TOP /  インフラ /  ITサービス事業者が抑えておくべきクラウド基盤の選び方とは?(AWSか?プライベートか?)

ITサービス事業者が抑えておくべきクラウド基盤の選び方とは?(AWSか?プライベートか?) | インフラ

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力ください。

ご入力いただきました情報は、お客様がダウンロードされた資料及び視聴された動画に関するイベントの主催・共催・協賛・講演企業に提供させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。
また今後他の資料をダウンロードされた場合や、動画を視聴された場合も同様とします。

会 社 名
お 名 前
メールアドレス


イベント内容


加速するDX、ますます重要になるクラウドサービス(SaaS)

withコロナ時代において、企業のDXへの取り組みは加速しています。
また、DXを実現するツールとしてのクラウドサービス(SaaS)の役割はますます大きなものになっています。

コスト(固定費)の削減

しかし、大幅な景気減速の中、ITサービス事業者もコスト削減を考えなければなりません。
例えばSaaSを支えるクラウド基盤の費用は、固定費として大きな割合を占めており、この見直しは重要です。

では、クラウド基盤の選定はどのように行えばよいのでしょうか?

AWSなどのパブリッククラウドか?プライベートクラウドか?

近年、AWSなどパブリッククラウドの人気が高まっていますが、直近では逆にプライベートが見なおされているというトレンドもあります。
ITサービス事業者は、パブリッククラウドとプライベートクラウドのメリット/デメリットをどのように考え、選択するべきでしょうか?

そのシステム(SaaS)は、どのようなフェーズなのか?

ITサービス事業者が提供するサービスが、どのフェーズなのかによっても選定基準は変わります。
ローンチしたばかりで試行錯誤しているフェーズなのか?
利用者がどんどん増加している成長フェーズなのか?
利用者数や機能もある程度安定しているフェーズなのか?
サービスのフェーズに合わせたクラウド基盤を選ぶ必要があります。

ITサービス事業者が、クラウド基盤を選定するポイントを解説

本Webセミナーでは、withコロナ時代において、ITサービス事業者がクラウド基盤を選定するポイントを解説します。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:40 ITサービス事業者が抑えておくべきクラウド基盤の選び方とは?

(プレゼン内容)
・クラウドの種類
・パブリックとプライベート
・オンプレミスとホステッド
・フェーズによる使い分け
・クラウドベンダー選定のポイント
・GMOクラウドのサービス方針

13:40~14:00 質疑応答

主催

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社(旧:GMOクラウド株式会社)

過去開催のセミナー

2020
07/14(火)
16:00 〜 17:00
2020
04/21(火)
15:00 〜 16:30
他のカテゴリから探す
関連するセミナーの講演資料
完全に遮断できないランサムウェア感染、水際対策だけでは防ぎきれない理由 ~攻撃者の暗号化からデータを守る最後の砦、バックアップ・リストア環境の高度化~ NASからオンラインストレージ移行時に押さえておきたいポイント 個人情報・機密情報は、クラウドではなくオンプレで管理 ~ペーパーレスで役立つ「Alfresco」のご紹介~ Webセミナーからは商談は獲得できないのか? ~年間300回以上のWebセミナーを開催したマジセミ代表 寺田雄一が解説~ 【最低5〜10万/人月!?】"ポスト・ベトナム"の最有力候補「バングラデシュ」のオフショア開発はどうなのか? ~バングラデシュの利点と、コスト、品質、技術力について解説~ DXを推進するための次世代デジタルインフラとは?(エッジインフラ、OPEXモデル、高速データ処理) 〜Dynatrace主催 2021年 IDC国内IT10大予測セミナー Vol.2〜 SIer/SaaS新規事業責任者向け、マーケティング&セールスの基礎理解 ~リード獲得から契約までに必要なアクションの可視化と有効な施策について Microsoft365やWeb会議の「遅い」「止まる」をどう解消すればいいのか? NASからオンラインストレージ移行時に押さえておきたいポイント Japan IT Week 2021 春 マジセミ出展ブース 動画・資料公開