ビジネス

ビジネス

Business

ビジネスの課題を解決するウェビナー

デジタルトランスフォーメーション(DX)、カスタマーサクセス、UX/CX、新規事業立ち上げ、ビジネス戦略、ITベンダーの事業戦略など、経営や事業運営に関する考え方や成功事例、ツールに関するウェビナーを探せます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

「イノベーションを起こす組織作り」とは、具体的に何をすればよいのか? ~国際規格「ISO56...

4.2株式会社システムコンシェルジュ

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

予測できないビジネス環境では、組織における持続的なイノベーション活動が競争力と成長のカギとなる

現代のビジネス環境は、人工知能や5Gなどの技術革新、グローバル市場の拡大、そして消費者ニーズの多様化により、絶えず変化しています。

このようなダイナミックな状況に対応し、継続的な成功を達成するためには、企業がイノベーションを継続的に生み出す組織文化を育成することが重要です。 イノベーションを促進する文化を持つ企業は、革新的なアイデアや技術を生み出し、市場での競争力を強化します。

アイデアが出てこない、出しても採用されない組織が多い

しかしながら、多くの組織がイノベーションの創出に苦戦しています。イノベーションを効果的に促進するためには、個々の才能やアイデアだけに頼るのではなく、企業がイノベーションを起こしやすい組織構造と環境を整備する必要があります。

このため、国際標準化機構(ISO)は2013年から、企業が効率的にイノベーションを進めるためのマネジメント(経営管理)関連のガイドラインである「イノベーション・マネジメント・システム」の国際規格化を進めてきました。2019年には、産業史上初のイノベーションに関する国際規格としてISO 56000シリーズの中核規格「ISO 56002」が発行されました。この規格の導入により、イノベーションの創出に苦労している企業に新たな成長の機会を提供することが期待されています。

企業の新規事業を成功に導く、イノベーションの管理方法とは

本セミナーでは、イノベーション管理プラットフォーム「IdeaScale」を活用し、企業のイノベーション促進のための組織的な枠組みである「ISO 56002」規格に準拠したイノベーション・マネジメント・システムを、わずか三か月で構築する方法を具体的な事例を交えて詳しく解説します。

イノベーション管理プラットフォーム「IdeaScale」とは、投票・コメント機能を使用して、社員のアイデアを「見える化」して、ブラッシュアップすることができます。また組織横断でコミュニティを作り、チームでアイディア推進することも出来ます。問題点のレビューや、ROI計測を行ってアイデアを「数値化」することも可能です。

システムコンシェルジュは、ビジネス活動にイノベーション・マネジメント・システムを組み込むことで、お客様にサービスを提供するジェネレーティブプロバイダーです。私たちは、イノベーション・マネジメント・システムの実践的な活用例を基に、お客様のイノベーション促進のための組織作りを全面的に支援いたします。

従業員から新しいアイデアが出てこないことに課題を持っている方、自組織にイノベーションを生み出す文化を醸成したいと考えている方、出たアイデアを評価して育てる仕組みづくりを検討したい方、などに特におすすめです。

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 「イノベーションを起こす組織作り」とは、具体的に何をすればよいのか?

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社システムコンシェルジュ(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

データドリブンを実現するために脱スクラッチ&脱エクセルを目指すべきか?【前編】 ~『データ連...

3.5株式会社アイ・エス・アイソフトウェアー

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

今後のデジタル基盤の構築において、脱スクラッチ&脱エクセルは必須なのか?

多くの企業において、「自社独自の運用」がパッケージソフトウェアに合わず、スクラッチ開発のシステムや、 複雑な関数&マクロが組み込まれたエクセルを、利用せざるを得ない状況が見られます。

一方で、こうした仕組みは、属人化やブラックボックス化を招きやすいと言われます。 かつ、社内に新たに導入されたサービスやシステムとの連携が難しいことが多く、 他のシステムから孤立してしまうことで、多重入力等の手作業を増加させるほか、データの利活用を妨げます。

こうした、連携不足による課題を解消するために、いま、何を”変える”べきなのでしょうか。

データドリブンは”ノーコードツール”&”伴走型サポート”で、すばやく実現する!

本セミナーでは、データ連携ツール『ASTERIA Warp』を活用し、 データドリブンを実現するデジタル基盤を、『ノーコード』ですばやく簡単に構築するためのアイデアを アイ・エス・アイソフトウェアーの現役SEが共有します。 また、「ノーコードツールとはいえ人材を確保できない」といった課題に対して、『伴走型サポート』をご紹介いたします。 はじめての開発はITベンダーへ依頼し、自社はツールの運用からはじめることで、無理なく内製化を促進できます。

以下のような方に、是非おすすめしたいセミナーです:

・DXやデータドリブンを推進する社内プロジェクトのメンバーの方。 ・新しいシステムとレガシーなシステムとの連携を自動化・効率化したい方。 ・システムや業務の運用が、属人化・ブラックボックス化し、データの利活用が進まないとお悩みの方。 ・『ASTERIA Warp』のフロー開発をITベンダーへ依頼し、内製化を促進する方法を知りたい方。

※本セミナーは、前編・後編の全2回シリーズで、開催いたします。今回は、【前編】のご案内です。

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 データドリブンを実現するために、脱スクラッチ&脱エクセルを目指すべきか?【前編】~『データ連携ツール』を活用したデジタル基盤を構築し、サイロ化・属人化・ブラックボックス化を防ぐ~

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社アイ・エス・アイソフトウェアー(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

持続的なイノベーションのカギとなる「アイデアを管理する」という考え方 ~アイデア獲得から投票...

3.9株式会社システムコンシェルジュ

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

予測できないビジネス環境では、組織気おける持続的なイノベーション活動が競争力と成長のカギとなる

近年の人工知能や5Gなどの技術革新、グローバル市場の拡大、消費者のニーズの多様化により、企業のビジネス環境は急速に変化しています。

企業がこの変化を乗り越え、成功を続けるには、変化に対応した新しい価値をつくり続ける「持続的なイノベーション」を生み出す組織づくりが必要になります。

アイデアが出てこない、出しても採用されない組織が多い

しかしながら、多くの組織で「アイデアが出てこない」「出しても採用されない」という問題が生じています。

従業員が意見やアイディアを出しにくい文化や環境には、以下のように様々な要因があります。

・経営層や上司からの前向きではないフィードバック ・過度にリスクを見積もられる ・組織内の情報共有が十分に整ってない ・アイディアの評価基準が不明確である

企業の文化や価値観が、変化や革新を受け入れにくい傾向にある場合は、持続可能なイノベーションを生み出すことが難しくなります。

イノベーションを生み出す文化を醸成する「イノベーション管理プラットフォーム」とは

本セミナーでは、メンバーからのアイディアを収集、評価、実装するためのイノベーション管理プラットフォームである「IdeaScale」を通じて、企業や組織がどのようにして革新的な変革を促進し、競争力を向上させることができるのかを詳しく解説します。

「IdeaScale」は、投票・コメント機能を使用して、社員のアイデアを「見える化」して、ブラッシュアップすることができます。また組織横断でコミュニティを作り、チームでアイディア推進することも出来ます。問題点のレビューや、ROI計測を行ってアイデアを「数値化」することも可能です。

従業員から新しいアイデアが出てこないことに課題を持っている方、自組織にイノベーションを生み出す文化を醸成したいと考えている方、出たアイデアを評価して育てる仕組みづくりを検討したい方、などに特におすすめです。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:45 持続的なイノベーションのカギとなる「アイデアを管理する」という考え方

13:45~14:00 質疑応答

主催

株式会社システムコンシェルジュ(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社セレンディピティ・イン・ リサーチ・アンド・イノベーションズ (プライバシー・ポリシー) 株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

今、新卒・中途採用希望者は、どのような媒体を見て応募する企業を選択しているのか? ~企業認知...

3.5株式会社サムシングファン

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

様変わりする採用希望者の行動

これまでは、新卒や中途採用希望者は企業サイトや採用サイトなどテキストや画像といった情報で判断を行い、応募する企業を選択していました。 そうした中で、生まれた大きな変化として、「動画」で企業の情報を取得するという行動が急速に増加しています。

入社後のミスマッチを引き起こす要因

また、入社後にミスマッチが発生し、社員や従業員が定着しない要因の一つに、「その企業の社風や特徴・雰囲気が入社前に分かりづらかった」という点が挙げられます。 これまでは、テキストや画像のみで判断する必要があるため、このようなケースが発生しやすい状況でした。 そのような中で、より正確かつ分かりやすく社風や特徴を伝えることができる手法として採用動画の活用に注目が集まり、運用する企業が増えたことで、就職活動時に採用動画を確認することが当たり前となりつつあります。

採用動画の活用で企業認知の最大化と応募数の増加を実現する

ここまで、採用活動の中で動画を取り入れる点を言及しましたが、やみくもに動画を作成すれば良いわけではありません。 本ウェビナーでは、抱えている課題や実現したい運用にあわせて伴走型の動画活用支援を行うサービスをご紹介いたします。 課題や目的に合わせ動画制作・配信運用を行うことで、企業認知の最大化や応募の母数の増加を実現します。 動画制作において20年以上の実績があるため、ノウハウや技術の水準が高い点やご要望に応じて採用代行やエージェントとしての支援が行える体制を整えている点でご好評をいただいています。 採用に課題を抱えている人事・採用部門のご担当者様や新たな採用手法を模索されている方に特におすすめの内容です。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 今、新卒・中途採用希望者は、どのような媒体を見て応募する企業を選択しているのか? ~企業認知を最大化し応募の母数を増やす「採用動画」の活用手法を徹底解説~

14:45~15:00 質疑応答

主催

株式会社サムシングファン(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

【製造業・卸売業向け】受注業務の自動化ツールは、現場の負担を本当に軽減できるのか 〜OCRだ...

3.6株式会社batton

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

部分的な自動化では、受注業務の効率化は実現しない

製造業や卸売業の受注処理は、事務作業とベテラン社員のチェックによって成り立っています。自動化には、異なるフォーマットの読み取りやマスタ照合など、各業務に適した技術の組み合わせが必要です。AI-OCRによる文字読み取りだけでは、現場の業務負担は軽減されません。

ベテラン社員の知見が必要な業務をA Iが実行

これまで、ベテラン社員による受注作業のチェックは自動化が難しい領域でした。しかし、近年ではこうした業務もAIによって自動化できるようになりました。社員は生産性の高い業務に集中できるようになり、労働時間の削減にもつながっています。

ITツールのネックとなる、導入時の業務負担の解決

さらにITツールを検討する際にネックとなるのが各種の設定などの導入時の業務負担です。またツールに合わせてこれまでの業務フローを変える必要があり、導入をあきらめたケースも多く見られました。しかし、AI搭載の最新DXツールであれば、初期導入コストを大幅削減、かつ業務フローそのままでDXが実現できています。

ワンストップ効率化可能な受注業務DXツールをデモ付きで紹介

本セミナーでは、複数の先端技術を組み合わせた受注業務DXツール「FAXバスターズ」によるワンストップ効率化について、デモを交えて紹介します。 受注作業のデジタル化・自動化を検討している方、これまで検討したが自社に合うものが見つからなかったという方、ぜひご参加ください。

こんな方にオススメ

・製造業や卸売業の方

・受注業務がある企業の方

・最新のDXやITツールに興味がある方

・生産性向上や業務効率化に興味がある方

・AI-OCRを導入検討もしくは導入済の方

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:45 受注業務の自動化ツールは、現場の負担を本当に軽減できるのか

        〜OCRだけじゃ足りない、ワンストップ効率化を徹底解説〜

13:45~14:00 質疑応答

主催

株式会社batton(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

画像AIを活用した認識/解析システムの構築・運用が難しい理由 ~ 製造業など業種別の事例を踏...

3.7株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認ください。

本セミナーは、IT事業者以外のエンドユーザー企業の方が対象です。該当企業以外の方のお申込みをお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

技術進化で急速に普及する画像AIソリューション

進化を遂げているAI(人工知能)技術の中でも、機械学習のアプローチによって発展してきたのが「画像AIソリューション」です。 学習データとアルゴリズムを使用して画像データを処理・解析して有用な情報の抽出や自動的なタスク実行などが可能であるため、さまざまな分野での適用が始まっています。また、PCやスマホ、カメラや各種センサーなどの処理性能が向上したことから、それらと独自に作成したAIモデルを組み合わせてデータ解析やリアルタイム監視、業務プロセスの改善などに活用する事例が増えてきました。

製造現場など様々な分野のDX推進、現場改善、業務効率化などに貢献

画像AIソリューションは、特に時間と労力を要する属人化された作業を生産性向上や省力化・自動化などにも役立っています。たとえば、製造業では、製造工程におけるリアルタイムの監視や検査による異常検知や品質管理などにも活用されています。 その他にも、金融機関における遠隔監視カメラの映像チェック業務、物流業界ではドライブレコーダの映像解析や危険運転検出、小売業では商品陳列棚の補充確認や倉庫の在庫管理などにも応用可能です。

システム構築・運用における課題が浮き彫りに

採用が広がる一方で、AI技術を活用したシステム構築・運用における課題も浮き彫りとなってきました。業務改善に寄与するAIモデルを構築するためには、大量で高品質な学習データが必要となることもあり、精度をより高めるためには専門的なスキルや経験が求められることもあります。 また、リアルタイム性が求められる業務では、処理速度や効率性の問題が起こることもあり、処理の遅れやボトルネックが生じる可能性も考えられます。さらに、適切なハードウェアやソフトウェアの選定からシステム構築・保守運用までのトータルコストも重くのしかかってくることがあるのです。

製造業など業種別の事例を踏まえ、画像AI活用によるDX推進方法を解説

本セミナーでは、画像AI技術を活用したシステム構築・運用における現状の課題を解説するとともに、具体的なソリューションについて製造業、金融業、物流/小売りなどの活用事例を交えて紹介します。 あらゆる分野で顧客の品質要求が高度化し、DX(デジタル・トランスフォーメーション)へのニーズが高まっている中、自社の属人化した業務を改善したいとお考えの方は、ぜひご参加ください。

講演プログラム

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 画像AIを活用した認識/解析システムの構築・運用が難しい理由 ~ 製造業など業種別事例を踏まえ、画像AI活用によるDX推進方法を解説 ~

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

製造業の生産現場において、DX化が進まない理由とは? ~Excelを使い続けながらDX化を...

3.7株式会社ニューコム

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

製造業が直面する大きな課題

少子高齢化が進む中で、社会全体として働き手の不足が危惧されています。 製造業においても人手不足は大きな課題となっており、それに加えてコロナ禍や世界情勢による資材確保の困難さ、人件費の高騰など課題は山積しています。

DX化を推進するも浸透しない理由

そうした状況のなかで、人手不足への対策やコスト削減を目的として、DX化に取り組む企業も多く見られます。 しかし、DX化を推進しても現場に浸透せず、挫折してしまうといった例が散見されます。 そうした挫折の原因となるのが、以下のようなポイントです。 ・新しいツールに現場が慣れず使われなくなった ・業務効率化が実感できず運用を停止した ・運用後のカスタマイズが難しく変化に対応できなくなった

Excelを使い続けながらDX化を達成した事例とノウハウ

本ウェビナーでは、このような課題を解決しながら、DX化を推進できる「dbSheetClient」をご紹介します。 その一番の特長は、これまで利用していたExcelをそのまま利用し続けることができる点です。 Excelを使い続けることができるため、現場での利用難易度も低く、カスタマイズも簡単に行えます。 そのような特長を持つことから、複数の拠点や部門間で活用しやすい点も好評を得ています。 ウェビナーの中では、実際にdbSheetClientを活用し生産現場での業務効率化や不良品検知の自動化に成功した企業など、最新の事例をご紹介いたします。 製造業におけるDX化の推進を行いたいとお考えのDX推進担当、製造現場の責任者や品質管理を担当されている方におすすめの内容です。

プログラム

9:45 ~ 10:00 受付

10:00 ~ 10:05 オープニング(マジセミ)

10:05 ~ 10:20 Excelを活用した製造業DX / dbSheetClientの実演・デモ

10:20 ~ 10:40 成果事例 シャープ様 / オチアイ様

10:40 ~ 10:45 dbSheetClientを活用したDXの流れ / サービス案内

10:45 ~ 11:00 質疑応答

主催

株式会社ニューコム(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

Autopilotで実現する、PC初期キッティングの負担からの解放 〜PC導入・運用・廃棄を...

3.8横河レンタ・リース株式会社

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはTeamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

DX推進で求められる、IT部門の工数削減

DX推進の中核を担うIT部門は、新たな技術やソリューション導入など、戦略的な業務への注力が求められています。 そのためには、日々の維持管理業務の工数を可能な限り減らす必要があります。

工数のかかるPCの初期キッティング、テレワークでさらに負担増

IT部門が担う維持管理業務の中でも、特に負担が大きいのがPCのキッティングです。調達や初期セットアップ、従業員からの問い合わせ対応などに多くの工数が必要となります。 さらに、テレワークの普及により在宅勤務者へ向けたPCの配送・受け渡し・回収なども必要になったため、初期キッティングの負担はより一層増しています。

Windows Autopilot でPC初期キッティングの負担をなくす

本セミナーでは、Windows Autopilotの活用により、PC初期キッティングの負担をなくす方法を解説します。Windows Autopilotは、新しいデバイスの導入や構築を自動化するためのクラウドベースのサービスで、これにより、IT部門の作業負荷を大幅に削減することが可能となります。 さらに、PCの初期キッティングから運用、廃棄までPCのライフサイクルが自動で回るサービス『Cotoka for PC』もご紹介予定です。 M365を利用中で、Autopilotの活用を検討中のITマネージャーやPC管理者の方はぜひご参加ください。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 Autopilotで実現する、PC初期キッティングの負担からの解放〜PC導入・運用・廃棄をワンストップでサポート〜

14:05~14:25 マイクロソフトが提唱 IT部門の負荷削減と生産性向上を実現 “クラウドを活用した、PCの展開から管理”

日本マイクロソフト株式会社 マスタートレーナー 赤井 誠

14:25~14:45 Windows AutopilotでのPC展開の最適解 われらが Device as a Service「Cotoka for PC」

横河レンタ・リース株式会社 事業統括本部 ITソリューション事業本部 副本部長 兼 ソフトウェア&サービス事業部長 松尾 太輔

14:45~15:00 質疑応答

主催

横河レンタ・リース株式会社(プライバシー・ポリシー

協力(ゲスト登壇)

日本マイクロソフト株式会社

協力(運営)

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

中堅中小製造業は、なぜペーパーレス化/脱Excelができないのか? ~人材不足の解消・DX...

3.8株式会社エージェンテック

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

中堅・中小製造業が抱える課題

近年、製造業の事業環境には急激な変化が起こっています。 例えば、コロナ禍による影響や半導体不足・部素材の不足といったものや、人材不足や人件費の高騰といった課題まで様々な要因が絡み合っています。 こうした課題に対し、多くの企業で何らかの対策を講じながら、事業を継続していく道筋を模索しています。

DX化は難しい?

こうした課題の中でも、人材不足や人件費の高騰への対策は企業単位での対策にて改善する可能性もあり、現場レベルでの対応を行う企業が多く見られます。 その一例として、以下のような課題の解消を目的に、DX化に取り組む企業が多いのではないでしょうか? ・採用活動を行っても人材が確保できていない ・非効率な業務が多い ・業務の自動化を実現したい しかし、DX化を実施しようと思っても、社内に詳しい人材がいない・導入しても形骸化してしまった等の理由で、挫折する企業も少なくないのが事実です。

業務フローを変えずにDX化を実現

そのような課題をお持ちの方に向け、本ウェビナーではDX化を小規模から始めることができ、カンタンに導入できるソリューションをご紹介します。 ご紹介する「eXFrame」は、現場での業務フローを変えずに、ペーパーレス化やExcelからの脱却を実現できる点で好評をいただいています。 スマホを活用した利用をベースにしており、現場で利用・定着しやすいことで、導入後のミスマッチも起こりにくい製品です。 中堅・中小製造業を相手にビジネスを行っている方には、提案しやすく・顧客目線でも取り掛かりやすいソリューションと考えています。

ウェビナーの中では、株式会社エージェンテックが展開するその他の製品ラインナップもご紹介いたしますので、 既存顧客や新規開拓の際に、提案しやすい商材をお探しのSIer様や、コンサルタントの方におすすめの内容です。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 中堅中小製造業は、なぜペーパーレス化/脱Excelができないのか? ~人材不足の解消・DX化・人件費の抑制を実現するDXソリューションの販売パートナー募集~

株式会社エージェンテック マーケティング部 エヴァンジェリスト 宮崎 裕明

15:45~16:00 質疑応答

主催

株式会社エージェンテック(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る