07月16日開催のウェビナー動画・資料公開ページ
「うちのデータは大丈夫なのか?」クラウドのデータセンター火災や全面障害などが頻発する現状を考える ~安心・確実なデータ保護が可能なバックアップ環境を“簡単”導入する方法とは?~

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
所属部署
役職
電話番号
メールアドレス

イベント内容

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認ください。

DX推進で急増する、「セキュリティ事故」「データ消失」などの重大トラブル

多くの企業・組織がデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する中、従来のオンプレミス環境に加えてクラウドサービスを活用したシステム基盤を構築、運用する動きが加速しています。

その一方で、マルウェア、ランサムウェアなどのサイバー攻撃によるセキュリティリスクも高まっています。また、2021年には欧州最大級のデータセンターで火災が発生し、数多くのWebサイトやサービスが停止し、データが消失する事故も起きています。そのため、データ保護・管理、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)の重要性が増しています。

「とりあえず保管すればいい」はNG より高まる、バックアップ環境の重要性

企業規模を問わず、取り扱うデータ量は増大傾向にあります。それら重要なデータを守るためには、データのバックアップが欠かせません。

しかし、ローカル環境のスナップショットといった簡易なバックアップ環境だけでは、その安全性を不安視する声も多く聞こえます。そのため、自社内部だけでなく、本社から離れたクラウドや遠隔拠点などのDR環境の構築を検討する企業も増えています。

バックアップ運用への漠然とした不安

バックアップ運用においては、「導入の手間やコストをかけたり、面倒な運用管理にはしたくない」「安全性、事業継続性の確保に疑問」「トラブル発生時、本当に復旧可能なの?」という漠然とした不安を抱えている企業は少なくありません。

「安心・確実なバックアップ」をより簡単に実現する方法をユースケースごとに紹介

本セミナーでは、バックアップ運用に対する不安を解消する最適解として、安心・確実にバックアップ環境をより簡単に構築・運用できる方法をご紹介いたします。

また、既存環境にもサーバ移行などの手間なく気軽に導入でき、円滑な連携で運用負荷やコストを抑えられるバックアップツールの組み合わせをユースケースごとに詳しく解説していきます。バックアップ環境に課題や不安を抱えている方は、ぜひご参加ください。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:35 DX時代に信頼できるクラウドとは?~GMOが提案するITインフラ x バックアップ~ (GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社)

13:35~14:05 災害、サイバーリスクから企業データを守る! Acronisで実現するデータプロテクション(アクロニス・ジャパン株式会社)

14:05~14:25 Pleskで実現できる、簡単・便利なサーバ運用とバックアップ (プレスク株式会社)

14:25~14:30 質疑応答

主催

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
プライバシーポリシー(個人情報保護法に基づく公表事項)
https://www.gmogshd.com/privacy/

共催

アクロニス・ジャパン株式会社
プライバシーシールドポリシー
https://www.acronis.com/ja-jp/company/privacy-shield/

協力

プレスク株式会社