インフラ

インフラ

Infrastructure

インフラの課題を解決するウェビナー

テレワーク・リモートワークの環境構築、仮想デスクトップ、データベース、ネットワーク、サーバー仮想化、システム内製化など、IT インフラ・基盤の最新トピックスや企業の事例がわかるウェビナーを掲載しています。

ネットワーク
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

オフィスや学校、病院などの無線LAN運用、通信品質や運用管理の課題をどうすれば解決できるのか...

3.9株式会社テイクオーバル

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

オフィスや学校、病院などでの無線LAN環境の課題

業務効率化やフリーアドレスなどの働き方の多様化に対応するため、オフィスで無線LAN環境を整える企業が増えています。 また文科省主導のGIGAスクール構想の実現と併せて学校での無線LAN環境は必須となり、病院などあらゆる施設で無線LANの敷設が当たり前になってまいりました。 有線LANに比べ、どこの座席でも業務が行える点や、会議室利用時にもシームレスに運用が行えるなど多くのメリットがあります。 しかし、無線LANの環境によっては下記のような課題も発生していまいます。 ・Web会議で接続が不安定になることがある ・座席により速度や回線の安定性にばらつきがある ・よく聞くキーワード「繋がらない」、「遅い」、「切れる」、「運用が分からない/難しい」

運用管理者が抱える負担と運用リスク

また、無線LAN運用においては管理者側でも負担や運用リスクを抱えています。 例えば、以下のような課題を抱えている方も多いのではないでしょうか? ・運用管理を行う専任担当がおらず対応に苦慮している ・セキュリティの担保が行えているか不安 ・故障や不具合が起こった際に復旧まで時間がかかってしまう メリットが大きい分、安定的な運用が行えないと利用者である社員やお客様からの不満も大きくなってしまう傾向があります。

高い接続品質・管理者の負担を減らすソリューション

本ウェビナーでは、こうした利用者側の課題や管理者の負担や運用リスクを解決できるソリューションをご紹介します。 ご紹介する、クラウド管理型WiFiサービス「Val-WiFi」の大きな特長として、以下の点が挙げられます。 ・セキュリティや性能面で高品質な機器を利用できる ・独自のアンテナ技術「BeamFlex」で高い接続品質を実現できる ・運用管理もお任せできる(モデルチェンジや脆弱性・アップデート対応など) こうした点より、速度や回線の安定性を保ちながら管理者の負荷やリスク軽減を実現することが可能です。 オフィスの規模や業種に関わらずご利用いただけるため、日本全国の様々な環境でご利用いただいています。 ウェビナーの中では、「Val-WiFi」の販売パートナーの募集に関する内容もお伝えさせていただきますので、 無線LAN環境に悩む方や、既存の販路を活用しながら新しい商材を取り扱っていきたいとお考えの方にもおすすめの内容です。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 オフィスや学校、病院などのでの無線LAN運用、通信品質や運用管理の課題をどうすれば解決できるのか ~独自技術による高い接続品質・管理者の負担を減らすソリューションのご紹介と販売パートナーの募集~

14:45~15:00 質疑応答

主催

株式会社テイクオーバル(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

ハイブリッドワークの問題解決=全インフラのクラウド移行? 〜組織のニーズや課題に対して適切な...

3.5A10ネットワークス株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

ハイブリッドワークの問題解決=全インフラのクラウド移行?

新型コロナウイルスの影響を受け、多くの企業がハイブリッドワークを導入しています。 従業員がオフィスと自宅、外出先でも働く今日、データとアプリケーションへのアクセスはより柔軟で効率的、かつセキュアなものでなければなりません。 これを解決するためには、業務に必要なネットワーク機能をすべてクラウド上で行うソリューションが最適とされることが多くなっています。 しかし、本当にそうでしょうか?

全てをクラウドに移すことが全ての組織で最適ではない

ネットワーク設備を全てクラウドに移すことが、すべての組織において最適ではありません。1つのソリューションにインフラを集約することで目先の効率化を得ることはできますが、長期的に組織の効率性や柔軟性が犠牲となり、競争力を失うことにもつながりかねません。企業や組織はそれぞれ異なっており、自らの強みに合わせたITインフラを整備する必要があります。

例えば、全てのデータとアプリケーションをクラウドサービスに移行することは可能でしょうか?多くの企業は独自のノウハウやデータを競争力の原点としていて、それらを全て外部に出して処理を行うことが最適とは言えない場合もあるかと思います。

ITインフラの柔軟性やセキュリティとコストのバランスを保つためのコントロールは組織の競争力において非常に重要であり、安易にすべてを1つのクラウドソリューションに移行してしまってよいものではありません。

組織のニーズや課題に対して適切な環境を実現するハイブリッドソリューションを解説

本セミナーでは、ハイブリッドワークの時代において、組織のニーズや課題に対して適切なITインフラ環境を実現するためのソリューションについて解説します。 A10ネットワークスが提供するハイブリッドセキュリティソリューションを用いれば、オンプレミスとクラウドを組織のニーズに合わせて適切に組み合わせ、インフラの柔軟性を保ちつつ、セキュリティとコストのバランスを保つためのコントロールを維持することが可能です。 具体的にどのようにオンプレミスとクラウドを最適に組み合わせるか、事例を交えて詳しく説明します。 ネットワークの運用にお悩みの方はぜひご参加ください。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 ハイブリッドワークの問題解決=全インフラのクラウド移行?〜組織のニーズや課題に対して適切なITインフラ環境を実現するための現実解〜

15:45~16:00 質疑応答

主催

A10ネットワークス株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

ビジネス基盤として重要なITインフラお役立ちセミナー

0.0ジェイズ・コミュニケーション株式会社

本セミナーはWebセミナーです

動画配信は YouTubeを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「seminar-manager.com」「jscom.co.jp」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

セミナー概要

2023年に入って多くの企業がDXで成果を出すための取り組みを進めていますが、そのためにはICT活用が不可欠であり、その基盤となるITインフラの重要性がますます高まっています。 本セミナーではITインフラに関わるお役立ち情報を3つのテーマでお届けします。

こんな方におすすめ

・情報システム、ITインフラ、セキュリティなどを担当されている方 ・上記に関するソリューションをお探しの方

プログラム

<テーマ1> 『深刻化するIT部門人材不足解消の最善手とは~「情シス」トータルソリューションサービス~』 企業のDX推進の要であるIT部門やいわゆる情シス、その実態は工数の7割をシステム運用やヘルプデスクなどのノンコア業務に費やされ、本来取り組むべきIT活用戦略の考察やセキュリティ対策などのコア業務に集中できていないと言われています。 その解決策であるノンコア業務のアウトソーシングについてお伝えします

<テーマ2> 『速いのは当たり前、コスト削減にもなる光回線FTTOソリューションのご紹介』 オフィスで使えるFTTOはご存知でしょか。最新のネットワークソリューションで新規導入やリプレースのハードルが高いようにも思えますが、実はサスティナブル・シンプル・リーズナブルを実現できます

<テーマ3> 『快適オフィスを実現!導入も運用も簡単な高速WiFi6サービス』 高速で繋がりやすく、しかも省電力なWiFi6、WiFi6を導入することで業務に快適なオフィス環境を実現できますが、導入だけでなく運用も楽になるWiFiプラットフォームサービスについてご紹介します

主催

ジェイズ・コミュニケーション株式会社(プライバシー・ポリシー

共催

ジェイズ・テクノロジー株式会社(プライバシー・ポリシー) 華為技術日本株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

デジタルビジネス成功に必要不可欠な「通信の高速化」を実現する「CDN運用術」 ~ 「Web高...

3.9Cloudflare Japan

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認ください。

技術進化で勢いづくデジタルビジネス グローバル展開も急拡大

クラウドやモバイル、高速インターネット接続などデジタル技術が進化したことで、ビジネスのデジタル化が進んでいます。さまざまな業界・業種でWebサイトやアプリケーション、サービスを介したビジネスが活発化してきました。 特に、インターネットの普及によって世界中の人々がオンラインで簡単にコミュニケーションや情報共有が可能になり、地理的な制約を超えてサービスを提供できる環境が整いました。サービス提供の対象市場が拡大したことで、グローバルでの事業展開や新たな顧客層にアプローチしてビジネスの成長を促進するチャンスが生まれています。

致命的となるWebパフォーマンスの遅延、求められる「通信の高速化」

その一方で、Webサイトやサービス、アプリケーションが遅くなってしまうと、ユーザー体験が悪化して満足度が低下したり、離脱率が増加する可能性が高くなります。Webパフォーマンスの遅延は、売り上げの減少やブランドイメージ、コンバージョン率の低下など多大な影響を与える可能性を高めてしまいます。 特にグローバル展開における拠点間のプライベート通信や異なる地域でのネットワークインフラの信頼性・可用性の確保は、デジタルビジネスの生命線とも言えます。ただ、ネットワークインフラの規模が拡大するほど、その構成要素が複雑化します。その結果、異なる手法や個別ツールを併用した煩雑な運用管理を強いられているため、これらの解決を課題として浮かび上がってきました。

事業継続の重大リスクである「サイバー攻撃」への対策強化も必要不可欠

また、DDoS攻撃や悪意のあるボットなどサイバー攻撃が急増しています。それらは事業継続における重大なリスクとして認識され、より高度なセキュリティ対策が求められています。 デジタルビジネスを成功させるためには、Webサイト/アプリケーションのより高速なパフォーマンスと、最新のサイバー攻撃にも耐えうる高度なセキュリティを両立させることが必要不可欠です。課題をどのように解決していけばよいのでしょうか。

パフォーマンスとセキュリティを高次元で統合する「CDN運用」実現方法を解説

本セミナーは、主にホスティングサービスプロバイダーや大規模、またはグローバルネットワーク事業者などを主に対象としております。 Webパフォーマンスとアプリケーションセキュリティの両方を実現するカギを握る「CDN(Content Delivery Network)」の重要性を解説するとともに、Web高速化とセキュリティ強化を高次元で統合できるCloudflareの優位性を分かりやすく紹介します。 デジタルビジネスを成功に導く通信環境を実現したい方は、ぜひご参加ください。

講演プログラム

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 デジタルビジネス成功に必要不可欠な「通信の高速化」を実現する「CDN運用術」~ 「Web高速化とセキュリティ強化」を両立する最適解を解説 ~

10:45~11:00 質疑応答

主催

Cloudflare Japan(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

【東京:日本橋開催※リアルのみ】複雑化するネットワーク管理の「アラート疲れ」を解消する方法 ...

0.0ゾーホージャパン株式会社

本セミナーはオンサイト開催です

参加に関する詳細は主催企業より直接メールにてご連絡いたします。 なお、「zohocorp.com」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認ください。

開催場所 ※本セミナーはリアルのみの開催です。オンライン配信はありません

ベルサール東京日本橋 貸会議室Room H+I 〒103-6005 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー4F ベルサール東京日本橋

現地連絡先: 03-3510-9236 「日本橋駅」B6出口直結(銀座線・東西線・浅草線) 「三越前駅」B6出口徒歩3分(銀座線・半蔵門線) 「東京駅」八重洲北口徒歩6分(JR線)

安定稼働が求められる社内ネットワーク

高度にデジタル化された現代社会においては「社内ネットワークサービスの安定稼働」が当たり前に求められるようになっています。 ネットワーク管理者にとっては、一刻も早く問題を特定し解決するプレッシャーが常にあるため、ネットワークの適切な管理と監視が不可欠となります。

構成の複雑化により、管理者の負担は増大する一方

しかし、テクノロジーの進展とともにネットワーク構成の複雑化が進み、管理者の負担は増大しています。 多岐にわたるデバイス、プラットフォーム、システムの調整と監視には莫大な工数が必要となり、高い専門知識と技術が求められる状況です。

運用管理者を悩ませる「アラート疲れ」問題

このような中で、特にネットワーク管理者を悩ませる問題の一例が「アラート疲れ」です。 対処不要なアラートが多く鳴ることで、重要なアラートへの対処が後手に回ってしまうという問題があります。 疲れ果てた管理者が本当に重要な警告を見逃すことが、企業にとって致命的な結果を招く可能性があるのです。

ネットワーク管理の自動化で、安定運用と工数削減を両立した事例を解説

本セミナーではネットワーク管理の自動化によって、安定運用と工数削減を両立する方法を事例を交えながら解説します。 セミナーの最後には、現在悩まれている課題について、個別に直接ご相談いただける時間も設けています。 ネットワーク運用管理の効率化にご関心がある方は、ぜひご参加ください。

<こんな方にオススメ> ・ネットワーク運用管理業務に携わる担当者 ・ネットワーク運用管理の自動化について知りたい方 ・ネットワーク運用管理について、専門家と直接話してみたい方

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:50 【第一部】ネットワーク管理の自動化で、安定運用と工数削減を両立した事例を解説

16:00~16:30 【第二部】具体的な導入事例、導入効果および導入支援サービスの紹介(オリゾンシステムズ社)

16:30~17:00 【第三部】担当者による個別相談会

持ち物

お名刺のご持参をお願いいたします。

主催

ゾーホージャパン株式会社(プライバシー・ポリシー

共催

オリゾンシステムズ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

人材不足でも、社内ネットワークを安定稼働し続けるにはどうすればよいのか? 【東京:日本橋開催...

0.0ゾーホージャパン株式会社

本セミナーはオンサイト開催です

参加に関する詳細は主催企業より直接メールにてご連絡いたします。 なお、「zohocorp.com」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認ください。

開催場所 ※本セミナーはリアルのみの開催です。オンライン配信はありません

ベルサール東京日本橋 貸会議室Room 8+9 〒103-6005 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー5F ベルサール東京日本橋

現地連絡先: 03-3510-9236 「日本橋駅」B6出口直結(銀座線・東西線・浅草線) 「三越前駅」B6出口徒歩3分(銀座線・半蔵門線) 「東京駅」八重洲北口徒歩6分(JR線)

24時間365日の安定稼働が求められる社内ネットワーク

高度にデジタル化された現代社会においては「社内ネットワークサービスの安定稼働」が24時間365日保証されていることが必須となっています。 社内サーバーへの接続が断たれた場合、業務の遅延や中断を招き、損害へとつながってしまいます。

ネットワーク管理者の負担は増大する一方で、専門家は不足

しかし、24時間365日の安定稼働を保つためには、ネットワークの複雑化、増加するトラブル対応などといった多岐にわたる課題に対処する必要があります。 こうした中でネットワーク管理者の負担は増大しており、専門知識を持つ人材も不足している状況です。 特にネットワーク障害の解決には深い知識と経験が必要であり、対応の遅れはビジネスの機会損失に直結するため、効率的にネットワークを管理できる方法が求められています。

社内ネットワーク障害解決を迅速化するマップ機能の活用法を解説

本セミナーでは、ネットワーク人材不足でも社内ネットワークを安定稼働し続け、障害にも迅速に対応できる方法を解説します。 具体的なソリューションとして、マップ機能によりLANの障害や輻輳を見える化することで運用の負担を大きく軽減する統合監視ツール「OpManager」をご紹介する予定です。 担当者より個別に課題解決のサポートもさせていただきますので、ネットワーク運用や障害時の対応にお困りの方はぜひご参加ください。 <こんな方にオススメ> ・ネットワーク・システムの障害にお困りの情報システム部門の担当者 ・ネットワーク・システムの運用保守に関わるSIerの営業担当者 ・顧客のネットワーク・システムの開発・運用保守に携わるSIerのエンジニア

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:30 【第一部】ネットワーク障害解決を迅速化するマップ機能の活用法を解説

15:30~16:00 【第二部】OpManager製品紹介デモ

16:00~17:00 【第三部】担当者による個別相談会

持ち物

お名刺のご持参をお願いいたします。

主催

ゾーホージャパン株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

M365の「遅い・重い」の解決に閉域接続が必要である理由 〜インターネット接続の課題をクリ...

3.5東日本電信電話株式会社

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはTeamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

多くの企業で活用が進む、M365

近年、多くの企業がMicrosoft 365(M365)を活用してビジネスの効率化を図っています。 M365は一連のクラウドベースのサービスとアプリケーションを提供しており、チーム間での情報共有やコミュニケーションの効率化などにより企業の生産性向上に寄与しています。

M365利用時の「遅い」「重い」問題

しかし、M365の導入が進む一方で、通信速度や安定性に関する懸念が浮上しています。 ファイルのアップロード・ダウンロード、Web会議システムの遅延等で作業効率が低下してしまうなど、仕事に差し支えが出ているケースが少なくありません。

インターネット経由では安定した通信が困難

インターネット経由でのM365接続は、多くのトラフィックが輻輳してしまうため安定した通信が困難です。 M365の利用に適した、安定性が保証された通信環境が求められているのです。

閉域接続により、ストレスフリーなM365の利用環境を実現

本セミナーでは、M365の「遅い・重い」という課題を閉域接続によって解決する方法を解説いたします。 高品質な通信を確保できコストパフォーマンスにも優れた、NTT東日本のネットワークサービスをご紹介予定です。 M365をより快適な環境で利用したいとお考えの企業様はぜひご参加ください。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 M365の「遅い・重い」の解決に閉域接続が必要である理由〜インターネット接続の課題をクリアし、快適なM365の利用環境を実現〜

14:45~15:00 質疑応答

主催

東日本電信電話株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

広域・拠点間通信を支えてきた「SD-WAN」にささやかれる限界説 ~ パブリッククラウドを...

3.8バラクーダネットワークスジャパン株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認ください。

進化する企業ネットワーク、統合的かつ大規模な通信環境が増加

ビジネス環境の変化とともに、企業ネットワークは求められる環境が変化してきました。特に、複数拠点やグローバルで事業を展開する企業・組織においては、従来主流だったVPN/専用線ネットワークやオンプレミス・データセンターだけではなく、クラウドを活用したハイブリッド型に移行し、現在はさらに統合的で大規模なネットワーク環境へと進化を遂げています。

複数拠点やグローバル展開を支えてきた「SD-WAN」にも課題が

地理的に分散した複数の拠点を持つ企業・組織では、ネットワークを効率的に管理して帯域幅やセキュリティなどの課題を解決するために「SD-WAN(Software Defined-Wide Area Network)」を活用しています。 ただ、高度な技術や知識が必要とされるSD-WANでは、運用管理の複雑さがネックになりやすいです。また、複雑なルーティングやトラフィック逼迫によるパフォーマンスの低下などの課題が生じてきました。

広域・拠点間通信における運用がより困難に

さらに、クラウドを活用した広域・拠点間通信では、高品質な通信を実現するための回線コストや拠点増減による構成・回線設定変更の手間などがあるため、ネットワーク運用がより困難な状況になりつつあります。 これらの運用課題を解決するためには、どのような対応が求められるのでしょうか。

パブリッククラウドを活用した次世代「SD-WANサービス」の実力とは?

本セミナーでは、クラウドを活用した広域・拠点間通信におけるネットワーク環境の課題を解説し、その解決策として「Microsoft Azure」と親和性の高い「次世代SD-WANサービス」をご提案。 操作性の高い画面からの一元管理が可能で、パフォーマンスの最適化やセキュリティの確保、容易なデプロイ、コスト削減を実現できる機能や導入メリットを紹介します。事業ニーズの変化に追随できる柔軟な広域・拠点間通信を実現したい方は、ぜひご参加ください。

講演プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:45 広域・拠点間通信を支えてきた「SD-WAN」にささやかれる限界説 ~ パブリッククラウドを活用した「次世代SD-WANサービス」の紹介 ~

13:45~14:00 質疑応答、クロージング

主催

バラクーダネットワークスジャパン株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

ネットワーク技術者不在でも、LAN/Wi-Fi機器トラブルによるネットワーク停止、セキュリ...

3.9バリオセキュア株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

中堅中小企業で特に不足しがちなネットワーク専門家

ビジネスの成長や競争力を維持するためには、ITインフラの安定運用が不可欠です。 しかし、多くのエンジニア人材はアプリ系に集中しており、インフラ系ネットワークエンジニアはより一層人材不足が深刻化しています。 とりわけ人材が不足しがちな中堅中小企業の情報システム部門では、ネットワーク専門家の確保が困難な状況が続いています。

ネットワーク関連機器は管理対象が多く、トラブル時の原因特定が困難

ネットワーク関連機器は、スイッチやルーター、Wi-Fiアクセスポイントなど、多数の管理対象が存在します。 トラブルが発生した際には、これらの機器の中から原因を特定することが求められますが、専門家が不足している状況では、迅速かつ正確な対応が難しくなります。

セキュリティ対策はどこまでやればよいのか?

サイバー攻撃の脅威が増している昨今、ネットワークのセキュリティ対策の必要性も高まっています。 しかし、セキュリティについても専門家が不足している状況では、どのような対策をどこまで行うべきか、また現在の対策が十分なのか判断が困難です。

ネットワーク専門家不足でも、トラブルの迅速な対応・適切なセキュリティ対策を行う方法

本セミナーでは、ネットワーク専門家不足の状況でも、トラブルへの迅速な対応や適切なセキュリティ対策を実現するための方法を解説します。 ネットワーク管理者の負担軽減とセキュリティ強化を実現でき、ネットワーク運用のワンストップサポートを提供しているマネージドセキュリティサービスについてご紹介予定です。

・情報システム部門のマンパワー、知識、予算が不足している

・トラブル発生時の障害原因特定に困っている

・セキュリティ対策をどこまでやればよいかわからない

上記のようにお悩みの中堅中小企業の情報システム部門の方はぜひご参加ください。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 ネットワーク技術者不在でも、LAN/Wi-Fi機器トラブルによるネットワーク停止、セキュリティ事故を回避~24時間365日の死活監視と脆弱性対応を安全・確実に実行するために~

15:45~16:00 質疑応答

主催

バリオセキュア株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る