ITインフラ
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

クラウドPBX導入の失敗事例と、成功へのポイントを解説 〜スムーズな導入・運用が可能な製品と...

3.7株式会社プロディライト

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

業務効率化、コスト削減を目的にクラウドPBXの導入検討をしている企業は多い

多くの企業が業務の効率向上とコスト削減を目指し、クラウドPBXの導入を検討しています。 クラウドPBX導入により、スマートフォンからの会社電話発着信や遠隔地の社員同士での内線通話が可能になり、柔軟な働き方をサポートします。 固定電話と比較して運用コストも削減できることから、導入を考える企業は増えています。

固定電話からの移行や導入後運用でよくある失敗事例とは?

クラウドPBXは多岐にわたる製品があり、品質や使い勝手を含めた製品選びが重要です。 セミナーでは、導入時に多くの企業で躓きがちな事例を紹介します。具体的にはこれまでの電話との使い勝手の違いによる業務効率低下や、追加の機器や通信回線の必要性によるコスト上昇、複雑な設定画面や不十分なサポートによる運用の難しさなどが挙げられます。

失敗を回避するためのチェックポイントと多数の導入実績がある「INNOVERA(イノベラ)」のご紹介

本セミナーでは、これらの失敗を回避するためのポイントを丁寧に解説します。 さらに、スムーズな導入・運用が可能なクラウドPBX製品「INNOVERA」の導入実績や特長もご紹介します。 導入成功のためのノウハウと実際のクラウドPBX利活用の情報をご提供します。

ニーズの高まりを見せるクラウドPBX市場参入のパートナーシップ

クラウドPBX市場は拡大中で、安定的なストック型収益が見込める商材となっています。 セミナーでは、クラウドPBXの導入が進む市場で成功するためのパートナーシップについてもお伝えします。 継続的で安定的な売り上げを得ることのできる、「INNOVERA」パートナープログラムを活用して新たなビジネスを展開をしてみませんか?

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 クラウドPBX導入の失敗事例と、成功へのポイントを解説〜スムーズな導入・運用が可能な製品とそのパートナーシップのご紹介〜

15:45~16:00 質疑応答

主催

株式会社プロディライト(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

クラウドPBXの回線品質やコストの課題をどう解決するか ~オフィス以外の場所での電話応対を可...

4.0SB C&S株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

多様な働き方における通信環境の課題

働き方改革やハイブリッドワーク・リモートワークの定着により、オフィス以外で仕事をするということが珍しくない状況になっています。 オフィスに縛られない働き方には、多くのメリットもありますが、仕事をする上での課題も発生します。 その一つが通信環境の課題です。 例えば、会社にかかってきた電話を社外でスムーズに受電することができず、機会損失が生まれてしまったというケースや、 電話応対のためにオフィスに出勤する社員が必要になるといった事が挙げられます。

製造、建設業といったオフィス外での業務が多いケースで抱える課題

また、製造業や建設業といったオフィス外での業務が多い方も以前から電話や通信環境における課題を抱えています。ハードな現場での携帯電話利用は、電波が行き渡らないなど通信環境に関する問題もさることながら、作業を安全に行う上で、支障が出るケースも散見されています。

Zoomの技術を活用したクラウドPBX

こうした課題を解決できる一つの手段として、クラウドPBXの導入による通信環境の整備です。 そのメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。 ・外出先や自宅でオフィスの電話を受電できる ・機器の管理や運用の負荷を削減できる ・運用、通話コストを削減できる しかし、クラウドPBXのサービスをすでに利用をしている場合も、思ったよりもコストが削減できていないといった課題や通信品質が良くないといったお悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか? 本ウェビナーでは、Zoomの技術を活用した、「Zoom Phone」をご紹介いたします。 高い通信品質とセキュリティを実現しつつ、コストも抑えられる点でクラウドPBX特有の課題も解消できるソリューションです。 多様な働き方に対応した、通信環境を整備したいとお考えの総務担当者様や情報システム担当の方におすすめの内容です。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 クラウドPBXの回線品質やコストの課題をどう解決するか ~オフィス以外の場所での電話応対を可能にし、多様な働き方に対応~(登壇:ZVC JAPAN 株式会社)

14:45~15:00 質疑応答

主催

SB C&S株式会社 (プライバシー・ポリシー

共催

ZVC JAPAN 株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

「脱オラクル」の解決策、OracleDBライセンス持ち込みでクラウドデータベース利用料を76...

3.9株式会社スマートスタイル

本セミナーはWebセミナーです

【ご好評につき追加開催】 ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

ライセンスコスト、保守コストが増加し続けているオンプレミスOracleDB

長年、Oracle Database(以下OracleDB)はデータベース市場で世界シェアNo.1を誇っています。 しかし、オンプレミスのOracleDBは年次調整率 4%→8%でライセンスコスト、保守コストが増加し続けており、その結果として企業のITコスト圧迫やイノベーション投資の阻害要因となっている実態があります。 こうした度重なる保守料の値上げに対する不満から、「脱オラクル」を検討する声が高まっています。

「脱オラクル」は頓挫しやすい

しかし、「脱オラクル」には、アプリの改修やデータの移行といった大きなハードルが存在します。 これらの作業は時間とコストがかかるだけでなく、移行中のトラブルや運用上の問題が発生するリスクも伴います。 そのため「脱オラクル」も一筋縄では行かず、コストやスケジュールがマッチせずそのまま維持維持となるケースも多いです。

OracleDBライセンスの持ち込みでクラウドデータベースの利用料を76%削減

本セミナーでは、オンプレミスOracleDBのコスト問題と、脱オラクルの課題を一挙にクリアする方法を解説します。 具体的には、運用・性能に優れ管理工数も大幅に削減できる「Oracle Autonomous Database」へOracleDBライセンス持ち込み(BYOL)で移行することで、利用料の76%削減を可能にする方法と移行支援サービスをご紹介します。 オンプレミスOracleDBの高額なライセンス・保守コストにお悩みの方や、脱オラクルを検討されている方はぜひご参加ください。

プログラム

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 「脱オラクル」の解決策、OracleDBライセンス持ち込みでクラウドデータベース利用料を76%削減 ~年次調整率 8%で増え続けるオンプレミスOracleDBの高額コストへの対処法~

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社スマートスタイル(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

オフィスや学校、病院などの無線LAN運用、通信品質や運用管理の課題をどうすれば解決できるのか...

3.9株式会社テイクオーバル

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

オフィスや学校、病院などでの無線LAN環境の課題

業務効率化やフリーアドレスなどの働き方の多様化に対応するため、オフィスで無線LAN環境を整える企業が増えています。 また文科省主導のGIGAスクール構想の実現と併せて学校での無線LAN環境は必須となり、病院などあらゆる施設で無線LANの敷設が当たり前になってまいりました。 有線LANに比べ、どこの座席でも業務が行える点や、会議室利用時にもシームレスに運用が行えるなど多くのメリットがあります。 しかし、無線LANの環境によっては下記のような課題も発生していまいます。 ・Web会議で接続が不安定になることがある ・座席により速度や回線の安定性にばらつきがある ・よく聞くキーワード「繋がらない」、「遅い」、「切れる」、「運用が分からない/難しい」

運用管理者が抱える負担と運用リスク

また、無線LAN運用においては管理者側でも負担や運用リスクを抱えています。 例えば、以下のような課題を抱えている方も多いのではないでしょうか? ・運用管理を行う専任担当がおらず対応に苦慮している ・セキュリティの担保が行えているか不安 ・故障や不具合が起こった際に復旧まで時間がかかってしまう メリットが大きい分、安定的な運用が行えないと利用者である社員やお客様からの不満も大きくなってしまう傾向があります。

高い接続品質・管理者の負担を減らすソリューション

本ウェビナーでは、こうした利用者側の課題や管理者の負担や運用リスクを解決できるソリューションをご紹介します。 ご紹介する、クラウド管理型WiFiサービス「Val-WiFi」の大きな特長として、以下の点が挙げられます。 ・セキュリティや性能面で高品質な機器を利用できる ・独自のアンテナ技術「BeamFlex」で高い接続品質を実現できる ・運用管理もお任せできる(モデルチェンジや脆弱性・アップデート対応など) こうした点より、速度や回線の安定性を保ちながら管理者の負荷やリスク軽減を実現することが可能です。 オフィスの規模や業種に関わらずご利用いただけるため、日本全国の様々な環境でご利用いただいています。 ウェビナーの中では、「Val-WiFi」の販売パートナーの募集に関する内容もお伝えさせていただきますので、 無線LAN環境に悩む方や、既存の販路を活用しながら新しい商材を取り扱っていきたいとお考えの方にもおすすめの内容です。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 オフィスや学校、病院などのでの無線LAN運用、通信品質や運用管理の課題をどうすれば解決できるのか ~独自技術による高い接続品質・管理者の負担を減らすソリューションのご紹介と販売パートナーの募集~

14:45~15:00 質疑応答

主催

株式会社テイクオーバル(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

Redisでは追いつかない高速化の要求にどう対応すればよいのか? 〜最新インメモリDBで、速...

3.9Aiven Japan 合同会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

データ処理の高速化、今やビジネスの必須条件

近年、ビジネスのデジタル化が急速に進行しており、その中でデータ処理の高速化はビジネスの必須条件となっています。 ウェブサイトやゲーム、アプリケーションのユーザーエクスペリエンス(UX)向上は、直接的にユーザーの満足度やロイヤリティを左右し、SEO対策の観点からもページの読み込み速度は非常に重要な指標となっています。

従来のインメモリデータベースでも限界に直面

データ処理の高速化の手段としては、データをメモリ上に格納し、高速なデータアクセスを実現する技術であるインメモリデータベースが用いられるケースが多く見られます。特にRedisは、その代表的な製品として多くの企業で利用されてきました。 しかし、技術の進化やデータ量の増大に伴い、従来のインメモリデータベースではユーザーの高度化する性能要求に応えられなくなってきました。瞬時のデータアクセスが求められる現代のビジネスシーンで、限界に直面しているのが現実です。

最新のインメモリDB「Dragonfly」を運用の手間なく利用する方法

この限界を打破するための解決策として、最新のインメモリDB「Dragonfly」が注目されています。Dragonflyは、Redisと互換性を持ちつつも、さらなる高速化と柔軟性を実現した、オープンソースのインメモリデータベースです。 その運用や管理には専門知識が必要ですが、運用管理を気にせずに安心してDragonflyを活用できる環境をAivenによって提供することが可能です。 本セミナーでは、Dragonflyの特徴とAivenによる手間なく高性能なインメモリデータベースを運用する方法を詳しく解説します。 性能要求の高まる中、次世代の技術をいち早く取り入れてビジネスを加速させたい方は、ぜひ参加してください。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 Redisでは追いつかない高速化の要求にどう対応すればよいのか?〜最新インメモリDBで、速度とUXを飛躍的に向上させる〜

15:45~16:00 質疑応答

主催

Aiven Japan 合同会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

オンプレファイルサーバのトータルコストをクラウド移行で劇的に削減する方法とは? ~Windo...

3.6株式会社クララオンライン

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

Windows Server 2012のサポート終了に伴い、クラウド移行の検討が進む

2023年10月、Windows Server 2012のサポートが終了しました。 サポート切れのOSを使い続ける場合、 セキュリティや故障時の対応などに重大なリスクを抱えることになるため、早急に移行先を検討することが必要になります。移行先としては複数の選択肢がありますが、利用コストの削減、ハードウェア含めた運用管理の負荷軽減、昨今の柔軟な働き方への対応などの観点からクラウド移行を検討されている企業は多いと思います。

オンプレファイルサーバをクラウドストレージに移行するには?

クラウド移行を検討されるご担当者が増えている中、実際のランニング費用や運用、移行作業やセキュリティリスクなど、様々な不安をお持ちのご担当者様も多いのではないでしょうか?また、何から着手すべきかいいかわからないといったご担当者様もいらっしゃるでしょう。 このセミナーでは、オンプレサーバからクラウドストレージへの移行の進め方、押さえるべきポイントをご紹介します。

クラウド利用によりコストを削減できるのか?

一般的にクラウドストレージは、オンプレミス型のサーバーと比較して、初期費用やランニングコストを削減できる可能性があります。しかし、実際にどの程度コストを削減できるかは、データ容量のほかにデータ転送量などによって異なります。例えばAmazon S3の場合でも、使い方によってはクラウド移行後、コストが高くなってしまうケースもあります。

データ転送量への課金が無い「Wasabi」

本セミナーでは、容量課金のみでデータ転送量への課金が無く、Amazon S3互換のクラウドストレージ、Wasabiをクラウドストレージの一例としてご紹介します。Wasabi Hot Cloud Storage は、ハイパフォーマンスかつ、下り転送料やAPI利用料がかからないため主なハイパースケーラーの1/5の料金で利用可能な、全世界で6万社以上の実績を持つクラウドストレージです。 Windows Server 2012のサポートが終了に伴い、オンプレからの移行にお悩みの方に向けて、Wasabiを利用することによりスムーズかつ低コストにクラウド移行を実現する方法もご紹介します。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 オンプレファイルサーバのトータルコストをクラウド移行で劇的に削減する方法とは?~Windows Server 2012サポート終了~

14:45~15:00 質疑応答

主催

株式会社クララオンライン(プライバシー・ポリシー

共催

Wasabi Technologies Japan合同会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

Amazon Aurora/RDS/Redshiftの限界 〜「MySQL HeatWave...

3.9株式会社スマートスタイル

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

増え続けるデータ・アクセス量、分析の複雑化

ビッグデータの時代、多くの企業がデータアクセス量の増加と分析の複雑化に直面しています。 データアクセス量が増加すると、それに伴いデータベースの負荷も増加。 また、単純な集計から高度な機械学習に至るまで、データ分析のニーズはますます多様化しています。 こうした背景から、データベースの性能とコストが今や企業の競争力を左右する要素となっています。

Amazon Aurora/RDS/Redshiftの性能・コストに課題を感じる方へ

ビッグデータ処理やデータ分析基盤として、初期コストの安さや利用の手軽さから、クラウド型のDBを使っている企業も多いと思われます。 AWSのRDSやAuroraが代表的ですが、上述のようなデータ量増加と分析複雑化の状況に課題を感じておられる方も多いのではないでしょうか。 RDSやAuroraは一定レベルの性能と使いやすさを提供していますが、データ量が増えるとその限界が露呈します。 特に、大量かつ高度なデータ分析を行う場合、処理速度が遅くなる、あるいは高額な料金が発生するといった問題が生じています。

AWSでも実装可能なMySQL HeatWave on AWSで性能・コストの問題を解決

本セミナーでは、「MySQL HeatWave on AWS」によって上記の性能とコストの問題を解決する方法を紹介します。 HeatWaveであればAWS内でそのままMySQLを利用しながら、高性能なデータ分析が可能。しかも、コストも大幅に削減できます。 具体的な導入方法、効果的な使い方、そして実際の導入事例などを詳しく解説します。 Amazon Aurora/RDSの性能やコストに課題を感じている方は、ぜひご参加ください。

プログラム

11:45~12:00 受付

12:00~12:05 オープニング(マジセミ)

12:05~12:45 Amazon Aurora/RDS/Redshiftの限界〜「MySQL HeatWave on AWS」で性能・コスト問題を解決〜

12:45~13:00 質疑応答

主催

株式会社スマートスタイル(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

Amazon Connectは電話業務をどう効率化できるのか? 〜専門知識のないユーザーでも...

3.6東日本電信電話株式会社

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはTeamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

コールセンター・電話業務を取り巻く環境の変化

コールセンターや電話業務を中心としたカスタマーサポートは、顧客との直接の接点となる重要な部門です。 顧客体験の向上や企業のブランドイメージの維持・強化、業績の向上を続けていくために、働き方の多様化やデジタル変革の流れに追従していく必要が生じています。

成長途上の中堅中小企業では、ビジネス拡大に伴う需要増に対応が追いつかない事例が多数

中堅中小企業がビジネスを拡大していく途上では、営業やマーケティング活動にリソースを集中的に投じることが一般的です。これにより、売上拡大や新規顧客の獲得に成功する企業も少なくありません。 しかし、その裏でカスタマーサポートの体制が手薄になっていることが多く、ビジネス規模の拡大に伴いサービスの需要が増えても、十分な対応ができず顧客対応が追いついていない状況が生じています。こうした状況のままだと、顧客満足度の低下やブランドイメージの悪化を引き起こす可能性があります。

Amazon Connectで業務の効率化と顧客満足度の向上を実現

本セミナーでは、Amazon Connectによって業務の効率化や顧客満足度の向上を実現する方法を解説します。 Amazon Connectは、クラウドベースのコンタクトセンターソリューションとして、専門知識がなくても簡単に運用が可能です。 ビジネス成長の中で顧客対応に課題を抱える中堅中小企業の方はぜひご参加ください。

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 Amazon Connectは電話業務をどう効率化できるのか?〜専門知識のないユーザーでも簡単運用、業務の効率化と顧客満足度の向上を実現〜

10:45~11:00 質疑応答

主催

東日本電信電話株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

ハイブリッドワークの問題解決=全インフラのクラウド移行? 〜組織のニーズや課題に対して適切な...

3.5A10ネットワークス株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

ハイブリッドワークの問題解決=全インフラのクラウド移行?

新型コロナウイルスの影響を受け、多くの企業がハイブリッドワークを導入しています。 従業員がオフィスと自宅、外出先でも働く今日、データとアプリケーションへのアクセスはより柔軟で効率的、かつセキュアなものでなければなりません。 これを解決するためには、業務に必要なネットワーク機能をすべてクラウド上で行うソリューションが最適とされることが多くなっています。 しかし、本当にそうでしょうか?

全てをクラウドに移すことが全ての組織で最適ではない

ネットワーク設備を全てクラウドに移すことが、すべての組織において最適ではありません。1つのソリューションにインフラを集約することで目先の効率化を得ることはできますが、長期的に組織の効率性や柔軟性が犠牲となり、競争力を失うことにもつながりかねません。企業や組織はそれぞれ異なっており、自らの強みに合わせたITインフラを整備する必要があります。

例えば、全てのデータとアプリケーションをクラウドサービスに移行することは可能でしょうか?多くの企業は独自のノウハウやデータを競争力の原点としていて、それらを全て外部に出して処理を行うことが最適とは言えない場合もあるかと思います。

ITインフラの柔軟性やセキュリティとコストのバランスを保つためのコントロールは組織の競争力において非常に重要であり、安易にすべてを1つのクラウドソリューションに移行してしまってよいものではありません。

組織のニーズや課題に対して適切な環境を実現するハイブリッドソリューションを解説

本セミナーでは、ハイブリッドワークの時代において、組織のニーズや課題に対して適切なITインフラ環境を実現するためのソリューションについて解説します。 A10ネットワークスが提供するハイブリッドセキュリティソリューションを用いれば、オンプレミスとクラウドを組織のニーズに合わせて適切に組み合わせ、インフラの柔軟性を保ちつつ、セキュリティとコストのバランスを保つためのコントロールを維持することが可能です。 具体的にどのようにオンプレミスとクラウドを最適に組み合わせるか、事例を交えて詳しく説明します。 ネットワークの運用にお悩みの方はぜひご参加ください。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:05 オープニング(マジセミ)

15:05~15:45 ハイブリッドワークの問題解決=全インフラのクラウド移行?〜組織のニーズや課題に対して適切なITインフラ環境を実現するための現実解〜

15:45~16:00 質疑応答

主催

A10ネットワークス株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る