システム開発

システム開発

Development

システム開発の課題を解決するウェビナー

アジャイル開発、オフショア開発、ローコード・ノーコード・kintone(キントーン)など、システム開発の最新手法や、プロジェクト管理をスムーズにするツール&ノウハウを知ることができるウェビナーが満載です。

ローコード開発・ノーコード開発・kintone(キントーン)
最新&人気ウェビナー

ローコード開発・ノーコード開発・kintone(キントーン)
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

ローコードでレガシーシステム移行を内製で進められるのか?

3.9アルプス システム インテグレーション株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

本セミナーの講演部分は、事前に収録した録画を配信します。

質疑応答タイムはライブ配信にて、皆様からのご質問をお待ちしております。

急務となる、レガシーシステムからの脱却

多くの企業が抱える老朽化したシステムは、運用と保守に多くのコストを要します。 新しいテクノロジーが次々と登場する中で、レガシーシステムを使い続けることはパフォーマンスの低下、管理が属人化、法改正などの変化に対応しにくい、セキュリティリスクの増加など、様々なリスクがあります。 しかし、その一方で、システムの移行は簡単な問題ではありません。

移行や再構築はリソースとコストが大きなハードルに

新しいシステムへの移行や再構築は、多くのリソースとコストを必要とします。 内製で進めようにも、専門の技術者が不足している場合が多く、外部のベンダーに依頼するとなると費用がかさみます。 このような状況下で、企業は「なるべく手間や工数をかけずに、レガシーシステムより新システムへ移行したい」という強いニーズを持っています。 しかし、その方法が見つからずに、行動を起こせないでいる企業が多いのが現状です。

技術者目線で解説するローコードの実際、よくある疑問の解消

本セミナーでは、上記の問題に対する解決策として、ローコードプラットフォーム「WebPerformer」をご紹介します。 また、技術者目線でローコードの実際について解説し、よくある疑問にもお答えしますので、ご参加いただければローコードについて理解を深めることができます。 レガシーシステムからの脱却と効率的なシステム移行を検討している方はぜひご参加ください。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 ローコードでレガシーシステム移行を内製で進められるのか?

11:45~12:00 質疑応答

質疑応答タイムはライブ配信にて行います。

主催

アルプス システム インテグレーション株式会社(プライバシー・ポリシー

共催

キヤノンITソリューションズ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

【リアル開催】最大93%の業務を削減したノーコード、ローコードを組み合わせたデータ活用とは?

0.0CTCシステムマネジメント株式会社

本セミナーはオンサイト開催です

参加に関する詳細は主催企業より直接メールにてご連絡いたします。 なお、「ctc-g.co.jp」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認ください。

会場

〒105-6909 東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー 16F Park ・東京メトロ日比谷線 神谷町駅 直結 ・東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 2番出口より徒歩8分 ・東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 泉ガーデン出口より徒歩9分 ・東京メトロ銀座線・南北線・丸の内線・千代田線 溜池山王駅 13番出口より徒歩7分 ・都営三田線 御成門駅 A5番出口より徒歩9分

開催概要

データの力を最大限に引き出す、データ連携・管理・活用!

DX化、DX推進という言葉から、「社内の情報をデータ化して管理する」といったフェーズで留まる企業も少なくありません。データ化して管理するだけでは勿体ない。情報を一元管理して、コア業務に活用していくことこそ、DXの第一歩であります。組織編成や担当者変更に影響されない情報管理、そして管理した情報を業務に活かしていきましょう!本セミナーでは、社員自ら開発・運用することができる「ノーコード・ローコード」のツール紹介から活用事例をご紹介いたします。

参加費

無料(事前登録制)

持ち物

お名刺のご持参をお願いいたします。

Keynote Speakers

『ユーザ部門で進めるデータの民主化。社内DX実現のキーワードは「データの整備」から。』

様々な形で進められるDX(デジタル・トランスフォーメーション)。その一つとして、今まで情報システム部に依頼していたIT化をユーザ部門自ら企画、構築する企業が増えています。そこで課題となるのが、「データの整備」。様々なシステムより発生するデータは、取得するだけでは活用することができません。当セッションでは、ノーコードでデータ整備が行える「Waha! Transformer」の紹介と、ユーザ部門自らデータを整備・活用し、業務改善された事例を通して、社内DX成功のポイントをお伝えします。 株式会社ユニリタ.png 株式会社ユニリタ ITイノベーション部 プロダクトマーケティンググループ リーダー 松岡 親司 氏 ユニリタに入社してから20年、ETL・データウェアハウス分野一筋でフィールドSEからプリセールス迄、様々なお客様に携わってきました。導入実績2,300ライセンスを数えるWaha! Transformerの活用ポイントを、ユーザ目線で分かりやすくお伝えします。

『プリザンターの概要と活用事例のご紹介』

DX推進の起爆剤として注目されるノーコード・ローコード開発ツールの中でも、無料で利用できるOSSという他には真似できないアドバンテージをもつ”プリザンター”の概要と活用事例をご紹介します。 株式会社インプリム.png 株式会社インプリム 代表取締役 内田 太志 氏 人間らしい働き方を実現するため「マネジメント快適化」をコンセプトにした「プリザンター」を開発。長年勤めた富士通エフサスから独立し、インプリムを設立。

『ノーコード・ローコードツールは「組み合わせ」で仕事をもっと快適に』

組み合わせて活用することで、データの収集・加工・可視化まで、より大きな効果を発揮するノーコード・ローコードツール。社内展開のプロセスやハードル、活用のコツを弊社事例を交えてご紹介します。 CTCシステムマネジメント株式会社.png CTCシステムマネジメント株式会社 サービスソリューション本部 本部長代行 伊藤 千博 運用管理ツール構築エンジニアを経て、OSS導入・保守サービスや業務効率化・自動化ソリューションをサービス立ち上げから担当。

プログラム

14:00~    受付

14:30~14:35 イベントスタート

14:35~15:05 講演① 株式会社ユニリタ

『ユーザ部門で進めるデータの民主化。社内DX実現のキーワードは「データの整備」から。』

15:10~15:40 講演② 株式会社インプリム

『プリザンターの概要と活用事例のご紹介』

15:45~16:15 講演③ CTCシステムマネジメント株式会社

『ノーコード・ローコードツールは「組み合わせ」で仕事をもっと快適に』

主催

CTCシステムマネジメント株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社ユニリタ(プライバシー・ポリシー) 株式会社インプリム(プライバシー・ポリシー) 株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

ノーコードと生成AIで実現する「失敗しないシステム開発」

3.7株式会社STOVE

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

柔軟かつ迅速なシステム開発が求められるビジネス環境

現代のビジネス環境では、急速なデジタル変革やテクノロジーの進化に伴い、企業は常に変化に対応する必要があります。 このような状況では、システム開発の柔軟性と迅速性が重要な要素となります。

なぜ、システム開発はうまくいかないのか?

多くの企業がシステム開発において様々な問題を抱えています。 開発に時間がかかる、進捗状況が不透明である、開発したシステムが現実のビジネスニーズに合わず手戻りが生じるなど、システム開発の成功を妨げる要因は数多く存在します。 このような問題は、プロジェクトの遅延やコストの増大、最終的な製品の品質への影響といった形で表れ、企業の競争力とイノベーション能力を低下させる可能性があります。

ノーコードと生成AIで実現する「失敗しないシステム開発」アプローチとは

本セミナーでは、「失敗しないシステム開発」を実現するために必要なアプローチを解説します。 具体的なソリューションとして、生成AI技術も取り入れたノーコード開発ツール「CORE Framework」をご紹介予定です。 システム開発のスピードや品質などに課題を感じている方や、最新技術を活用した効率的な開発アプローチに興味がある方はぜひご参加ください。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 ノーコードと生成AIで実現する「失敗しないシステム開発」

14:45~15:00 質疑応答

主催

株式会社STOVE(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

手軽に扱える故に複雑な開発に対応できない「ローコード」の課題を解決 〜エンジニアから現場スタ...

3.7株式会社ワークスアプリケーションズ

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

IT人材不足の解決策としてのローコード

現代の働き方の変化や現場の多様なニーズ、そしてIT人材不足により、企業は社内をデジタル化し、業務を効率的に行う必要があります。 この中で、業務ノウハウを蓄積し、スピーディに自社でアプリケーションを開発する「ローコード開発ツール」が注目を集め、トレンドとして世界に広がっています。

一般的なローコード・ノーコードの限界

しかし、一般的なローコード・ノーコードツールは機能が基本的なものに限られており、複雑なビジネス要件や高度なカスタマイズを必要とする開発では不十分なものが多く見受けられます。 大規模なビジネスにとって、これらの制限はシステムの柔軟性や拡張性を大きく制約し、最終的にはビジネスの成長を阻害する要因となり得ます。

開発難易度に合わせて複数ツールを取り入れると管理が複雑に

また、複雑な開発に向かないローコードツールの課題に対し、開発の難易度に応じて複数のツールを併用するという対策をとった場合、今度は管理が複雑化し統制が難しくなるという課題が生じます。 これは、業務の非効率化やセキュリティリスクの増大につながり、IT管理の負担を増加させます。 したがって、開発難易度に応じた柔軟性を備えたソリューションが求められています。

エンジニアから現場スタッフまで、難易度に合わせて機能を選択できる開発プラットフォーム

こうした課題に応えるため、株式会社ワークスアプリケーションズはエンジニアから現場スタッフまで、幅広いスキルレベルのユーザーや開発難易度に適応できるローコード開発プラットフォームを提供しています。 本セミナーでは、複雑な開発要件にも対応可能な高度なカスタマイズ機能と、簡易な操作性を兼ね備えローコードツール「ArielAirOne」について詳しくご紹介します。 小規模で簡単なツールを作成するだけでなく、大規模・複雑なシステムの開発にも使えるローコードツールをお求めの方はぜひご参加ください。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:45 手軽に扱える故に複雑な開発に対応できない「ローコード」の課題を解決〜エンジニアから現場スタッフまで、誰でも使えるローコード開発ツール〜

13:45~14:00 質疑応答

主催

株式会社ワークスアプリケーションズ (プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

Microsoft Power Appsを活用し内製化を実現するための最初のステップとは? ...

3.5株式会社テンダ

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

Microsoftが提供するローコード開発ツール「Power Apps」

Microsoftがローコード開発ツール「Power Apps」を提供しています。 このツールは、ローコードで手軽にアプリを作成できる「Microsoft Power Platform」の一部で、ローコード開発が注目される中で特に注目されています。

Power Appsを活用することで業務アプリの内製化が可能

Power Appsの活用により、プログラミングの知識がなくてもアプリ開発を始められます。 このため、ITに詳しくない方でも操作方法を覚えることで、アプリを作成できるようになります。 ローコーディングで開発できるため、社内人材でアプリを内製化することが可能となります

内製化の実現に向けてどのようにPower Appsを活用するか?

ローコーディングでアプリを開発できるPower Appsですが、アプリ開発には一定の前提知識が求められます。 また、業務課題に対してどのようにアプリを設計し、作成するかについても検討する必要があります。 ツールを導入するだけでなく、その十分な活用方法について悩んでいる企業は多いでしょう。

アプリ作成の支援と内製化へのトレーニングサービスを提供

当セミナーでは、Power Appsを用いたアプリ構築の事例紹介や課題への対応策、そして内製化を実現するための支援サービスを紹介いたします。本支援サービスでは、必要に応じて業務課題ヒアリングから参加させていただき、実際に動作するプロトタイプの作成を通じてアプリ作成に伴走します。また、お客様へのトレーニングも実施し、内製化を強力に支援します。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 Microsoft Power Appsを活用し内製化を実現するための最初のステップとは?〜内製化に向けた課題と解決方法を具体的な事例を交えてご紹介〜

11:45~12:00 質疑応答

主催

株式会社テンダ(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

数あるローコード開発ツール、どれを選べば良いのか? ~ 日本の特性に合った業務システムを実現...

3.8株式会社ソフトウェア・パートナー

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

求められる業務効率化とローコード開発

現代のビジネス環境は急速に変化しており、ITを活用した業務効率化が不可欠です。 この課題は、大規模な基幹系システムだけでなく、部門内の小規模な業務にも適用されます。しかしながら、予算が制約されている場合も多いのが現実です。 そこで、注目を浴びているのが「ローコード開発」です。プログラミングの専門知識が不要なため内部リソースを活用してシステム開発ができます。

ローコード開発ツールはどのように選定すればよいのか?

市場にはさまざまなローコード開発ツールが存在し、どれを選ぶべきか迷うことがあります。 開発生産性、コスト、標準機能、拡張性、開発手法、他のシステムとの連携など、ツール自体に関するポイントに留意する必要があります。 また、ツールを使用して開発されたアプリケーションのセキュリティ、保守性、内部統制への適合など、利用時に重要な要素も考慮すべきです。

選定のポイントと高い評価を受けているツールのご紹介

本セミナーでは、ローコード開発の課題と、ツールの選定ポイントについて解説します。 また、各種の選定ポイントに適合しており、市場から高い評価を得ている「Wagby Enterprise Edition」というローコード開発ツールをご紹介いたします。 実際にこのツールを使用して開発されたアプリケーションをご紹介しますので、UIや機能をご覧いただくことができます。 ぜひ、ご参加いただきローコード開発ツール導入ためのヒントを得ていただければと思います。

プログラム

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 数あるローコードツール、どれを選べば良いのか?~ 日本の特性に合った業務システムを実現する国産ローコード開発ツール Wagby EE

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社ソフトウェア・パートナー(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

ローコード開発で、企業のシステム開発は今後どうなっていくのか? 【ChatGPT先生と学ぶ】...

0.0マジセミ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

当講演の登壇者は、予定しておりましたマジセミアバターキャストのcleaからマジセミ代表 寺田へ変更になりました。

注目される「ローコード開発」

社会やビジネス環境が急速に進化し、企業における情報システムの役割は今や中心的なものとなっています。 そして、このダイナミックな状況に迅速に適応する「スピード」も、システム開発において不可欠な要素となっています。 そこで注目されているのが「ローコード開発」です。

多くの企業が取り組む「内製化」

近年、多くの企業がシステム開発の内製化を進めており、これもローコード開発ツールの利用が拡大している要因になっています。 これによって、開発サイクルが短縮され、非プログラマーでもアプリケーションを作成できるようになってきました。 ローコード開発がもたらす影響はそれだけにとどまりません。

ローコード開発で、企業のシステム開発は今後どうなっていくのか?

今回のイベントでは、今後企業のシステム開発はどうなっていくのか? ローコード開発のトレンドや方向性はどうなっているのか?といったポイントについて、様々なゲスト登壇者をお迎えして解説します。 また、参加者から頂いた質問にリアルタイムに回答していきます。

ローコードの未来について、一緒に考えていきましょう!

本セッションは「ローコード開発で、企業のシステム開発は今後どうなっていくのか?」というオンラインイベントの1セッションです。

「ローコード開発で、企業のシステム開発は今後どうなっていくのか?」のイベント全体、及び他のセッションの情報については、以下のページから参照して下さい。 イベント全体概要を確認する

また、以下のページから、募集中の全てのセッションのお申し込みができます。 他のセッションに申し込む

【ChatGPT先生と学ぶ】ローコード開発で、情シスやSIerはどう変わるのか?

この数年で大きく普及したローコード開発。 今後のシステム開発はどうなっていくのでしょうか? それは、企業の情報システム部門や、システムインテグレーターにとって、どのような影響があるのでしょうか? 今回はChatGPTが、以下のような観点でプレゼン原稿を作成し、マジセミ寺田がその結果をみなさまへ共有します。

・ローコード開発が普及すると、企業の情報部門の役割はどう変わるのか?

・ローコード開発が普及すると、システムインテグレーターのビジネスはどう変わるのか?

・ローコード開発ツールは、Excelと同じくらい、誰でも使うツールになるのか?

また、参加者からの質問も、寺田がChatGPTに入力し、その結果を共有します。

講演者

1.png 寺田 雄一

プロフィール

マジセミ株式会社 代表取締役社長 ウェビナー(Webセミナー)の集客・運営サービス「マジセミ」を起業、代表取締役社長。 ITやものづくり関連のウェビナーを年間1,200回運営。 野村総合研究所(NRI)出身。NRIでは社内ベンチャーとして、当時国内トップシェアであるオープンソース・サポートサービス「OpenStandia」を起業。 その後、マジセミやクラウドID管理サービス「Keyspider」など次々と新規事業を創出する、50代起業家。

本セッションの時間

(5分前に別途ご連絡するURLからZoomにご参加下さい)

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:15 【ChatGPT先生と学ぶ】ローコード開発で、情シスやSIerはどう変わるのか?

15:15~ 続けて他のセッションにもご参加下さい

また、以下のページから、募集中の全てのセッションのお申し込みができます。 他のセッションに申し込む

主催

マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

ローコード開発で、企業のシステム開発は今後どうなっていくのか? プロジェクト成功の秘訣!ロー...

3.4マジセミ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

注目される「ローコード開発」

社会やビジネス環境が急速に進化し、企業における情報システムの役割は今や中心的なものとなっています。 そして、このダイナミックな状況に迅速に適応する「スピード」も、システム開発において不可欠な要素となっています。 そこで注目されているのが「ローコード開発」です。

多くの企業が取り組む「内製化」

近年、多くの企業がシステム開発の内製化を進めており、これもローコード開発ツールの利用が拡大している要因になっています。 これによって、開発サイクルが短縮され、非プログラマーでもアプリケーションを作成できるようになってきました。 ローコード開発がもたらす影響はそれだけにとどまりません。

ローコード開発で、企業のシステム開発は今後どうなっていくのか?

今回のイベントでは、今後企業のシステム開発はどうなっていくのか? ローコード開発のトレンドや方向性はどうなっているのか?といったポイントについて、様々なゲスト登壇者をお迎えして解説します。 また、参加者から頂いた質問にリアルタイムに回答していきます。

ローコードの未来について、一緒に考えていきましょう!

本セッションは「ローコード開発で、企業のシステム開発は今後どうなっていくのか?」というオンラインイベントの1セッションです。

「ローコード開発で、企業のシステム開発は今後どうなっていくのか?」のイベント全体、及び他のセッションの情報については、以下のページから参照して下さい。 イベント全体概要を確認する

また、以下のページから、募集中の全てのセッションのお申し込みができます。 他のセッションに申し込む

プロジェクト成功の秘訣!ローコード開発「CORE Framework」でイメージ化するシステム開発

株式会社STOVEは自社独自開発のローコード開発プラットフォーム「CORE Framework」を駆使し、アジャイルで業務システム開発を得意とする企業です。 多様なシステム開発をスクラッチでおこなってきた経験をもとに作られた「CORE Framework」でスピーディーに初期構築することにより、 可能な限り理想とするシステムのイメージを共有した状態でプロジェクトを推進しています。 本セミナーでは、私たちTeamSTOVEの強みや、システムをイメージ化するVFP(Vision for Proposal)という独自プログラムや、伴走して成功したお客様の事例ついてご紹介いたします。

講演者

青木徹_顔写真.png 株式会社STOVE ITコンサルタント 青木 徹(あおき とおる)

プロフィール

立命館大学大学院を卒業後、日本IBMにてITスペシャリストとして入社し、 製造業界や海運業界などのお客様向けに業務変革支援やシステム開発など企業のDX戦略を推進。 現在は株式会社STOVEにて、IT コンサルタントとして、クライアント様のDX戦略構想の策定からシステム開発まで一気通貫して担当する。

本セッションの時間

(5分前に別途ご連絡するURLからZoomにご参加下さい)

15:15~15:30 プロジェクト成功の秘訣!ローコード開発「CORE Framework」でイメージ化するシステム開発

15:30~ 続けて他のセッションにもご参加下さい

また、以下のページから、募集中の全てのセッションのお申し込みができます。 他のセッションに申し込む

主催

マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社STOVE(プライバシー・ポリシー) 株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

ローコード開発で、企業のシステム開発は今後どうなっていくのか? AIで変わるノーコードシステム開発

3.8マジセミ株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

注目される「ローコード開発」

社会やビジネス環境が急速に進化し、企業における情報システムの役割は今や中心的なものとなっています。 そして、このダイナミックな状況に迅速に適応する「スピード」も、システム開発において不可欠な要素となっています。 そこで注目されているのが「ローコード開発」です。

多くの企業が取り組む「内製化」

近年、多くの企業がシステム開発の内製化を進めており、これもローコード開発ツールの利用が拡大している要因になっています。 これによって、開発サイクルが短縮され、非プログラマーでもアプリケーションを作成できるようになってきました。 ローコード開発がもたらす影響はそれだけにとどまりません。

ローコード開発で、企業のシステム開発は今後どうなっていくのか?

今回のイベントでは、今後企業のシステム開発はどうなっていくのか? ローコード開発のトレンドや方向性はどうなっているのか?といったポイントについて、様々なゲスト登壇者をお迎えして解説します。 また、参加者から頂いた質問にリアルタイムに回答していきます。

ローコードの未来について、一緒に考えていきましょう!

本セッションは「ローコード開発で、企業のシステム開発は今後どうなっていくのか?」というオンラインイベントの1セッションです。

「ローコード開発で、企業のシステム開発は今後どうなっていくのか?」のイベント全体、及び他のセッションの情報については、以下のページから参照して下さい。 イベント全体概要を確認する

また、以下のページから、募集中の全てのセッションのお申し込みができます。 他のセッションに申し込む

AIで変わるノーコードシステム開発

AIツールの活用が活発化していく昨今、その影響はローコード/ノーコード界隈にも波及してきております。 この講演では、AI台頭で変わりゆくローコード開発/ノーコード開発や、人材不足下でのAIを活用したシステム開発手法について提案します。 また、厚生労働省が認可したAI/DX社員研修プログラムをご紹介。社員をデジタル人材へ成長を促す具体的な方法をお伝えします。

講演者

飛峪_sama.png GridWorld合同会社 飛峪龍一(とびさこりゅういち)

プロフィール

中学の頃に自作ゲームプログラムが雑誌掲載されエンジニアの道へ。 50名規模のSier統括部長を経て2020年会社設立。得意分野はブロックチェーン開発、システム導入。 2019年技術ハッカソンDecryptTokyo優勝。

本セッションの時間

(5分前に別途ご連絡するURLからZoomにご参加下さい)

15:30~15:45 AIで変わるノーコードシステム開発

15:45~ 続けて他のセッションにもご参加下さい

また、以下のページから、募集中の全てのセッションのお申し込みができます。 他のセッションに申し込む

主催

マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

GridWorld 合同会社(プライバシー・ポリシー) 株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る