしてエンタープライズ企業のDX実現に向けた様々な課題に直面。 その中でAIOpsの魅力を知り、AIOpsを日本に普及するために活動中。座右の銘は小さなことからコツコツと。







[第3部]PagerDuty Copilotで実現するインシデント対応のモダン化

システムの複雑化が進み、従来の運用方法ではシステム障害への適切な対処が難しくなっています。 結果として、障害の頻発や長期化・運用コストの上昇・エンジニアの離職などの問題が顕在化しています。 PagerDutyのAIや自動化を活用して、どのように運用負荷の削減と運用の継続的改善を支援できるのか、デモを交えてご説明します。

〈登壇者〉 PagerDuty株式会社 Manager, Solutions Consulting 山田 索氏



〈略歴〉 ネットワーク機器メーカーにて、インターネット・データセンターのインフラ構築に従事した後、 CDNベンダーにて主に動画・ゲーム・電子書籍サービスの拡張性ならびに信頼性向上・セキュリティ対策プロジェクトを推進。 2022年よりPagerDuty株式会社にて、インシデント対応の自動化等、デジタルオペレーションのモダン化・成熟度向上を支援している。 趣味は自家製スモーカーを使ったベーコン等の燻製作り。







[第4部]今必要となるサービス基盤運用へのSRE支援とは?

サービス基盤のコンテナ化から高度な運用(オブザーバビリティ、自動化)までを行えるSRE支援サービスの必要性と実現について、解説します。

〈登壇者〉 株式会社ジール クラウドマネージドサービスユニット コンサルタント 岡田 雄真



〈略歴〉 Webエンジニアとして開発業務に従事したのち、AIスタートアップ企業にてアプリケーション運用・保守部門の立ち上げからマネージメント業務を担当。 現在は株式会社ジールにて顧客企業のSRE支援を担当。







16:20~16:30 質疑応答

※アンケート、個別のご相談をお受けいたします。

主催

株式会社ジール(プライバシー・ポリシー

共催

アマゾンウェブサービスジャパン合同会社(プライバシー・ポリシー) Dynatrace合同会社(プライバシー・ポリシー) PagerDuty株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

【2030年に製造・販売終了】成功事例から見る、富士通メインフレームのオープン化 〜短期間・...

3.8株式会社シーイーシー

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

富士通メインフレーム撤退の衝撃

富士通株式会社はメインフレーム(大型汎用コンピューター)の生産を2030年で終了し、サポートも2035年で終えることを発表しています。この発表は、長年にわたり富士通メインフレームを中心にITインフラを構築してきた企業にとっては、事業の継続性を確保するための重大なターニングポイントとなります。多少の猶予期間はあるものの、計画的かつ効率的な移行には十分な準備期間が必要となるため、早期の対応が求められます。

レガシーシステム刷新はどうすればよい?

メインフレームシステムは、その複雑化、老朽化、ブラックボックス化により、維持・運用コストの高騰、人材の高齢化など、多くの課題を抱えています。しかし、そのシステムの刷新・オープン化もまた複雑かつ困難なプロセスです。技術的な課題、移行に伴うリスク、そして何よりも業務への影響を最小限に抑える必要があります。

富士通・IBMメインフレームのリホストマイグレーション事例を解説

リホストマイグレーションは、このような課題を解決するための有効な手段です。 リホストマイグレーションによって、業務プロセスやアプリケーションを大きく変更することなく、新しい環境へ移行することが可能になります。本セミナーでは、富士通およびIBMメインフレームからオープンシステムへのリホストマイグレーションに成功した企業の事例を具体的に解説します。また、移行計画の立案から実施、アフターサポートまで、総合的なサービスを提供するリホストマイグレーションサービスついても紹介予定です。メインフレームシステムの刷新という大きな課題に対し、具体的な解決策を模索されている方はぜひご参加ください。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 【2030年に製造・販売終了】成功事例から見る、富士通メインフレームのオープン化〜短期間・ローリスクで移行可能「リホストマイグレーション」を解説〜

11:45~12:00 質疑応答

主催

株式会社シーイーシー(プライバシー・ポリシー

協力

日本ティーマックスソフト株式会社(プライバシー・ポリシー) 株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

【AI自動テストツール】膨らみ続けるテスト工数とソフトウェアのリリースサイクルの高速化 その...

3.7株式会社ベリサーブ

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

人手不足が叫ばれるIT業界 リリースサイクルの高速化へテストの効率化も重要に

少子高齢化によって国内の労働力人口は減少しています。特にIT業界における人材不足は、深刻になるばかりです。 一方、ソフトウェア開発は大規模化かつ複雑化し、テスト工数は膨らみ続けています。かつ、リリースサイクルの高速化も求められています。

自動テストの導入は検討しているが、何から取り組めばよいか分からない

開発規模が増大するとテスト工数も比例して拡大していきます。対策として自動テストの導入を取り組もうとしたものの、何から取り組めばよいか分からないと頭を悩ましているのが多くの企業の実情です。 自動化を検討している企業においても、プログラミングスキルがないQA担当者が多く、ツールを使いこなせるのかどうかを気にして、導入には二の足を踏んでいるという状況もあるようです。

テスト自動化はここまで進化している AIとローコードによる画期的なテストの自動化とは

AI自動テストツールは自動テストのために多くのソースコードを書いてスクリプトを組み上げるといった作業もなく、ツールの画面上でUI要素や動作を選択し、簡単にテストシナリオを作成できます。UIに変更があった場合には、AIが自動で判別してメンテナンスの負担も軽減してくれます。 AI自動テストツールを活用した効率的かつ効果的な自動テストの実現のため、必要なポイントを第三者検証ベンダーとAI自動テストツールベンダーが解説します。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:25 【ベリサーブ】テスト自動化ソリューションのご紹介

ベリサーブは自動テストの導入実績が豊富な、専業の第三者検証ベンダーです。 第三者検証ベンダーによる支援の重要性と自動テスト導入のポイントについてご紹介します。

14:25~14:45 【MagicPod】AIテスト自動化プラットフォームMagicPodのご紹介

MagicPodは、モバイルアプリ・WEBアプリ(ブラウザ)の両テストに対応したノーコードテスト 自動化ツールです。直感的なデザインにより初めての方も簡単に操作可能で、最新AIによる 自動修復がユーザーのメンテナンス作業を常に助けてくれます。本セッションでは、すでに500社以上の 企業様に導入済みのMagicPodの、主要な機能と活用法をご紹介いたします。

14:45~15:00 質疑応答

主催

株式会社ベリサーブ(プライバシー・ポリシー

共催

株式会社MagicPod(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

ステークホルダーの品質評価を高める第三者による検証のメリット 〜内製化トレンドの中で外部リソ...

3.2株式会社ProVision

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

多くの企業で進められる内製化だが、客観中立の品質評価が必要

近年、各企業ではスピーディーな開発やコスト削減を目的として内製化が進められています。しかし、ソフトウェアに求められる品質のハードルは日に日に高くなっており、ステークホルダーからの客観的な中立性を保った品質担保をしてほしいという要求が高まっています。

自社リソースのみでテストを行うことへのリスク

内製化において、自社リソースのみでテストまで行うことや、開発者がテストも行うことによるリスクは以下のようなことがあります。 ・品質担保に関する活動が属人化してしまう ・開発者がテストもすることで中立性が失われる ・インフラや端末などテスト環境が偏ってしまう ・社内のリソースだけだと実施できるテストに限界がある

テスト・検証作業を第三者で実施することの重要性と最適なサービスのご紹介

本セミナーでは、テストを第三者で実施することの重要性とメリットについてご説明します。 また、高品質で中立的なテストを実施する第三者検証のサービスとその導入事例についてご紹介します。テストのリソースや進め方、品質担保に関する課題感を持たれている方を対象とした内容となります。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:45 ステークホルダーの品質評価を高める第三者による検証のメリット〜内製化トレンドの中で外部リソースを活用してテストを行うことの価値とは?〜

13:45~14:00 質疑応答

主催

株式会社ProVision(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

NotesからMicrosoft製品への移行ツールはどのように選ぶべきか? 〜移行のご要件に...

3.7株式会社テンダ

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

Notesサポート終了間近、MS製品への移行

HCL社は、2024年6月1日にNotes/Domino V9.0、V10(以下、Notes)のサポートを終了すると発表しました。これを機に、自社のブラックボックス化したNotes環境を整理してMicrosoft 365への移行を検討されている企業様が多いのではないでしょうか。

数ある移行ツール、サービスからどんな基準で選定すればよいのか?

移行においてブラックボックス化した自社環境を分析し、何をどのように移行すればよいのかを整理していくことは非常に困難です。また、市場には多くのNotes移行ツールが存在し、どのような移行要件にどのツールを適用するのが適切なのかに頭を悩まされている企業のご担当者様が数多くいらっしゃいます。

移行ツール選定のノウハウを事例を用いて解説

本セミナーでは、よくある移行パターンそれぞれでリスクや業務影響を最小化するために、どのような観点で移行ツールを選定すればよいかのノウハウを解説いたします。また、実際の導入事例をもとに、アセスメント、パイロット移行、本番移行をどのように実施したかを紹介いたします。

本セミナーに参加いただいた方限定で、以下の特典をご用意しております

・クエスト・ソフトウェア株式会社 Migrator for Notes to Exchange (MNE):特別価格(ウェビナー時公開) ・クエスト・ソフトウェア株式会社 Migrator for Notes to SharePoint (MNSP):特別価格(ウェビナー時公開)

テンダ社 Microsoft 365関連サービスに関して

テンダ社の詳細は以下よりお願いします。  ◆テンダMicrosoftソリューションHP   https://mssp.tenda.co.jp/  ◆テンダイベント告知、動画公開サイト   https://mssp.tenda.co.jp/event/  ◆テンダMicrosoft365関連情報発信メーリングリスト登録   https://form.k3r.jp/tenda_msales/tenda_ml2

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 NotesからMicrosoft製品への移行ツールはどのように選ぶべきか?〜移行のご要件に応じた最適なツール選定のノウハウをご紹介~

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社テンダ(プライバシー・ポリシー

共催

クエスト・ソフトウェア株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る