ビジネス・経営
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

【SIer向け】慢性的なSE不足に対抗するローコード開発導入 〜開発環境を変え生産性を高める...

3.9マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

IT人材不足の解消策として注目を集めるローコード開発

昨今、IT業界での人材不足は深刻なものとなっており、SIにおいても同様の事態が起こっています。その打開策としてローコード開発が注目を集めています。高度なプログラムスキルが不要なため、開発経験があまりないSEやプログラマでも高い開発生産性を維持しながらシステム開発を行うことができます。

ローコードをSIer側の開発手法として取り入れることの課題

ローコード開発では複雑なプログラミングなしにアプリケーションの開発を行えますが、その対象としては限られた業務範囲やあらかじめ手順が明確である作業を業務担当者自らでシステム化するような利用用途が一般的です。SIerで受注開発を行うようなエンタープライズ向けの開発に適用することはローコードツール側の機能的な制約、セキュリティ、信頼性の面から難しいとされています。

エンタープライズ向けローコード開発のビジネスモデルを解説

本セミナーでは、エンタープライズ向けへ高い拡張性と堅牢性を持つローコード開発プラットフォームである「Magic xpa Application Platform」を活用したシステム開発方法をご紹介します。なぜ「Magic xpa Application Platform」が他のローコードツールで実現できないエンタープライズ向けの要件を実現できるのか、SIerのビジネスとしてどのようにローコードが活用できるのか、どういったステップでローコード開発を導入するのかを解説します。 自社の開発生産性を向上させ自社の競争力や利益率を上げたいとお考えのSIerの方はぜひご参加ください。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 【SIer向け】慢性的なSE不足に対抗するローコード開発導入〜開発環境を変え生産性を高めるローコード基盤を使ったビジネスモデルとは?〜

11:45~12:00 質疑応答

主催

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

ASEAN最大級の製造業DX展示会「ITAP2024」ジャパン・パビリオン共同出展について ...

3.6マジセミ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

海外進出が求められる、日本の製造業やIT業界

日本の製造業やIT業界は、国内市場の縮小と競争の激化に直面しています。 そのような中、海外進出は企業の生き残りをかけた必須の戦略となっています。 中でもASEAN諸国は経済成長が著しく、既に多くの日本企業が進出していることもあり、魅力的な市場です。

海外展示会のメリットと、敷居の高さ

海外進出を目指す日本の企業にとって、海外の展示会への出展は最適な手段の一つです。 これにより、潜在的な顧客やビジネスパートナーと直接交流しながら、新しい市場でのブランド認知度を高めることができます。 しかし、海外の展示会に出展することは容易ではありません。 言語の壁、文化的な違い、展示会の準備と運営に関する高いコストと複雑さが障壁となっています。

ASEAN最大級の製造業DX展示会「ITAP2024」ジャパン・パビリオン共同出展について

そこでマジセミ株式会と合同会社International Linkageドイツメッセ日本代表部は共同で、2024年10月14日(月)~16日(水)シンガポールで開催される、ASEAN最大級の製造業DX展示会 Industrial Transformation Asia Pacific2024 (ITAP2024)において、ジャパン・パビリオンを設置することにいたしました。

今回のセミナーでは、ITAP2024についてご紹介すると共に、ジャパン・パビリオンへの共同出展方法について説明いたします。

ASEANにおける製造業のDX・自動化の状況とITAPの活用方法

また、既にASEANでビジネスを展開され、ITAPにも出展されているアビームコンサルティング株式会社にご登壇いただき、ASEANにおける製造業のDX・自動化の現状や、ITAPの活用方法、効果などについて解説していただきます。

プログラム

11:45~12:00 受付

12:00~12:05 オープニング

12:05~12:25 ASEANにおける製造業のDX・自動化の状況とITAPの活用方法(動画配信)

アビームコンサルティング株式会社

12:25~12:35 Industrial Transformation Asia Pacific2024 (ITAP2024)について

合同会社International Linkageドイツメッセ日本代表部 代表 竹生学史

12:35~12:45 ITAP2024 ジャパン・パビリオン共同出展について

マジセミ株式会社 代表取締役 寺田雄一

12:45~13:00 質疑応答

主催

マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

共催

合同会社International Linkage(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

「疲弊しないサポートデスクお見せします」2万社の問合せ業務を効率化したマルチチャネル型ITS...

3.6OrangeOne株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

こんな人におすすめ

・ばらばらに管理されている問合せ業務を一元化、効率化したい情シス様、バックオフィス様 ・ばらばらに管理されている問合せ業務を一元化、効率化したいBPO/MSP/LCMなどのアウトソース事業者様 ・様々なチャネルからの問合せを一元管理したい方 ・属人化している情シス業務を可視化し、組織的対応に変革したい方 ・ChatGPTやAIの活用により業務の効率化、自動化を図りたい方

変革の時は今:問い合わせDX~全ては問合せ業務から始まる~

昨今ChatGPTの登場により、社内外の問い合わせ業務について見直しの機運が高まっています。 ChatGPTが当たり前のものになったことにより、問い合わせ業務の自動化や効率化の可能性に 多くの方が目覚めたからかもしれません。

そんな中、私たちのもとにも、「ChatGPTを活用し問合せを自動回答できないか」に始まり、 その他にも「あらゆるチャネルからの問合を一元管理したい」「Excelでの問合せ管理を効率化したい」 「問合せ後の運用プロセスをどのようにしたら良いか悩んでいる」という沢山の問合せ業務に 関するご相談をいただいております。

本ウェビナーでは、世界2万社の問合せ業務を効率化したITSMツールFreshserviceをご紹介。 問合せ管理のベストプラクティスが詰まったITIL準拠のサービスデスクツールとChatGPTによる 「問い合わせDX」を体験しましょう。

本セミナーを視聴する事で得られる具体的な学び

・Freshserviceの機能を活用した問合せ一元管理と自動化の具体例 ・ITILによる問合せ管理のベストプラクティス ・運用プロセスで直面している課題と解決策 ・ChatGPTを用いた「問い合わせDX」による業務効率化の秘訣

プログラム 

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:40 「疲弊しないサポートデスクお見せします」2万社の問合せ業務を効率化したマルチチャネル型ITSMツール

11:40~12:00 質疑応答

主催

OrangeOne株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー) ※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

セミナー詳細を見る

リテール変革DAY ~大企業のDXを支える業務オペレーション変革~

0.0株式会社ドリーム・アーツ

本セミナーはWebセミナーです

視聴URLは直前に主催企業よりメールにてご連絡いたします。 法人向けイベントのため、フリーアドレスでお申込みいただいた方にはURLが送付されません。ご注意ください。

なお、「dreamarts.co.jp」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

本ページは、主催:株式会社ドリーム・アーツのWebセミナー、デジタルの民主化DAYシリーズ「リテール変革DAY~大企業のDXを支える業務オペレーション変革~」のご紹介です。

「デジタルの民主化」DAYとは?

 すべての企業が、積極的であるかどうかに関わらず「DX」という波に巻き込まれる時代。  今のビジネスが順調でも、デジタルを活用できない企業はいずれ追いつかれ、追い抜かれてしまいます。

 これまで根付いた日本社会のデジタルに対する発想を転換させる。
  そんな日本をリードする大企業の「デジタルの民主化」事例をご紹介します。

開催日時

 2024年4月4日(木)14:00〜16:00

講演企業

 株式会社すかいらーくホールディングス  株式会社GENDA GiGO Entertainment  株式会社赤ちゃん本舗  株式会社ドリーム・アーツ

形式

 オンライン

定員

 1,000名

募集対象

 ・企業に所属し、DXやデジタル活用をリードする方  ・大企業のDXやデジタル活用を支援する企業の方

参加費

 無料

プログラム

 ※講演タイトルは変更となる可能性があります

グループ約3,000店舗の品質管理に不可欠な食品検査システムを刷新〜10年以上利用したフルスクラッチシステムからの移行〜

 株式会社すかいらーくホールディングス  品質管理グループ 理化学分析室 宮内 博史 氏  

店舗の実行力を上げる!ゲームセンターGiGOの店舗運営術

 株式会社GENDA GiGO Entertainment  経営戦略室 室長 河合 英雄 氏

赤ちゃん本舗に聞く “攻めと守りのDX”~紙文化から脱却し、外部システム連携の活用に至るまで~

 株式会社赤ちゃん本舗  マーケティング本部 顧客コミュニケーション部 シニアスタッフ 伊藤 竜 氏

リテールDXの土台づくり!~多店舗オペレーションを変革する業務基盤とは~

 株式会社ドリーム・アーツ  マーケティング本部 セールスイネーブルメントグループ  長濱 美優

主催

株式会社ドリーム・アーツ(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

ASEAN最大級の製造業DX展示会「ITAP2024」ジャパン・パビリオン共同出展について ...

4.1マジセミ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

海外進出が求められる、日本の製造業やIT業界

日本の製造業やIT業界は、国内市場の縮小と競争の激化に直面しています。 そのような中、海外進出は企業の生き残りをかけた必須の戦略となっています。 中でもASEAN諸国は経済成長が著しく、既に多くの日本企業が進出していることもあり、魅力的な市場です。

海外展示会のメリットと、敷居の高さ

海外進出を目指す日本の企業にとって、海外の展示会への出展は最適な手段の一つです。 これにより、潜在的な顧客やビジネスパートナーと直接交流しながら、新しい市場でのブランド認知度を高めることができます。 しかし、海外の展示会に出展することは容易ではありません。 言語の壁、文化的な違い、展示会の準備と運営に関する高いコストと複雑さが障壁となっています。

ASEAN最大級の製造業DX展示会「ITAP2024」ジャパン・パビリオン共同出展について

そこでマジセミ株式会と合同会社International Linkageドイツメッセ日本代表部は共同で、2024年10月14日(月)~16日(水)シンガポールで開催される、ASEAN最大級の製造業DX展示会 Industrial Transformation Asia Pacific2024 (ITAP2024)において、ジャパン・パビリオンを設置することにいたしました。

今回のセミナーでは、ITAP2024についてご紹介すると共に、ジャパン・パビリオンへの共同出展方法について説明いたします。

ASEANにおける製造業のDX・自動化の状況とITAPの活用方法

また、既にASEANでビジネスを展開され、ITAPにも出展されているアビームコンサルティング株式会社にご登壇いただき、ASEANにおける製造業のDX・自動化の現状や、ITAPの活用方法、効果などについて解説していただきます。

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:05 オープニング

16:05~16:25 ASEANにおける製造業のDX・自動化の状況とITAPの活用方法(動画配信)

アビームコンサルティング株式会社

16:25~16:35 Industrial Transformation Asia Pacific2024 (ITAP2024)について

合同会社International Linkageドイツメッセ日本代表部 代表 竹生学史

16:35~16:45 ITAP2024 ジャパン・パビリオン共同出展について

マジセミ株式会社 代表取締役 寺田雄一

16:45~17:00 質疑応答

主催

マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

共催

合同会社International Linkage(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

中小企業の情報システム担当者不足をどう解決する? 〜PCサポート、セキュリティ対策、DX推進...

3.7オフィスくまさん

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

企業活動におけるITシステムの重要性

デジタル化の波が押し寄せる現代のビジネス環境において、企業活動におけるITシステムの役割は日増しに重要性を増しています。特に中小企業においては、限られたリソースの中でいかにIT業務を効率的に遂行できるかが、競争優位性を確保するうえで重要な要素となっています。

中小企業に多い、IT専任担当者不在・情シス人員不足

しかし、中小企業では、専任の情報システム担当者がいない、または一人で情報システム部門の業務を担うケースが多く見られます。このような状況では、IT化やデジタル化への取り組みが後回しにされてしまい、結果的に業務効率の低下やセキュリティリスクの増大にも繋がります。企業が成長する過程でこれらの課題を克服することは、非常に大きな挑戦と言えるでしょう。

全体最適の視点が必要

こうした課題を解決するため、市場には多様なITサポートサービスが存在しますが、その多くがPCサポートのような特定の領域に特化しているか、あるいは個別の問題点にのみ焦点を当てたサポートに留まっているのが実情です。企業が直面する業務全体の課題を根本から解決するためには、全体を俯瞰する視点での最適解を提案できるサービスが求められます。

PCサポート、セキュリティ対策、DX推進などIT業務を包括的に支援

本セミナーでは、地上デジタルテレビ放送への移行(いわゆる「地デジ化」)をはじめとする大規模なデジタル化推進に携わってきた経験豊富な専門家が、PCサポートからセキュリティ対策、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進まで、IT業務を全面的に支援するサービスを紹介します。専任のIT担当者が不在、あるいは一人でIT業務をこなすことに限界を感じている中小零細企業の経営層や役職者の方はぜひご参加ください。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 中小企業の情報システム担当者不足をどう解決する?〜PCサポート、セキュリティ対策、DX推進などIT業務を包括的に支援〜

15:45~16:00 質疑応答

主催

オフィスくまさん(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

コンテンツの一元管理における、AI活用はどうすれば実現できるのか ~生成AI・AI-OCRな...

3.5Hyland Japan GK

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

AIの急速な進化とビジネスでの活用の広がり

近年、生成AIをはじめとして、AIを利用したサービスや製品が目覚ましい進化を遂げています。 あわせて、研究分野や一部の限定的なコミュニティでの活用に留まらず、ビジネスにおいても非常に大きな影響を与える状況となっています。 今後、AIの影響を全く受けない業界はほぼ無いとも言われる中で、日々の業務においてもAIの活用をどうすれば行えるかを考える必要性が高まっています。

コンテンツ管理分野でのAI活用の見通し

AIの活用が期待される分野の一つに、コンテンツ管理の領域が挙げられます。 例えば、ブログや記事といったコンテンツ生成における分野でのAI活用はすでに活用されているケースも多く、一般化しつつあります。 また、既存コンテンツを要約したり、必要な情報を抽出するといった場面でも今後のAI活用の期待が高まっています。

AIの急速な進化に対応できるコンテンツハブ

本ウェビナーでは、こうしたAIの急速な進化に対応していく土台として運用できるコンテンツハブ「Alfresco」をご紹介します。 ウェビナーの中では、Alfresco自体のコンテンツハブとしての有効性や活用の事例をご紹介しつつ、AIとの連携における展望をお伝えいたします。 また、多くの行政機関や金融機関で採用されており、情報ガバナンスの構築やセキュリティ面において高い信頼を得ている点などもあわせて解説いたします。 コンテンツの一元管理、情報ガバナンスの構築、AIの活用をどうやって実現するのか、その具体的なノウハウを取り入れたい方におすすめの内容です。

プログラム

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 コンテンツの一元管理における、AI活用はどうすれば実現できるのか ~生成AI・AI-OCRなどの急速な進化に対応できるコンテンツハブ~

10:45~11:00 質疑応答

主催

Hyland Japan GK (プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

「イノベーションを起こす組織作り」とは、具体的に何をすればよいのか? ~ISO56002を3...

4.2株式会社システムコンシェルジュ

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

予測できないビジネス環境では、組織における持続的なイノベーション活動が競争力と成長のカギとなる

現代のビジネス環境は、人工知能や5Gなどの技術革新、グローバル市場の拡大、そして消費者ニーズの多様化により、絶えず変化しています。

このようなダイナミックな状況に対応し、継続的な成功を達成するためには、企業がイノベーションを継続的に生み出す組織文化を育成することが重要です。イノベーションを促進する文化を持つ企業は、革新的なアイデアや技術を生み出し、市場での競争力を強化します。

アイデアが出てこない、出しても採用されない組織が多い

しかしながら、多くの組織がイノベーションの創出に苦戦しています。イノベーションを効果的に促進するためには、個々の才能やアイデアだけに頼るのではなく、企業がイノベーションを起こしやすい組織構造と環境を整備する必要があります。

このため、国際標準化機構(ISO)は2013年から、企業が効率的にイノベーションを進めるためのマネジメント(経営管理)関連のガイドラインである「イノベーション・マネジメント・システム」の国際規格化を進めてきました。2019年には、産業史上初のイノベーションに関する国際規格としてISO 56000シリーズの中核規格「ISO 56002」が発行されました。この規格の導入により、イノベーションの創出に苦労している企業に新たな成長の機会を提供することが期待されています。

イノベーション文化を醸成する具体的方法とは

本セミナーでは、イノベーション管理プラットフォーム「IdeaScale」を用いて、「ISO 56002」規格の認証を取得する過程と、それを通じて従業員の意識に生じた変化について、具体的な事例をもとに詳細に解説します。

システムコンシェルジュは、ビジネス活動にイノベーション・マネジメント・システムを取り入れ、お客様にサービスを提供するジェネレーティブ・プロバイダーです。私たちは「IdeaScale」を含む様々なITツールを活用し、「ISO 56002」規格の認証をわずか三ヶ月で取得しました。この経験を基に、お客様のイノベーション推進と組織構築を総合的にサポートします。

「IdeaScale」は、投票・コメント機能を使用して、社員のアイデアを「見える化」して、ブラッシュアップするためのプラットフォームです。組織横断でコミュニティを作り、チームでアイディア推進することも出来ます。問題点のレビューや、ROI計測を行ってアイデアを「数値化」することも可能です。

従業員から新しいアイデアが出てこないことに課題を持っている方、自組織にイノベーションを生み出す文化を醸成したいと考えている方、アイデアを評価して育てる仕組みづくりを検討したい方、などに特におすすめです。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 「イノベーションを起こす組織作り」とは、具体的に何をすればよいのか?

11:45~12:00 質疑応答

主催

株式会社システムコンシェルジュ(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

【他社はどうしている?】今、国内大手BPO/MSP/LCM事業者が実現する 顧客サポートDX...

3.5OrangeOne株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

こんな人におすすめ

・顧客サポートを効率化したい、BPO/MSP/LCM事業者様 ・ChatGPTやAIの活用による具体的な情シス業務の効率化、自動化を知りたい方 ・レガシーなサービスデスクツールでの情シスDXに限界を感じている方 ・新年度中にITIL・ISMS2022への対応を求められている方 ・工数をかけずに情シス業務を効率化したい方 ・情シス様に向けたご提案を検討されている方

変革の時は今:デジタル変革は待ったなし

人口減少社会の日本では、企業は人手不足の慢性化という課題に直面し、この問題に対応するため、「顧客サポートのDX」は選択肢ではなく、必須の戦略テーマとなっております。 そんな中BPO/LCM/MSP事業者様に求められる役割も単なる人手不足の一時的な解決手段から、業務変革の戦略的パートナーへその役割がシフトしています。 顧客企業におけるそうしたニーズの変化に迅速かつ効果的に対応するためには「重厚長大で複雑なレガシーシステム」から脱却し、誰もが簡単に使いこなせるITツールと生成AIの組み合わせによる業務効率化、自動化への移行こそが求められています。 本ウェビナーでは、こうしたBPO/LCM/MSP市場のトレンド変化となぜ今、業界でChatGPT・AI自動化対応のFreshserviceが求められているのかについて話していきます。

本セミナーを視聴する事で得られる具体的な学び

・BPO/MSP/LCM事業者が直面している課題と解決策 ・Freshserviceを活用した顧客サポートDXの具体例 ・Freshserviceの機能を中心とした他サービスとの違い ・ChatGPTと自社データを組み合わせた生成AI活用最前線と実際のインターフェイス

プログラム 

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:40 【他社はどうしている?】今、国内大手BPO/MSP/LCM事業者が実現する 顧客サポートDXに刮目

13:40~14:00 質疑応答

主催

OrangeOne株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る